インタビュー

原作・有川浩先生

撮影現場でそれぞれのキャラクターのお芝居をご覧になっていかがですか?

―― リカと空井

しょっちゅう遊びに来たくなる、空気感がとてもいい撮影現場ですよね。その空気感の良さが映像にも、それぞれのキャラクターにも反映しているなぁと思いました。
本当に1人1人がキャラクターになっていて、“綾野さん” とか “新垣さん” じゃなく、“空井くん” と “リカちゃん” と呼びたくなります。とにかく綾野さんが空井くんにしか見えない!空井を自分のものにしてくださっています。
自分の作品では 「この先2人が幸せになれたらいいね。」 というところで終わっているのですが、ドラマの空井とリカを見ていると、「もうちょっと自分の筆で書いてあげたい。」 と思えるようになりました。短編でもいいので、この2人にちゃんと触れてあげられたらなと思うようになりました。書き終わった作品に対してそう思うことは少ないですが、「もう一回書いてあげたい」 と思わせてくれたのは、やはり綾野さんの空井くんと新垣さんのリカちゃんだったからだと思います。

―― 片山と比嘉、柚木と槙

要潤さんは、かっこいいイメージの役者さんだと思っていたのですが、前室 (スタジオ前の控え室) で広報室メンバーたちと待っているときにはイジられていたりとかオチにされていたりとかしています (笑)。そして、ムロツヨシさんの人当たりの良さや、空気を作ってくれる感じも、本当に比嘉さんという感じです。
柚木さんのことばかり言ったら、高橋さんが拗ねそうな気がしますが…
実は、ムロツヨシさんがパーソナリティをしているラジオのスパカン!に以前、出演させていただいたとき、槙を演じている高橋努さんから質問をいただいて 「有川さんはいつも新垣さんや水野さんのことばかりかまって、僕のことはほったらかしですけど、そのへんどうなんですか?」 と質問がきまして、「ごめんなさい。水野さんと新垣さんのほうがかわいいから…」 と答えたことがあるんです (笑)。
おっさんの柚木は水野さんに演じていただいて本当によかったと思っています。ああいったキャラクターは演じるのが難しいと思います。小説のお約束の上だけで処理できる部分もあり、普通の女性が演じると、わざとらしくなってしまうキャラクターだと思うんです。そこを作っている感じではなくて、「あぁ、根っからのおっさんの発言がでちゃっているんだな。」 と思わせる柚木を見せてくださいました。だからと言って、こちらが目を背けたくなるような感じはなく、女性として品のあるところを保ちながら、おっさんの部分をきっちり見せてくださっているので、毎度惚れ惚れします。
槙については、柚木とのラブコメを担う立場なので、もうちょっと “女性ウケ” しそうなタイプを持ってくることもできたと思うんですが (笑)、そこをあえて高橋努さんが演じるというのが渋いと思いました。槙という役は、それこそ綾野剛さんのような線の細い男性を想像していた人も多いと思うのですが、実際に演じていただくとあの朴訥さや無骨さが、かっこいいですよね。私は自分のキャラクターを書くときは、あえて容姿の描写をしないようにしているんです。今回、槙をとおして 「王子様の見てくれじゃなくても、王子様になれるんだよ!」 というところを高橋さんが見せてくださいました、と言ったら失礼かな (笑)。“厳つい人でも王子様になれる。” ある意味、私が理想とする “無骨なんだけどカッコイイ” という自衛官の像を見せていただいている感じがします。

―― 鷺坂室長

鷺坂さんは… リアル鷺坂さんを知っているので、カッコ良すぎるとたまに戸惑ってしまいます (笑)。それでリアル鷺坂さんが、からかわれて困っていたり… まぁ、まんざらでもなさそうですが (笑)。
現在浜松基地司令を務めておられるリアル鷺坂さんは、ミーハーだけれど慎み深い方で、浜松基地にロケが来たとき 「基地指令の立場でお話したいとか、握手したいとかはちょっと…。」 と頑なに遠慮なさって。業を煮やして私が綾野さんと新垣さんを司令室に連れて行きました。やはりとても嬉しそうでしたね (笑)。
とにかく、柴田恭兵さんが演じてくださっている鷺坂さんは本当に素敵です。カッコよくて、ゆるさがとてもいい感じ。だけど、ゆるいだけじゃなく、片山のことを本気で怒ったり、ピリっとしたところもあり、日ごろの落差も見せてくださる… あの人の下で働けたら幸せだろうなと思います。
私たちだけでなく、キャストのみなさんも柴田さんが大好きですよね!いや、もう好きになるよね!好きになるでしょう (笑)!柴田さんは、日ごろ口数の多い方ではないけれど、前室でみんなと一緒にニコニコ笑っていらっしゃることが多く、やはりトップに柴田さん演じる鷺坂がいるから、みんなが安心していられるんだろうなと思いますし、あれだけキャスト全員が仲が良いのも、柴田さんが引っ張ってくださっているからだろうなと思います。原作よりも素敵にしていただいて… かっこよさでは原作より上!
私が思い描いている上司像というのがあって、いろいろな作品で “かっこいいおじさん” をたくさん書いていますが、柴田さんの鷺坂さんは、それをまとめて見せてくださったという感じです。もう大好きです!

最終回の脚本について…

私は基本的に口出しはしません。映像化になった時点で悪い意味ではなく、原作とは違う作品になっています。なので、もうドラマの 「空飛ぶ広報室」 は私のものではないんです。そこに口出ししてはいけないと思っています。
今では視聴者の立場で 「何を見せてくれるだろう♪最終回の最終稿がどうなったのかな〜」 とわくわくしながら楽しみに待たせていただいています。
ただ、視聴者のみなさんより得していることと言えば、台本を事前にいただいているので、次の展開がわかること (笑)。“空井の2秒” も大騒ぎだったと思いますが、“2秒” のネタを知っていたので 「また空井くんの寸止めなんじゃないか」 とみなさんが動揺している中、私は脚本を読んでいるので 「するんだよ〜」 と (笑)、そういった楽しみはありました。

視聴者のみなさんに最終回に向けてメッセージをお願いします。

「一緒に楽しみましょう!」 ただそれだけです。
できれば… 日ごろ録画しているみなさんも、最終回はリアルタイム視聴で一緒に (笑)。
最終回の頃は撮影も終わっているので、キャスト・スタッフたちもリアルタイムで見る予定です!みなさんが見ているとき、私たちも見ています!場所は違うけれど、一緒に見ましょう!


日曜劇場『空飛ぶ広報室』公式Twitter

@soratobu_tbs(Twittter社のサイトへ移動します。)