初回2時間スペシャル 4月22日火曜よる9時スタート

今週のパスタ

このコーナーでは、ドラマの最後で綾が手順を教えてくれている「今週のパスタ」の詳しいレシピを紹介します。 旬の食材を使った、目にもおいしいレシピばかり!!みなさまも是非一度お試しあれ!!

ここでは、今週のパスタ各メニューの調理行程でわからないことや、うまくいかないことがあったとき… 監修していただいているフードコーディネーターの上樂さんに教えていただくコーナーです! ※シーズン2の今週のパスタレシピのみ、質問を受け付けます。 ※すべてのお悩みにお答えすることは出来ません。ご了承ください。

質問の受付は終了しました

第9回 ペスト・ジェノヴェーゼのリングイネ 2人分

写真

材料

ペスト・ジェノベーゼ
 <作りやすい分量>
 バジルの葉
 松の実(ローストする)
 オリーブオイル
 にんにく(すりおろす)
 自然塩
大さじ4

100グラム
30グラム
200cc
2個(好みで加減する)
小さじ2
パルミジャーノチーズ 20グラム
自然塩 適量
茹で汁 50cc前後
じゃがいも
(皮を剥いて2センチ角に切る)
1個(約150グラム)
いんげん(2センチに切る) 60グラム
リングイネ 160グラム

作り方

1

ジューサーにオリーブオイル、にんにく、松の実、塩を入れてジューサーを回して、ペースト状になったらバジルの葉も加えてペースト状になるまで回す。(途中何度も箸等でバジルの葉をオイルに沈めながらジューサーを回す。)

(イメージ)

2

パスタ鍋に麺を入れたら、麺の茹で上がりから逆算して3〜4分前にじゃがいもといんげんも同じ鍋で麺と一緒に茹でる。

(イメージ)

3

麺と具材が茹で上がったら、ボールに入れて茹で汁とペスト・ジェノベーゼ、パルミジャーノチーズを加えて手早く丁寧に良く混ぜ、塩味を整える。
(麺がパサつく時は茹で汁を少々加えて調整する。)

(イメージ)

4

皿に盛りつけて、パルミジャーノチーズ(分量外)をすりおろしたら出来上がり。

(イメージ)

※パスタ鍋に入れる塩の量や種類によって塩分に開きがあるので塩加減は調整して下さい。
※ペスト・ジェノベーゼは冷蔵庫で保存すれば1週間、冷凍庫なら1ヶ月以上は日持ちします。空気に触れると黒く変色するので容器に入れたらオリーブオイルを上に回しかけてから保存します。パンに塗ったり、ドレッシングに混ぜたり、肉や魚のソースにしたりとパスタ以外のソースとしても幅広く使えます。

ポイント

茹で上がった麺とペーストを和える時チーズが固まりやすいので手早く混ぜましょう。また、ペストを作る時バジルの葉が回りにくい時は箸やゴムベラ等でオイルに沈めてからジューサーを回転するという作業を何度か繰り返すと良いです。

イメージ
上樂由美子 (じょうらくゆみこ)

プロフィール
神奈川県在住の38才。フードコーディネーター。

広告、雑誌、書籍、CM,ドラマなどで
レシピ提案、スタイリング、企業のメニュー開発等を手掛ける。

逗子にある映画館カフェ『CINEMA AMIGO』のフードクリエイターチーム『AMIGO KITCHEN』のメンバーとしても活動中。
映画のテーマに合わせた食事なども作る傍ら、店舗のメニュー開発、ケータリング、料理教室などにも携わる。

シンプルな調理法で旬の素材を生かした家庭料理を得意とする。得意な料理は幅が広く、和洋中だけでなくロシア、エスニック、アラブ料理などの料理もつくり、日本では少し新しい食材の組み合わせや、ハーブやスパイスを上手に使ったレシピにも定評がある。
趣味は日本と世界の食文化、郷土料理を調べて作って食べる事。

(予告動画)