ファンメッセージ

ファンメッセージへの投稿は終了させていただきました。
たくさんの投稿ありがとうございました。
なお、番組サイトおよびファンメッセージの閲覧は継続して可能です。

Page No

#7 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | *72* | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128

涙…

山下さんの涙は本当に綺麗ですね。この9話を通してその美しい涙に何度泣かされた事か…ダイジェストを見ながらまたまた涙です!最終話はきっと更に泣かされちゃうんだろうと思います。でも、しっかり見なくちゃと、きちんと受け取らなくちゃと思ってます。山下さん、皆さん有り難う!

1ファン 2015.6.12 (Fri) 15:13

ファンメッセージに込められた愛☆

平成27年6月12日(金曜日)
『アルジャーノンに花束を』第10話
ドラマが初まる前から〜何度も、こちらに訪ずれて、感情移入しては涙を流していました。
咲ちゃんと一緒に〜きっとみなさんも、一生分のいろんな想いの涙を流されたことでしょう〜
年齢・性別関係なく〜今夜の最終回も、アルジャーノンファンとして、みんなで大泣きしましょう〜!!
最後の約束です!!!

アルジャーノン&咲ちゃんは宝物☆女性 2015.6.12 (Fri) 15:02

何度も見たくなる

こんなに何度も見返すドラマは久しぶり。
咲人のすばらしさに感動しています。
こんな感情になれる演技をされる山下智久さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。

みわ (29)女性 2015.6.12 (Fri) 14:55

いよいよ今夜

最終回ですね。出演者のみなさんそしてすべてのスタッフのみなさん素敵なドラマを届けてくれてありがとうございます。さみしですけど今夜の最終回こころしてリアルタイムで見たいとおもいます。

しい女性 2015.6.12 (Fri) 13:42

寂しい!

とうとう最終回ですね。今日スポーツクラブに行ったら、お友達が今日で最後は寂しいなって、いきなり言われました。先週の放送は最初からタオルを持って泣きっぱなして、うれしい言葉でした。山下くんのファンではないけど、きれいだしずっと見てたらしいです。
ちゃんと伝わる人には心に届いていますよ。
それが言いたくてメッセージを送りました。

もも (40)女性 2015.6.12 (Fri) 13:41

第9話から最終回へ☆2

ほとんど面識のない同郷の後輩が病に苦しんでいるからという理由だけで、まさか命を落とすことまでは結果論で想定外だったとしても、自らの内臓を差し出そうというほどの包容力は、どんなに思いがけないどうしようもなさだったことか。

そんな経験をしてきたママは、同じように尊すぎる行いを選んだ恋人に苦しむ遥香さんの気持ちが痛いくらいわかって、長い苦しみをはじめて分かち合えたからこそ微笑んだのではないでしょうか。

きっと、ばかなことはやめて。とパパを止めた。でもそれは同時に、とても尊い行いを否定することでもあって。ばかなことだけれど、それは尊い。だから、それを責めた自分のことが許せなくて、咲人くんのことも含めて壊れてしまってもおかしくない。それをずっと見てきた花蓮ちゃんの苦しみも切ない。

そして咲人くんの場合、尊すぎる行いを選ぶことは命を縮めるだけでなく、知能の後退も意味します。それは遥香さんとの関係に関わること。

命を縮めることだけは、どうしても阻止したい気持ちは理解できますが、知能が後退することは受け止めてほしい。

最後のナレーションと、予告のナレーションが何を意味するのか、はかりかねています。それは遥香さんのためなのか咲人くんのためなのか。ここでも、対等とは何かを改めて考えさせられます。

対等になって、言葉がなくてもわかりあえるようになった男同士の友情。

対等じゃなくても、本物がいたから争いが緩和されていたかつてのドリームフラワーサービス。

本物の愛を思い出した咲人くんに微笑みかけてくれたパパ。

すべてがつながっていて、すべてが深くて、気がつくといつまでも物語のことを考えています。

どんな結末を迎えるのか、今夜の放送も目が離せません。

swan☆rose 2015.6.12 (Fri) 13:21

第9話から最終回へ☆1

第9話、愛でした。

長い時間をかけて辛抱強く何度もくりかえし、あいきょでしょ。を咲人くんに教え、自らも誰かのために迷わず惜しみなく与えることを選ぶようなひとだったパパ。

同じように長い時間をかけて辛抱強く何度もくりかえし平仮名を教え、被験動物に対する以上の愛情を最期までアルジャーノンに注いでいた小久保くん。

研究所の無機質さにはそぐわない高価なクッキーの箱に大切に収めた優しい思いに気づいた咲人くんが、すでに埋めてあげることを想定し、たむけてあげるための花の種を用意していたこと。

