あらすじ

パナソニック ドラマシアター『東野圭吾ミステリー 浪花少年探偵団』(東野圭吾 原作)毎週月曜よる8時〜放送

メニュー

スペシャルコンテンツ

Twitter・Facebook

アーカイブ

第4話

7月23日放送


事件について


球技大会の開催が近づき、竹内しのぶ(多部未華子)のクラスの生徒たちは、ソフトボールの練習に励んでいた。
そんなある日、しのぶは西丸商店の会長・西丸仙兵衛(蟹江敬三)にご馳走すると誘われ、原田郁夫(前田航基)田中鉄平(濱田龍臣)畑中弘(高橋晃)とともに仙兵衛宅を訪れる。
仙兵衛がしのぶに「自分の会社の正社員になってほしい」と話を切り出した、その直後!大きな悲鳴と物音が聞こえ、しのぶたちが駆けつけると、西丸商店の社員・米岡伸治(牧村泉三郎)が倒れていた。

その日、商店は休日だったが、真面目な米岡はひとりで仕事をしていたらしい。仙兵衛は米岡が自殺をしたようだと嘆くが、不審な点もあり新藤修平(小池徹平)漆崎進(段田安則)が捜査に乗り出した。米岡は病院へ運ばれるも、残念なことに息を引き取ってしまう。
米岡が飛び降りをはかったとみられる事務所内は密室で、転落したらしき窓のブラインドとそれを支える金具が壊れていた。事件に興味津々のしのぶは、新藤と漆崎に「米岡は殺されたのではないか」と自説を披露する。


ところで、仙兵衛から息子で社長の昭一(梶原善)の秘書になって欲しいと、あらためて食事に誘った理由を打ち明けられ、しのぶは驚く。しのぶは社内の様子をながめ、強引な昭一を社員たちが恐れていることを見抜いた。さらにしのぶは仙兵衛を知る本間義彦(山本耕史)から、仙兵衛の人柄について聞く。
殺人事件か? 自殺か? それとも事故か?
しのぶは推理を働かせるが…!?

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.