ファンメッセージ

Page No : 1 | 2 | 34*| 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107

※メッセージの投稿受付は終了いたしました。たくさんのメッセージありがとうございました。

依然として、

依然として、この物語に泣かされっ放し。何なんだろう。

もう飽きるんじゃ・・・と自分に問うても、全くその気配がありません。

今日も会社の昼休み、小説の終盤のところでほろっときました。ドラマのラストは「ぽかぽか」で締めくくっていましたが、小説ではヤスさんが「幸せな人生だったか」を自問自答し続けます。

夕なぎで働くことになり、開店準備のときたえ子さんとそれぞれ幸せだったか確かめ合う。互いに「つぎはぎだらけの」境遇を経てきたはずなのに、たえ子さんは「いろいろあったけど、今となってはみんないい思い出になっとる」といい、ヤスさんも素直に幸せだったといい・・・

アキラの家では、襖越しに「アキラがいてくれたから寂しくなかった」と、幸せだったことを我が子に伝え・・・

最後の海の場面では、「幸せじゃったかのう、わし」という呟きが健介に聞こえて「シアワセって何?」と返されると「こういうことだ」と健介を抱きしめてあげる・・・

物語の終盤で、登場人物が幸せについて語っていると、その物語全体が幸せな色に染まって見えるのです。

普段「幸せとは」なんて考えたり、意識したりすることはまずありませんが、時には、節目節目で、登場人物のように考えてみるのもだいじだなあと思いました。

平成も捨てたもんじゃないと言いたいよね/ 男性 (42)  2013.4.25 (木) 18:43

粗探しじゃないんですが・・・

未だに、とんび熱が冷めずに毎日のように見直していますが、毎回泣いちゃうんですよねぇ〜
 もちろんブルーレイも予約しました。

最近は、細かい所までじっくりと見てしまい、一つミスプリントを発見しちゃいました。
 それは、最終回 葛原がヤスに退職を打ち明けるシーンで、早期退職の案内状が映りますが、その中の条件の所で、”勤続年数”が”金属年数”になっていました(笑)
粗探しと言うと聞こえは悪いんですが、好きなあまり、つい色々見てしまって・・・  最近は銭湯シーンに出てくる看板をじっくりみたり、夕なぎのメニュー看板をじっくりみたり マニア的に見るのも楽しみの一つです(笑)
それだけ、何度見ても飽きないドラマの”とんび”最高です!!

フジヤン/ 男性 (42)  2013.4.25 (木) 00:35

新学期。自ずと、繰り返し再生してしまうのは・・・

・・・第二話の最後、ふたりの親、ヤスさんとアキラが子供を保育園で迎えるのを交互に映すシーンです。

毎朝、学校へ向かう道と会社へ向かう道の分かれ道のところで「行っておいで」と子供を見送っていると、昔、同じことを毎朝してもらってたなあ、と思い出します。ヤスさんが教室にアキラの姿を見つけられなかったときの少し不安な表情、内野さんのさり気ない演技に、自分の父親を重ねます。

もう一つ、ドラマにはなかったですが、海雲が逝ったとき、幸恵さんに導かれヤスさんとアキラが並んで廊下を歩いて病室に向かうところ。短い距離だったはずなのに、前を歩く幸恵さんの姿は記憶になく、ふたりでどこまでもどこまでも歩いている、それが実にいいんだと、ずっと後になって年老いたヤスさんはまわりのひとに繰り返し繰り返し語る・・・

・・・本当に、親子とはいいものだと心底思います。

平成も捨てたもんじゃないと言いたいよね/ 男性 (42)  2013.4.24 (水) 12:57

最終話の「さえねぇ海だなぁ〜」

内野さんがどうしても入れ直したかったセリフは、やはりここだ!と思いました。
さえねぇのは、都会の汚れた海ではなくて、自分自身。
お前は〜海になれ!
子に降り積もる淋しさを、溶かしてやれる大きな海で居続けなければならない自分が、今、子どもに頼ろうとしている。
そんな自分が、さえねぇ・・・。
親は、いつでも両腕を広げて迎えてやらねばならない存在。

理解の更に深まった内野さんなら、その差に誰が気づこうが気づくまいが、やりかえなければ気が済まないはずです。
めんどうな役者魂!です。

それから、何度見ても、陽向くんには泣かされます。
天才子役と一緒にしないでほしいです。
陽向君は消えません。
肩まで浸かるには深く、立っているには浅い和尚とのお風呂。
見えない所で必死に調節していたんでしょうね。
ふわふわしていました。

まだ観ていますよ。
心が潤います。
あ、コメントが長かった〜!

左手に海を見ながら上京!
石丸Pさんにもあったでしょうね。

ばあばの代わり/ 女性  2013.4.22 (月) 16:16

最高でした。

亡くなった和尚の言葉・・
親は海でなくちゃいかん・・が、本当に心に染みました。
毎回、涙なくして見ることはできませんでした。
いじめまがいのことを大笑いしてやっていながら、年に1回愛をテーマにしたイベントで神妙な顔をする出演者・・そんなテレビにうんざりでしたが、この番組だけは違いました。こういう番組をもっとたくさん作ってください。

やっさん、最高!!/ 女性 (44)  2013.4.22 (月) 15:08

再放送をお願いします

あれから単行本を購入して物語を振り返りました。もう一度、見たい。再放送をお願いします。福山さんの歌の方は今リリースされたばかりです。絶好調!!おめでとうございます。家政婦の三田さんで見た親子とは形は違いますが、心をくすぐらせられるドラマでした。

サンタさん/ 男性 (44)  2013.4.21 (日) 21:03

ここ数十年で、一番いいドラマでした。

今の世の中で薄れてきている、親子、人と人との本当の繋がり方、あり方を改めて大切だと思いました。
配役もばっちりで、皆さんさすがたと思いました。
毎回涙が、止まりませんでした。
本当に、良いドラマありがとうごさいます。
そして、又いいもの作って泣かせてください。

SNRI/ 男性 (42)  2013.4.21 (日) 10:24

本当に素晴らしかった!!

すべての回で涙したドラマは生まれて初めてでした。
こんな事はもうないかもしれません。素晴らしいドラマに出逢えて本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。

モモ/ 女性 (40)  2013.4.21 (日) 00:05

視聴者として

いつもドラマを観る時は子どもが寝静まってから、ゆっくり録画したドラマを観ています。

通常であれば、観たらすぐに消すのですが、このドラマだけは何故か消せない。とにかくまた観直したい 誰かにこのドラマを見せてあげたい・・・そんな大切なドラマとなりました。

ここ最近のドラマは何故か視聴者が観たいというコンセプトとずれた作品が多いように思います。
そんな中やっと視聴者が求めた作品(とんび)にたどりついたそんな気持ちです。

熱血時代で育った昭和の人間が殺伐とした平成の時代に身をおきながらも、こういう温もりや人情味をまだ忘れていないのです。
とんびを作り上げた全ての方にありがとう・・・。

追伸:またこういうドラマにいつ出会えるのだろうか

MIRYU/ 女性 (44)  2013.4.19 (金) 13:19

続編を!!

3歳の娘ですが親として本当に日々感じていることを、感じるであろうことをよく表現されていました。
俳優人の方々もすばらしかった。
このまま終わるのはもったいない。スペシャルではなく、あと10回分の続編をお願いしたい。

パパの気持ち/ 男性 (38)  2013.4.18 (木) 17:28

Page No : 1 | 2 | 34*| 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107