少しでも時間を稼ぐために安全性が確認されていない薬を自ら投与したとき、アルジャーノンを連れて現れた小久保くんに向けた表情に胸が締め付けられました。

考えて考えて考えて、かつての自分が持っていた笑顔の意味を見出したときの神秘的な微笑みにも。

人の手に操作されて生まれた苦しみは何のためだっのか。夢のような現実を積み重ねていくことが出来ないなら、限られた時間の中で、誰かのために自分にしか出来ないことを成し遂げ、せめてその意味を残していきたい。

それは自分につながる被験体だったアルジャーノンにも意味をもたらすから。そして遺伝子操作された植物の種にも意味を。花を。

超知能を持ったふたつの生命体の奇跡が、どちらも深く果てしない愛に支えられていたことに感動しながら、愛が苦しみにもなることを切なく思いました。

誰かを愛するということは、思いがけない素敵さだけでなく、思いがけないどうしようもなさもついてくるものなのではないかとおもいます。その覚悟ができるかどうか。

ほとんど

swan☆rose 2015.6.12 (Fri) 13:20

深い・・・深過ぎるこのドラマ・・・

リアタイで観た感想は、
うう、やはりか! え、ええっ!(また予想の斜め上な遥香への言葉)
展開早過ぎる!けど、確かに、その行間はもう読めるでしょって言うかの削ぎ落とし方に、ある意味感心。
杉野は梨央のことばかり言ってると思ってたけど、最初から河口社長に取り入る為だったのか。残念。(ラット発言も納得)

9話のキーワード種。
竹部社長の心に優しさの種を蒔いていた久人。
友達に同じ種を蒔くだろう咲人。
科学文明の象徴のセンターとは対極的な深い森にアルジャーノンと遺伝子操作で出来た植物の種を埋葬した咲人。
光を浴びる咲人の美しさは、もう何でしょう!
鋭い狂気が咲人の掌で粒子に変わる。
その粒は世界に広がる優しさの種でしょうか。
高次の叡智と繋がった咲人。全ては繋がっている、と。
(ちょっと映画アバターを思い出しました。)
美しいだけでなく、魂の深いところにドラマから何かが届くような一連のシーンでした。
「私」も「僕」も救われる・・・
「アルジャーノン、対等の友達」

小久保くん(の人も)グッドジョブ。
君はアルジャーノンのパパだったのね。
遥香も小久保君も研究者としてはどうよ?だし、
竹部社長の話も現実味で突っ込みたいけど、演技の力技でねじ伏せられました。
全てドラマとして必然なのでした。
どのシーンも心に残っている、ひとつも無駄が無い(全てが繋がる)このドラマ。ああ、1話から録っておくんだった。

思った以上に何の躊躇もなく梨央を救う方を選んだ咲人。
幻覚がパパであった意味・・・
(咲人の人格の根っこにいるイッセイパパの姿が・・・泣ける)
魂(生き様)のリレーと生命のリレー。
もしかして、イノチのリレー、咲人の種・・・ありえる?かな(希望)
普通の女だった遥香も嫌いじゃない(寧ろ、だから感情移入できる。「哀しい愛」と言われて私もショックでした)し、遥香の盲目的な愛は母性が似合う。

あいきょでしょ (54)女性 2015.6.12 (Fri) 12:52

それぞれの思い

今日はいよいよ最終回、ですね。始まりがあれば必ず終わりが来る、、と分かっていながらもすごく寂しくなってます。
第9話、本当に沢山の場面でいろんなセリフが心に沁みて沁みて…。みんなそれぞれの思いを抱えてみんな生きていて、苦悩・悲しみも千差万別で。それでも生きている。生きているからこそ挑戦し、希望を捨てずに明日をみて、前進していく。第9話の咲人や柳川くんや檜山くんや社長…沢山の人物をみているとそんな事を感じていました。
そして咲人は温かい真心・優しさを失なってはいなかったんですね。お利口になったのは、みんなを幸せにしたい、笑顔にしたいって思いを忘れてはいなかった。やっぱり根っこには“あいきょでしょ”があったんだなぁって。

最終回、必ずみます(^^)
22時が待ち遠しい♪

こんちゃん (41)女性 2015.6.12 (Fri) 12:44

寂しいです

毎週、楽しみにしていましたが、最終回のことを考えると寂しくて、寂しくて、ここにくることができませんでした。でも今日、最終回になってしまったんですね。思えば、4月10日の初回をずっとずっと待って、始まったときは、泣きながら見ました。それから、毎週金曜日を「アルジャーノン」の日と呼んで、もう生活の一部になっていました。でも本当に、終わってしまうんですね。寂しくて涙が止まりません。

miku (23)女性 2015.6.12 (Fri) 12:29
  • 新しい投稿へ
  • 過去の投稿へ

Page No

#71 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | *72* | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128

PAGE TOP