ファンメッセージ

Page No : 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 89*| 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107

※メッセージの投稿受付は終了いたしました。たくさんのメッセージありがとうございました。

トンビに見える鷹

最終回でアキラが言ってた「トンビに見える鷹と、鷹に見えるトンビ」って、本当にそうだと思う。つまり人間なんて、皆同じなんだと思う。偉そうにしてる人も、ホントはダメ。ダメそうな人も、ホントは偉い。

washi/ 女性 (20)  2013.3.29 (金) 23:37

佐藤健くんへ

毎週楽しみに見ていました。
忙しくても大変な行事があってもドラマを励みにして頑張ることができました。
そんな「とんび」ももう終わってしまいました。
録画を母にも見せ、自分も自室や家族が集う茶の間で何度も観ています。
高校生の反抗期でツンツンした感じのアキラ。
心根の優しい素直なアキラ。
キラキラした笑顔のアキラ。
父親の理不尽な態度に傷ついた目をしたアキラ。
真っ直ぐで一途なアキラ。
男として一人の大人として、そして父親としてのアキラ。
子どもから大人への成長が、よく演じられていて感動でした。
ヤスの動とアキラの静のバランスがすごく良かった。
ヤスがアキラの逃げ場を無くさないように東京には来ないという場面は、アキラの方が大人に見えました(笑)
また、あなたの作品と演技にワクワクしたいです。
本当に癒されたし感動したし、一週間の力をいただきました。

TBSさん、また感動する作品を提供してください。
スタッフの皆様お疲れ様でした。
ありがとうございました。

みっちゃんママ/ 女性 (53)  2013.3.29 (金) 22:19

一番大好きなドラマ

大人になって見直したらまた違うのかな。
自分が子供を持ったらまた見直してみたいドラマです。
楽譜もサントラも手にいれました!
DVDも必ず買います(^o^)
ずっと「とんび」を近くに置いときたいです。
あったかいドラマをありがとうございました。

くるみ/ 女性 (17)  2013.3.29 (金) 20:17

現代に少ない義理 人情 信仰心魂 人間臭さ

近代に少ない。昭和時代の義理人情と信仰心と人間臭さに懐かしくも、自分と重なる所が多く、泣けました。久しぶりに良いドラマで 毎回、楽しみでした。作者をはじめ各関係者に感謝と有り難うです。再放映を、水戸黄門なみに 放映して頂きたいです。仏心も、涙・涙で 南无阿彌陀佛・・・合掌。有り難う。重松 清さん。

西玉子/ 男性 (48)  2013.3.29 (金) 18:21

家族の絆

最終回ほんとに感動しました!!!!!

特にヤスさんとけんすけの血のつながりのない親子の深い絆には本当に感動しました。
血がつながっている、つながっていないのではなく
なにか特別なものを感じました。

私は今年高校入試があってテレビを見るのを控えていましたが、トンビだけは毎週必ず見ていました。

入試の面接の時、「最近読んだ本は何ですか。」
の質問に、わたしは「トンビです。」
と答えました。そしてその本の感想もはっきりと述べてきました。

私はこの作品に出会えて本当に良かったと心から思っています。

キャストの皆さん、関係者の皆さん、そしてこの作品を書いた重松清さん。
すばらしい作品をどうもありがとうございました。

gurt大好きっ子/ 女性 (15)  2013.3.29 (金) 11:06

雲の上の父に

雲の上の父に、第八話のあの台詞をそのまま言いたい。

もう亡くなって5年、しかし墓参りの時は、残された家族が大病を患ったので、拝むことは5年間いつも同じ、
  「家族の健康、皆(義理の家族)の健康」
先週の彼岸でも、道中くるまのなかではとんびのサントラでしめやかに行ったのに、墓前に着くと、
  「家族の健康、皆の健康」
と祈って、帰ってきてしまった。

そうだった、これを伝えたかったんだ。

   あなたが俺をつくってくれたから、
   いい事、たくさんありました
   生まれさせてくれて、ありがとうございます

平成も捨てたもんじゃないと言いたいよね/ 男性 (42)  2013.3.28 (木) 22:34

親の意見と茄子の花は

千に一つも仇はない

第4話の、たえ子が泰子に語りかけるシーン。「子供の手を決して離さない強い親になりなさい」・・娘を真っ直ぐ見つめる目に息を呑みました。「今日が一番大切」・・これもまた真理だと思います。

そして、場面々々での麻生さんの声色の使い分けの上手さに感服。あの日ヤスが暖簾をくぐった時、続いて入ってくる泰子の存在を予感して(女の勘)、見事に明るかったですね。
(そんなたえ子でも、東京へ越していったヤスが再び暖簾をくぐろうとは予想できなかった)
ヤスは姉思いなのである。

つちおに/ 男性 (52)  2013.3.27 (水) 22:49

最終回、特に良かったのが・・・

最終回が終わってから原作を読んでみましたけど、ストーリがわかっているせいか、今一つ、のめり込むまでは行かなかったですね。
もちろん原作にはドラマにない良さもありますけどね。

また、かなり原作を変えたりていたり、原作に無かった部分を付け加えたりしているのがわかりました。

最終回も原作よりかなり感動的に作られていましたが、僕が一番ジ〜ンとしたのは健介が家出(?)をして安の所に来た時に、安が健介を見つけて「健ちゃん、でかしたぞ!!よく、やった!!」と言ったところです。
(ちなみに、これも原作にはなかったです)

bossa/ 男性 (50)  2013.3.27 (水) 19:02

親としての道標

今直面している事。どう判断しようかと考える時、ヤスさんは、どう考えるだろう。子育てには正解はあるの?
と、聞いてみたくなります。
子供は親に育てられ、親は子供に育てられる。
海になる事は簡単ではないですね。
自分の感情が先に来てしまいます。
でも、とんびと言うドラマに出会いました。
少しだけ、余裕が出来るかも知れません。
親が甘やかさなくて、誰が甘やかすんだよ!
そうですよね。愛が無くては子供は育たないですよね。

ミータンママ/ 女性 (29)  2013.3.27 (水) 15:54

遠藤憲一さん

第八話のヤスが寝ている父親の手を握り、幼年期に銭湯で石鹸箱の船を浮かべる回想シーンの若い頃の父親の声は俳優の遠藤憲一だと知り驚きました。

しろさん/ 男性 (37)  2013.3.27 (水) 12:48

Page No : 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 89*| 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107