2015年1月期連続ドラマ毎週火曜よる10時

あらすじ

第10話「哀しみの涙、瞳に宿るは希望」

朱里 (堀北真希) は、これまでの 大江 (眞島秀和) の言動の数々を思い返しながら、彼が誰よりも強烈に 「 生きたい!死にたくない !! 」 と願っていたことを知る。

その頃、帝都大学新がんセンターでは、仲野幸助 (宅麻伸) による大江の手術が行われていた。ところが、いざ開胸すると予想以上にがんの転移は進んでいた。幸助は抗がん剤と放射線治療を提案するが、大江はそれを拒否。そして、東王病院に帰りたいと言い放つ。
ところが、プライドを激しく傷付けられた 佐藤 (石黒賢) は、幸助と大江の申し入れを拒否する。

一方、東王病院のナースステーションでは、看護師たちが大江にとって最良の治療法がいったい何なのかと真剣に意見を交わしていた。それを見た 恵 (水野美紀) は、朱里と菜々 (志田未来)心 (木村多江) を連れ医師たちがカンファレンスを行っている場所へと向かい、朱里に思いのたけを述べさせることに。朱里は佐藤や医師たちに東王病院の究極のホスピタリティーの真価を問う。
東王病院は、究極のホスピタリティーを大江に与えることができるのか?


↑このページの一番上へ