インタビュー

中川大志さん/高橋慎司役

イメージ

ドラマが決まったときの感想を教えてください。

台本を読ませていただいたとき、ストーリーが過去にさかのぼったり現代に戻ってきたりして、新鮮ですごく面白いなと思いましたね。原作は手元にあるんですけれど、読んでしまうと原作を意識してひっぱられてしまうので、ドラマが終わってから読ませていただこうと思っています。

慎司という役をどのように見ていますか?

慎司はすごく純粋で、繊細な心の持ち主。傍からは、スポーツも勉強もできる才能を持っているように見えますが、そうではなくて、お母さんや周りの人たちからの期待に答えようと、完璧な慎司になろうと必死に努力をしているんだなと思いました。演じるときは、そうした気持ちを考えて、慎司の繊細な部分を出せるように意識してお芝居をしています。

共演されるみなさんの印象はいかがでしょうか?

イメージ

鈴木京香さんは、僕や共演者のみなさん、スタッフさんに気を使ってくださって、本当に優しい方です。現場で演技を見ていても、凛としていらしてかっこよくて、とても素敵です。石田ゆり子さんは、共演する前から思っていた通り、ふんわりとした優しい雰囲気があって、淳子役がぴったりだと思います。良幸役の安田章大さんは、本当のお兄ちゃんみたいに優しくて、現場を盛り上げてくださいますし、宮﨑香蓮さん、杉咲花さんのお2人も明るくて、一緒に現場にいるときは本当に楽しいです。

これまでの撮影のなかで、印象に残っているシーンはありますか?

一番は第2話の川に落ちたときのシーンですね。天候の都合で、撮影が秋のちょっと寒い時期になってしまって、川も冷たくてとても印象に残っています。また、リハーサルができない一発本番だったので、本番前はすごく緊張していました。そのほか、慎司としてではないですが、アイドル・高木俊介として出演した、劇中で放送される『クエスチョンスタディー』の撮影は、本当のバラエティの収録みたいでとても楽しかったです。

最後に、視聴者の方にメッセージをお願いいたします。

高橋家はお父さんが殺され、家族もバラバラになり、これまでの温かい家庭とはまったく違った環境に置かれています。そんな中、離れてしまった家族がどうやって事件を乗り越え、家族の絆を取り戻していくのか、ぜひ注目して欲しいです。

PAGETOP

公式Twitter

インタビュー

主題歌情報

原作紹介