ニュース 子供向けサイト

...

未来の監督かんとくを目指せ! 『第18回 DigiCon6 ASIA Awards from Marunouchi[デジコン6 アジア アワード フローム マルノウチ]』をリポート!

2016年11月30日(水)

写真


アジア最大規模さいだいきぼ映像えいぞうコンテスト「DigiCon6 ASIA」が開催かいさい

写真

「DigiCon6 ASIA」は、TBS[ティービーエス]主催しゅさいするアジア最大規模の映像コンテスト。18回目となる今年は、ベトナムが初参加。日本をふくめたアジア11の国と地域ちいき(日本、中国、台湾たいわん、インド、 香港ほんこん韓国かんこく、マレーシア、シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム)からクリエーターが参加し、 それぞれの国と地域で選ばれた優秀ゆうしゅうな作品の中から、10個の作品にASIAの代表としての賞があたえられたんだ!



DigiCon6 ASIA 最優秀グランプリは、姫田真武ひめだまなぶさん作「ようこそぼくです4〜ようこそぼくですってなんですか?〜」 に!

写真

■最優秀グランプリ(DigiCon6 ASIA Gold Grand Prize)

この作品は、主人公「ぼく」が軽やかな音楽に合わせて様々に変化する10分50秒の不思議なアニメーション。「歌のおにいさんにあこがれていたけれど、実際になるのはむずかしかった。作品の中なら(歌のおにいさんに)なれると思った」「まさか自分の作品が選ばれるとは思わなかったので、ラッキー!」と受賞におどろいた様子。

DigiCon6 ASIA 審査員しんさいん特別賞は、インドのVinnie Ann Bose[ビニー・アン・ボーズ]さんの「What Is Your Brown Number?[ファット イズ ヨア ブラウン ナンバー?]」!

写真

審査員特別賞(DigiCon6 ASIA Gold - Special Jury)
「What Is Your Brown Number?」/ Vinnie Ann Bose(インド)

写真

この作品は、はだの色に関するいろいろな問題について考えるきっかけを、ユーモアをまじえた皮肉としてアニメーションで表現しているんだね。






日本の優秀作品の中からも、おすすめを紹介しょうかいするよ!

JAPAN ひかりTV賞 (DigiCon6 JAPAN)

太田杏奈おおた あんな Initial Enthusiasm[イニシャル エンスージアム]
まずは、太田杏奈さん「Initial Enthusiasm」。タイトルは「はじめのころの熱意」といったような意味になるよ。つらいことがあったら、はじめたころの気持ちを思い出せば、きっとつらいことも乗りえられる!

JAPAN Dizzy Award (DigiCon6 JAPAN)

発明家ドンちゃん / スタジオ四次元ボーヤ
発明家のドンちゃんとその仲間たちが活躍かつやくする、ほのぼのとした作品。この作品は、ひとつひとつのパーツを少しずつ動かしながら写真をって、それをつなぎ合わせてアニメーションにしているんだよ。いったい何枚なんまいの写真を撮ったんだろう!


最後に18さい以下のわかいクリエーターのエネルギーあふれる作品を紹介!

JAPAN Youth New Hope by AMD & HP賞 (DigiCon6 JAPAN)

夢中浮遊むちゅうふゆう 伊藤彩希いとう さき みんな、一度は空を歩いてみたいと思わない? 実際には空を歩くことは出来ないけれど、アニメーションの中なら何だって出来るよね! この作品には、そんな夢がたっぷりつまっているんだ。

JAPAN Youth ベストハート賞 (DigiCon6 JAPAN)

かくれんぼ / 遠藤匠えんどう たくみ 高校生のグループが、夏休みに自主制作したんだって。むねキュンのミュージックビデオになっているよ。




最後にプレゼントのお知らせ。第17回と18回の作品がつまった、DigiCon6 ASIA DVDを5名様にプレゼントしちゃうよ! どんどん応募おうぼしてね!

写真

*当選者の発表はプレゼントの発送をもって代えさせて頂きます。
*お送り頂いた個人情報はプレゼント発送以外の目的には使用しません。
*抽選、発送に関する一切の質問はお受けできません。

番組サイトはコチラ!

DigiCon6 ASIA

公式サイト
...
...
...

バックナンバー

...
...
...