インタビュー

宮迫博之さん/遠藤啓介 役

イメージ

ドラマが決まったときの感想を教えてください。

今回このドラマの話を聞いて、鈴木京香さんとは久しぶりにご一緒させていただくことになったので、本当に楽しみにしていましたね。さらに鈴木京香さんのだんな役で、お向かいの奥さんが石田ゆり子さんだと聞き、即OKを出しました(笑)。また、役に関しては、啓介という役がとてもリアリティがあるので、精一杯やっていこうと思いました。

啓介という役をどのように見ていますか?

娘である彩花のことを妻の真弓に押し付けてしまっているので、とても考えさせられる役だなと思いましたね。そして、家族の絆がテーマになっている作品なので、いろんな意味で家族の絆と言うのは本当に大事なんだなと再認識しながら、そして勉強させていただきながら啓介を演じています。

現場の雰囲気はいかがでしょうか?

イメージ

現場に行くのはすごく楽しみですね。彩花役の杉咲花ちゃんが差し入れにクッキーを焼いてきてくれたりして、現場ではみなさん和気あいあいとしていますよ。それと、今はロケの現場がすごく寒くて、簡易ストーブをスタッフが持ってきてくれるんですけれど、病み上がりなこともあってか、僕のところに6個くらいストーブが置いてくれるんです(笑)。女優さんに持っていってあげてと思いましたね。僕は元気なんですけど、まわりと本人との温度差があって、すごくやさしく扱っていただいています(笑)。

最後に、視聴者の方にメッセージをお願いいたします。

犯人は誰なのかといったことや、ある出来事が後々、どのようにして絡んでくるかなど、すごく複雑に織り成しているドラマなので、見ていて絶対に飽きないと思います。見れば見るほど引き込まれていく作品になっていますので、ぜひ皆さんもいろんな想像をしながら、考えながら見ていただければより楽しめると思います。

PAGETOP

公式Twitter

インタビュー

主題歌情報

原作紹介