ファンメッセージ

ファンメッセージへの投稿は終了させていただきました。
たくさんの投稿ありがとうございました。
なお、番組サイトおよびファンメッセージの閲覧は継続して可能です。

Page No

#7 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | *93* | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128

悟り

第9話、覚悟はしてたけど、画面を凝視し身動きできない時間でした。 改良する薬に取り組んでるとはいえ 襲いくる不安は変わらない中、咲人は過去の映像の自分を見ながら、笑うことがその人に幸福感をもたらすことを見い出した。 以前の咲人にパパが繰り返し教えてくれてたこと。 パパは聖人のような精神を持ち、廃人同様な竹部を救ってくれた。父親は根から優しい人だったのだろうが 知的障がいの咲人を育てる事で、より一層みずからも精神を高めていったのかもしれない。やっと竹部と咲人親子との関係性が分かり納得できた。 アルジャーノンの亡骸を持ち出し、逃げている小久保に共感し黙って見逃した咲人。 咲人は改良薬を研究している時点でもう望みがないことを悟っていたのだろうか。  薬のおかげで愛する人を得て、柳川とも対等な親友になれた。 素晴らしい夢の薬は咲人に一時的に幸せをもたらしてくれたが、人間が踏み入ってはならない禁断の域を操作してしまった現実を知ってしまった。 梨央を助ける方を選択する意思を示すかのように遥香に投げかける言葉は遥香を傷つけているかもしれないけど、元に戻った自分を今のように愛してくれるかという不安、それとも亡くなったアルジャーノンと同じ運命を自分が辿ることも大きい現実に、彼女の悲しみを少しでも和らげるようにわざと彼女を遠ざけようとしたのだろうか。 自分で新しい薬を注入し、幻想的な深い森の中で小久保と共にアルジャーノンを埋葬した咲人には不安や恐怖も昇華され、現実と向き合い、最善な選択をしたのだろうと思った。 咲人はすべてを悟ったんですね。 それにしてもなんて作り込まれたストーリーと演出。 これから始まる悲しい未来に覚悟を決め淡々と立ち向かう咲人が美しすぎて、より一層胸を締め付けられました。 なんという凄いドラマなんだろう。 そしてこの回は感動という言葉では表せないほどに心をぶち抜かれました。

桜もち女性 2015.6.7 (Sun) 16:44

今回観て感じたこと

「アルジャーノンに花束を」の今回の話、観ていて泣いた。アルジャーノンを唯一の友だちだったんだよと泣いて語る、マウスを大事にしていた研究者と、自分の行く末を悟りつつ、達観した命への思いを語る咲人の語らい、埋葬の場面。自然の中で静かな場所にアルジャーノンを埋める情景が印象的だった。 アルジャーノンの解剖を防ぐために、仕事よりもネズミの生命の尊厳を守った、あの研究者の逃亡は、心のナイーブなところをつつく。アルジャーノンの存在を尊重する愛着ゆえの反発、涙。アルジャーノンの死を尊ぶそのシーンは、原作の結末に通じていて、奥深い感情を喚起させる。悲しみに似たその感情。 それぞれの登場人物が抱える深い感情。言葉にしては語られていないけれど、演技から伝わる人間の深淵な思いが溢れていて、言葉にならないエモーショナルをたくさん感じさせるドラマ。 登場人物の抱える思いはみな複雑で、それらを想像させる、魅せる演技と演出。清らかで、苦味があって、人間の苦悩が明るい光の中で描かれているような、そういう映像作品だった。音楽も調和している。

ひよどり (25)女性 2015.6.7 (Sun) 16:08

吉田健監督お疲れ様でした。

吉田監督のインタビュー読ませていただきました。とても読みごたえがありました。どんなにか考えて、どんなにか心を込めて作って下さった作品であることが伝わってきました。本当に『アルジャーノンに花束を×野島伸司×山下智久』を実現して下さって有難うございました。最終回、私も心して観させていただきます。そして、「それぞれの人間にそれぞれの価値があるということ。」覚えておきます。

たかこ女性 2015.6.7 (Sun) 15:58

盲目的な愛

世界で一番好きな女の子と咲ちゃんが言うのならと遥香との恋愛をモヤモヤしながらが見守ってきました。蜂須賀先生の為に私にも候補者がいると咲人を紹介した顔や、柳川君たちに友達などひとりもいないと言い放った顔も、退行していく事実を受け入れない事も←咲ちゃんを受け入れてない感じが(>_<)なんか母性を感じさせる女性とは思えず女を感じてモヤモヤしてたんです。君には盲目的なところがある。そう咲人さんが言ってくれてスッキリしました。私が感じてた違和感を咲人さんが指摘してくれて、ストンと納得できました。遥香のそんなところも理解してもなお愛しているんですよね。最終回、どんな終わりがあるんでしょう。楽しみだけど寂しいです。

