プロデューサー日記

バナー広告

メニュー

スペシャルコンテンツ



子供は風呂の水を飲む
皆さま、こんにちは。
撮影開始から約1ケ月。
ほぼ第1話の撮影が終わりました。
2時間のドラマを作るのに、1ケ月・・・。
ドラマつくりって時間が掛るんです。ほんと。
ご挨拶が遅れました。
番組プロデューサーの渡辺です。
えー、2歳半の愛娘がハサミを使えるようになりました。
クリスマス会の飾り付けのお手伝いだそうです。
「はちゃみでちょきちょきしてんのー」だそうです。
正直、天才じゃないかと思いました。2歳でハサミですよ。
いや、絶対に天才です。
ところが、です。ところがですよ。
2歳でハサミが使えるのに、お風呂の水を飲むクセは治りません。
おもちゃ代わりに持ち込んだアイスのスプーンでチビチビやります。
で、最後は顔を半分湯船に沈めで、ゴクゴクやります。
勿論、叱ります。でも、言うことを聞きません。
「ごくごくしてんのー」だそうです。
子供は矛盾だらけです。
いけないと分かってても、止められないことがあるようです。
双子役の渋谷兄弟も、毎日、現場でお母さんに叱られています。
叱るのはお母さんだけでありません。
監督、カメラマン、スタッフ・・・いっぱいいっぱい、いろんな人から叱られます。
その度に「はい!」といいお返事をして、次の日、また同じことをして叱られます。
でも、毎日、成長しています。
お芝居も、人としてのマナーも、集中力も。
そうやって子供は育つのだなあと、思います。
新城監督は子供たちをドキュメンタリーを撮るように切り取っています。
ドラマを通じて、直と哲が成長していく様子も楽しんで頂ければと思います。
先日、二人が誕生日を迎えました。
上川さんと小西さんからサプライズのプレゼントを貰って大喜びでした。
上川さんとはふたまわりも年が違うのに、アニメの話で盛り上がっています。
ゲームソフトをプレゼントしてくれて、二人は大喜びです。
パパ代わりというか、お兄さんのような存在のようです。
小西さんはクラスの生徒役の女の子たちと、
撮影の合間にガールズトークで盛り上がっています。
役柄そのままで、子供たちと同じ目線で和気あいあいと。
こんな先生がいたらいいのになあ。保護者会いくのにな…と、思ってみています。
今年もいよいよ終わります。
ロケ隊は長野で仕事おさめです。雪が心配です。
ぐんと寒くなってきました。
皆さまも風邪にお気をつけて。
以上、お風呂からお届けしました。
だから、水飲むなって!
2011年12月27日 火曜日

Twitter・Facebook

@step_tbs
『twitter』でフォローしてください! ※Twitter社のサイトに移動します
TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.