あらすじ

パナソニック ドラマシアター『東野圭吾ミステリー 浪花少年探偵団』(東野圭吾 原作)毎週月曜よる8時〜放送

メニュー

スペシャルコンテンツ

Twitter・Facebook

アーカイブ

第11話

9月10日放送


事件について


若い女性の他殺死体が発見された。
凶器と所持品が見当たらず手がかりが乏しい中、新藤修平(小池徹平)漆崎進(段田安則)は、被害者が電子部品会社の社員、宮本清子(菊池友里恵)だと突き止めた。清子は性格がよく働き者で、人に恨まれるようなこともない。
捜査は難航する。

そのころ大路小学校では卒業式が近づいていた。竹内しのぶ(多部未華子)のクラスでも原田郁夫(前田航基)たちは式の練習を繰り返している。
東京へ転校することになった田中鉄平(濱田龍臣)はクラスの美少女、朝倉奈々(浜辺美波)に好きだと告白され舞い上がる。
そんな折、奈々の母親・町子(笛木優子)がマンション3階のベランダから墜落した。幸い軽症で済んだが、事故前後の町子の記憶があいまいで、事故の真相はよく分からなかった。

捜査を進めるうちに、殺された清子が退社を考えていたことと、町子の墜落したマンションに清子の会社のエリート社員が住んでいることが分かった。
二つの事実がつながっているとひらめいたしのぶは、町子が誰かに落とされたのではないかと推理を巡らせ…。

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.