プロデューサー日記

バナー広告

メニュー

スペシャルコンテンツ



今夜も泣いて笑って頂けたら、嬉しいです。
皆さま、ご無沙汰してしまいました。
すみません。渡辺です。
今日、第8話のOAですが、まずは第7話のお話から。
HPのSFS連絡帳でも取り上げて頂き、
ファンセッメージにも応援のコメントを頂きましたが、
島添亮という監督が誕生した記念すべき回でもありました。
島添さんは助監督という立場で番組に参加して頂き、
現場では先頭に立って撮影を引っ張って来てくれた
「頼れるアニキ」的な存在のスタッフです。
もじゃもじゃ頭でとにかく声がいいんです。
「用意!スタート!」という彼の掛け声で現場がピンと
心地よい緊張感に包まれます。
ルックスも心も男前の九州男児です。
さて、島添さんの監督デビューを飾ってもらおうと思った時、
「直と哲の回にしよう」と真っ先に思いました。
彼は以前に別のドラマで、渋谷兄弟のことをよく知っており、
「いい双子がいる」と情報をくれたのも彼でした。
そして、今回のドラマでも丁寧に二人に演技を指導してくれてます。
そんな信頼関係がある監督と二人だからこそ、双子の回にしたいと。
そして、実に丁寧に根気強く、二人を撮ってくれました。
勿論、龍生と樹生もよく頑張った。
ヘトヘトになるまで、本当に足がつりそうになるまで走ってくれました。
エピソードと画面を通して、
直と哲の、龍生と樹生の成長を感じ取って頂けたなら嬉しいです。
一等賞になれなくても、大事なことを得ることもあるんです。
でも、それは、転んでも、立ち上がって向かった先にあるものだと僕は思っています。
さて、今夜は第8話。
あのお騒がせなご近所さんに、夫婦の危機が訪れます。
そして、事件は思わぬ方向に転がっていき……。
今夜も泣いて笑って頂けたら、嬉しいです。
あ、そう!
なんと2歳半の娘が「パパのドラマ」だと分かっているそうです。
だから、僕はそれ聞いて、お先にもう泣きました。
それでは、風邪にお気をつけて。
2012年2月27日 月曜日

Twitter・Facebook

@step_tbs
『twitter』でフォローしてください! ※Twitter社のサイトに移動します
TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.