あらすじ

2013年2時間スペシャル 前編

2013年5月27日放送

メイン写真

このところ、五月(泉ピン子)は落ち着かない毎日を送っていた。結婚して妻の貴子(清水由紀)の家で暮らしている眞(えなりかずき)が幸楽に顔を見せなくなっていたのだ。身体の不自由な義父・道隆(武岡淳一)をかかえ、しかも料亭でアルバイトをしている貴子との生活がどうなっているのか分からず、五月は眞のことが心配で仕方ない。
どうしても我慢できなくなった五月は、突然眞たちのマンションを訪ねる。と、そこにはエプロン姿の眞がいた。ショックを受けた五月は、頼まれもしないのに料理を始めようとし、眞と言い争いになる。余計なお世話だから放っておいてほしいという眞。それでも納得できない五月は帰り道、愚痴を聞いてもらおうと「おかくら」に立ち寄る。いい加減子離れしろという大吉(宇津井健)だが、五月は聞く耳を持たない。挙句に、眞は離婚してやり直したほうがいいなどと言い出す始末だ。
気が収まらない五月は幸楽に戻ると、厨房で料理を始めた。眞たち夫婦の事情を聞いた誠(村田雄浩)が手伝い、小分けにされた大量の料理が作り上げられた。翌朝届けられたその料理を見た貴子は、五月の気持ちを知って衝撃を受ける。
自分たち夫婦に干渉し、貴子の気持ちを踏みにじったと怒る眞が幸楽に乗り込んできた。もう二度と出すぎたことは止めてほしいと迫る眞に、今度は五月が泣き出してしまう。
こじれた事態を収拾しようと、貴子が五月の誕生祝をすると言い出した。場所は自分がバイトをしている料亭。大吉や弥生(長山藍子)たち姉妹も呼ぶというが、五月は素直に受け入れるのか?
そんなとき、双子の子育てをしている葉子(野村真美)が子どもを置いて家を出ていくと宣言する。心配した姉妹が葉子のもとに駆けつける…。

演出:荒井光明