インタビュー

夏木マリさん/小島さと子 役

イメージ

ドラマが決まったときの感想を教えてください。

まず、原作を読ませていただきましたが、いろんな角度から物語が描かれていて、とても面白く、楽しく撮影に挑むことができるなと思いましたね。そして、台本もドラマオリジナルの展開があって、原作を読んでいる方も楽しめるストーリーだなと感じました。

さと子を演じる上で気をつけていることはありますか?

さと子は自分たちが何十年も掛けて作り上げた、高級住宅地・ひばりヶ丘をとっても愛しています。そして、ひばりヶ丘に新しく住み始めた人にしきたりを教えるんですが、その教え方も意地悪な感じを優先すると、どこかで見たことのあるキャラクターになってしまうなと思いました。なので、声の強弱やトーンに注意しながら、ひばりヶ丘を守るために必死だから小言を言うんだということを意識して演じています。人の持っている闇の部分に集中して演じるというのは楽しくて。

共演者される鈴木京香さん、石田ゆり子さんの印象はいかがでしょうか?

イメージ

鈴木京香さんや石田ゆり子さんとは、撮影ですれ違ってしまうことが多いんですけれども、ちょっとでも時間が合ったときには買い物の話など、女子トークで盛り上がっています。お2人とも本当にすてきな女優さんで、現場に入る前から思っていた印象どおりの方々でした。京香さんは表情がすばらしくて、いち視聴者として見ていてすごく素敵だなと思いますし、今回、一緒にお仕事ができるのは幸せです。石田さんも正統派の女優さんで、私にないものを持っていらして、本当に素敵です。

最後に、視聴者の方にメッセージをお願いいたします。

さと子は、ひばりヶ丘やひとり息子・マー君のために必死で、その姿がこっけいにも見えると思いますので、その存在を楽しんでもらえたら嬉しいですね。それと、さと子が暮らしている小島家のセットも非常に豪華なので、セットも見どころの1つです。ドラマ全体としては、最近ではあまり見ないじっくりと見られる物語で、湊さんの世界観がいろんな方向から伝わると思います。私を含め、俳優さんやスタッフのエネルギーあふれる作品に仕上がっていますので、ドラマファンはきっと楽しんでいただけると思います。

PAGETOP

公式Twitter

インタビュー

主題歌情報

原作紹介