いけちゃん (48)女性 2015.6.7 (Sun) 15:52

P山さんへ

9話、何度も見ました!!!
一番 悲しいと言うか苦しいと言うか…見ているのが辛い回でした。
残された時間をどう使うか、
人のために何が出来るのか、
でも 残酷で悲しすぎる…
正直、命に変えてまでするの?自分も大切にしてと思いながら見てました。

咲ちゃんの優しさや笑顔は、パパからもらったものだと思います。真面目にひたむきに 勉強して仕事もして頑張って来た咲ちゃんから 幸せを奪わないでという気持ちでいっぱいです。。。
毎週 来週が待ち遠しかったけど、
最終回を見るのが ちょっと怖いです。。。

Pさや女性 2015.6.7 (Sun) 15:38

白鳥咲人

先日娘が来たときにダビングしたからと渡されたのが「このドラマとっても良いから見て!、ううん!見ないとこの先短い人生でも損するよ!」と、『アルジャーノンに花束を』でした。
まだ4話までしか見てませんが、今まで見てなかった事を後悔しました。
近頃のドラマは付いていけなくてバラエティー、ニュース以外はテレビを見てなくて。

このドラマの主人公を演じてる人の演技、特に目の表情から問いかけてくるものは高齢の婆バにも伝わって来ます。
それともう一つ、主人公の声は人を癒す声質ですね。柔らかくて優しくて人の心にスーっと入って来ます。
娘がいつも誉めたたえてる事が理解出来ました。
12日が最終回と聞きました、それまでに頑張って9話まで見て12日は10時にテレビの前で見るつもりです。
10話で終わってしまうせいか少し急ぎ足に進んでる内容がちょっと残念と4話まで見た感想です。

みえこ (88)女性 2015.6.7 (Sun) 15:38

山Pの気迫

こんなにコマーシャルで息をつくような緊張感のあるドラマは初めて。9話は山Pの気迫すら感じるような、美しくも切ない回でした。咲人が山Pでよかった。山Pじゃなきゃダメだった。30歳になった彼だから演じられた、切なくて優しい咲人。リアルタイムで観ることが出来て本当によかった。私達の中にも、優しさのたね、撒かれました。周りの人にも広がって、悲しい犯罪や戦争とか無くなればいいな…と心から思います。心に残るドラマをありがとうございました。

ゆくぽんち (46)女性 2015.6.7 (Sun) 15:36

咲人、君は幸せにならないとダメだよ。

覚悟してましたが、最終回の予告のショックでなかなかメッセージを書くチカラもなく、、最終回にちゃんと直視できるのか、、自信ありません。旦那も、俺もう辛くて見るのイヤだ、、と二〜三話前から、言いつつ一緒に見てますが、、咲人のあんな哀しい涙見たくなかったな、、震える手で書く手紙、キツイ、キツすぎます。あんな咲人見るの辛いよ、、、でもパパが一緒にいてくれて、良かった。ママに抱きしめらていて良かった。
それだけが救いです。生半可な気持ちで最終回は見れない。まだ金曜日まで時間あるから、私も咲人のように覚悟決めなくちゃね。。。

battykayo (50)女性 2015.6.7 (Sun) 15:21

人生を変える程のドラマです。

毎週毎週、見終わるたびに凄い!凄すぎる!という感想です。ちょっと他の番組などが見られなくなる程のクオリティの高さです。山下君はじめ、全ての役者さんが皆それぞれに素敵で素晴らしいです。内容、画面の美しさ、音楽など上質すぎます。ぜひ、DVDやフォトブックの発売をお願いします。来週最終回。とても寂しいですが、このドラマのおかげで、心が少し綺麗になった様な気がします。咲人の様に自分を犠牲にすることはとてもできないけれど、咲ちゃんのようにいつも笑って、人にやさしくあろうと思います。

Yumi (45)女性 2015.6.7 (Sun) 14:56

咲人の心の成長

竹部社長の過去が明らかになり、咲ちゃんパパから竹部さんへの「優しさの種」のリレーにとても感動しました。 そして、咲人の父譲りの「優しさの種」も、きっと柳川君や檜山君、梨央、舞ちゃん、小久保君、蜂須加先生、その他咲人に関わった人達、もちろん遥香とママにも、根付く(すでに根付いている)と思います。 五話以降、ALGの投薬後の咲人の「心の成長」が山下君の繊細な演技から、手にとるように伝わってきて、その紆余曲折も第九話では、もはや宇宙規模・神の領域での悟りを得るまでに至りました(咲ちゃんと咲人の融合)。 咲人に自分を重ねての「心の旅」は、悲しくて、切なくて、儚くて、幾度か、途中下車したい思いにもかられましたし、今後はさらに辛そうですが、終着駅まで、しっかりとついていきたいです。 咲人に、梨央に、新たな「奇跡」が起こることを、ただひたすら祈るのみです。
ひっそりと息を引き取ったアルジャーノンには、心の花束を手向けさせてください。

千葉っ子女性 2015.6.7 (Sun) 14:55
  • 新しい投稿へ
  • 過去の投稿へ

Page No

#71 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | *93* | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128

PAGE TOP