インタビュー

新垣結衣さん(前編)

台本を読んだときの感想を教えてください。

リカが取材に行くことになる航空幕僚監部広報室のシーンはコメディ要素が入っていますが、それ以外のシーンは夢や仕事に対して真摯に取り組んでいる人たちの話なので、そこはグッとくるところがあり、すべてのバランスが調度いいドラマだなと思いました。
私が役作りをする上で考えているのは、原作の稲葉リカの最初の印象が、まったく表情も声色も変えない鉄仮面のような印象の女性だったので、それよりも、もっと彼女の一生懸命さが伝われば、もっと心の奥底にある熱さを強調できればいいな、と思いつつ… リカもある程度大人の女性なので、落ち着きもほしいなと考えながら演じています。
今回は、監督やプロデューサーとたくさん相談してつくりあげてきた1話になっています。

演じる稲葉リカについて…。

私が演じるリカは、元報道記者。まっすぐ過ぎる性格ゆえに起こしたトラブルにより、情報番組のディレクターに異動させられてしまいます。
彼女がなりたかったのは報道記者なので、今は自分の意にそぐわないことをして、壁にぶち当たっている状態です。取材を機に広報室のみんなと出会い、綾野剛さん演じる空井大祐とぶつかり合いながら、どのように考え方が変化していくのか… そういったところをドラマの中で表現できればいいなと思っています。

リカのような人と友達になりたい?

相性は合わなくはないと思います。ドラマの中で、リカの同僚の藤枝というキャラクターが出くるのですが、彼はやはりリカを 「なんだこいつ?」 とは思っていませんし、リカの仕事に対する熱意に気付くことができれば、そのまっすぐさに刺激されるのではないでしょうか。

ご自身との共通点は?

仕事に対しては私も真摯に取り組んでいるつもりなので、そこは一緒だと思いますが、どちらかというと私は周りの方に意見を求めたりするところがあり、リカは周りの人の話よりも、自分の正義を信じている人なので、そこは全く違うなと思います。

実際にリカを演じてみて…

最初の頃、監督と、「リカが相手に対して自分の意見を述べるとき、怒っているように見えるのがよくない。」 という話になり、怒っているように見えないようにすると、勢いがなくなってしまったり、伝えたいという思いが薄くなってしまったり…。力加減が微妙で、とても難しかったです。
私自身の仕事は “報道される側” なので、追いかけられる側の気持ちがわかることもあり、リカの仕事のやり方がすごくもどかしく感じました。自分がそんなリカを演じなければ… となると、ものすごく申し訳ない気持ちになったり、自分にイライラするのかなぁ… と思っていましたが、リカはイジワルで追いかけているのではなく、事実を世の中に伝えなければいけないという信念を持っているのだという話を監督としてから、劇中でリカが撮っているカメラでどれも逃さずにきちんと撮ろうと意思が湧いてきたり… 最近は役が吸収しきれなくてモヤモヤした時期は抜けました。
具体的に “何か見えたもの” があるのではなくて、なんでこんなに腑に落ちたのか自分でもわからないくらいで (笑)、プロデューサーや監督と机を囲んで話し合ってからスッと気持ちが落ち着き、監督から撮影中に直されることもなくなりました。何かを自分で意識したというわけでなく、リカの信念をどこかで理解できるようになったからだと思います。おかげで今は、現場で冗談を言う余裕があります (笑)。

取材する側の気持ちになってみて…

去年は、司会をやらせていただく機会があり、質問をするという立場に初めてなりました。
取材をする方々は本当にたくさん質問を考えて来てくださるじゃないですか。しかも、用意してくださったものだけではなくて、インタビューの流れの中で質問が出てくるのがすごいです。取材する人を勉強して、興味を持たないと質問はできないですよね。私は “まず何を知ろうとすればいいのか” がわからなくて、実際自分がそういう立場に立って 「すごいな」 と思うようになったのが一番変わったことです。
この前、「空飛ぶ広報室」 の番組宣伝で 「ジョブチューン」 という番組に出演させていただいたとき、さまざまな職業の人たちに 「なんでも聞いてください」 と言われて、以前の私なら恐らく黙っていたと思うのですが、今回は自然と手を挙げている自分がいて、お話もすごく楽しくて… そういった変化もこの役柄の影響だと思います。かと言って、取材する側とされる側どちらがいいかとなると… やはりされる側がいいです (笑)。聞かれることで自分自身気づくことがありますよね。生活している中で、あえて感じていることを文章にしようとなかなか思わないので、「ああこのインタビューをしたときこういう気持ちになっていたなあ…」 と思うと自分で自分のことをよく知ることができます。いつもありがたいなと思っています。[ 後編へ ]


日曜劇場『空飛ぶ広報室』公式Twitter

@soratobu_tbs(Twittter社のサイトへ移動します。)