ファンメッセージ

Page No : 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 1011*| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107

※メッセージの投稿受付は終了いたしました。たくさんのメッセージありがとうございました。

知らない父にリンク・・・

 今回の”とんび” 本当にすばらしいドラマでした。
なぜ、こんなにも泣けるのか・・・ 
私が物心付く前に、両親の離婚により本当の父を知りません。 このドラマで内野さん演じるヤスを通じて、今の自分に対して怒鳴ってもらってるような、褒めてもらってるような・・・ ヤスの一言一言が、本当にオヤジに言われているようで見ず知らずの父とリンクさせていました。 内野さんハマリ過ぎです!!

父と呼べる人がいる。 自分を育ててくれる周りの人の愛がある。 そんな当たり前の事を忘れている現代に、このドラマは優しくもストレートに訴えてくる。
 こんなドラマは、そう多くは無いと思います。
このドラマは、今更ながらですが私のバイブル的作品になりました。 本当にすばらしいドラマをありがとうございました。

今度、ロケ地にも足を運ぼうと思います。

ブルーノ/ 男性 (42)  2013.3.26 (火) 00:10

何度も…

「とんび」が終わって1週間…
何度も繰り返し見ては、やっさん、旭、たえ子さん…みんなに会いにいってます。

そして、このファンメッセージも何度ものぞいてます。

やっさん達は私の心の中にしっかりと生きていてくれます。

「とんび」にかかわった全ての方々に感謝いたします。ありがとうございました。

いつかまた、またとんびファミリーに会いたいです。

菜の花/ 女性 (40)  2013.3.25 (月) 21:57

寒しい、けどさ、

放送終了で、公式サイトもこのメッセージコーナーのみの更新となり、寒しいところです。(スタッフの方、何か情報が入りましたら、お知らせコーナーのupをお願いします)まだまだこのメッセージコーナー、メッセージが飛び交っていてほしいものです。

皆さん同様、各話の録画を「何度も何度も何度も何度も」見返していますが、全く飽きるということがないです。シーンによっては、むしろ涙の量が増えたり。本当に、幸せなことです。

寒しい、けどさ、海雲和尚にこう言われそうだよ、
「その寂しさを背負って行くってことが、とんび視聴者にとって生きるってことなんだ!!!」
まだまだドラマの衝撃が強くて、「じゃあこれから自分は子の親としてどうやって行くか」まで考えが及ばないんだけど、いつかはこの物語が教えてくれたことを胸に、やってかなくちゃな〜

もしスペシャル版などができれば、そりゃ嬉しいけど、これ以上なにかあるの?って気がします。続編、ファンにとって興味深いですが、これまでの話を知らない人が入れるかなあ、って気がします。映画、スクリーンで観たらまた号泣でしょうが、ドラマ以上の高みが生まれるか・・・

寒しい、けど、何とかやってくしかないのかねぇ。

平成も捨てたもんじゃないと言いたいよね/ 男性 (42)  2013.3.25 (月) 20:48

明るく前向きに

25歳の男です。
ヤッさんや旭を見ていると、自分も
多くの人に愛され、支えられ成長したんだという当然すぎる事を思い出しました。

どうしようもないトラブルを
抱えて全てのことに悲観的になっていた
自分ですが、もう少し頑張ってみようと
思います。

ヤッさん、旭、周囲の人たちのような
優しく明るく暖かい人でありたいものです。

カズ/ 男性 (25)  2013.3.25 (月) 19:34

追伸 「海」を目指します

毎回なぜこんなに涙が出るのか…それは歳のせいでもありますね。たぶん若いときにこのドラマを観たのだったら、お涙ちょうだいのわざとらしいドラマだとかなんとか、感じたのではと思います。
それが、歳を重ね経験を重ね、子育ての苦労を知った今だからこその、感動なのでしょう。

ですから、若い世代でこのドラマの良さがわかる方はすごいなぁと感心してしまいます。

菜の花/ 女性 (57)  2013.3.25 (月) 16:41

「海」を目指します

「親父は僕の海だったと思うよ」
ヤスにとって、親にとって、何より嬉しい言葉だと思います。今回もヤスと一緒にたくさん泣きました。
と同時に、「遠くで見ている」親であり続けようとするヤスを偉いなぁと思いました。私も心したいと思います。

本当に毎回、どうしてこんなに涙が出るんだろうと嫌になるくらいでした。そのときそのときの自分と息子とにオーバーラップさせながらの3か月でした。皆さん、素晴らしいドラマをありがとうございました。

菜の花/ 女性 (57)  2013.3.25 (月) 16:14

続編は絶対にnoです

ドラマの掲示板に書き込むことなんてはじめてです

こんなに涙が止まらなくなったドラマは過去にありません
それほどドラマにはまっていました
私にも大切な人が出来たら一緒に見ようと思います
というか、絶対に見ます!

このドラマに携わった全てのスタッフさん、出演者さんに心からありがとうと言いたいです

続編を希望する声もたくさんあるとは思いますがこのドラマの続編は私はなしだと思います
関係者の皆様もどうか制作しないで下さい
お願いします
とんびはあそこで終わるのがホントにベストだと思います
ドラマは終わってもヤス、
旭他仲間達は私の心のなかで生き続けています

とんびは視聴者の方それぞれがドラマを見て感じ取ったことを反映して一人一人のなかで続いていくと思います
私も含めて
本当にありがとうございました

たじゃわ/ 男性 (18)  2013.3.25 (月) 13:48

他人ごとではありません

本当の親と子の絆の問題を、感動的に、また優しく教えてくれたドラマで、毎回泣きました。
私は小さい頃父を無くし、父母は違いましたが、旭の気持が痛いほど分かりました。私も同じで、父の事はあまり覚えていませんが、母の事は、人の何倍も覚えています。子供が出来た時は、ヤスさんと同じで、父親ってどうすれば・・・?といつも悩みました。たえこおばさんが、捨てたと言った娘に会うシーンも、他人事ではないんです。心からすまないと泣きました。
いろんな人生を抱えている人に、感動と安らぎをくれたこのドラマは、私の人生の中で最高のドラマでした。

ban/ 男性 (58)  2013.3.25 (月) 12:20

裏切られた。

第一話を見終わって、ヤスがやがてボケて死ぬまでのストーリーを我ながら描いてた。そう、最後の最後まで。裏切りやがって。俺はヤスの様な硬派で生きてきましたから、人前では泣くことは許しがたいし、曲がった事が嫌いでマナーにもうるさいです。反面教師なのか息子はおっとりとして、少々じれったく思えたその息子も今年大学に通うため上京しました。その後でしょうか。涙腺の枯れた自分がまさかテレビドラマごときで 人間、まわりの皆に支えられて生きてるんだと、改めて思いました。すでに両親は他界しておりますが今更ながら感謝しております。

煙草のポイすて するな。バカ野郎/   2013.3.25 (月) 12:16

ありがとう

本当に素敵なドラマでした。
とんびを創ってくれてドラマ化してくれて本当にありがとうございました。

ねこ/ 女性  2013.3.25 (月) 05:06

Page No : 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 1011*| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107