レポート

2018.5.1

天馬くんの侍アクション

皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか? 『花のち晴れ』、楽しんでいただいてますか?
今回は、5月1日の第3話で大ピンチの音ちゃんを救った天馬くんのアクション舞台裏です!

写真

ついに恐れていた庶民狩りのターゲットになってしまった音ちゃん。突き飛ばされたり、頭に生卵をぶつけられたりと散々な目に…。
杉咲さんによると「卵が顔にたれてきて、乾燥して皮膚が引っ張られる感じで痛かった」そうで、そんな大変な状況での長い緊迫感のあるシーンでした。

写真

「やーれ、やーれ」の大合唱の中、颯爽と現れた天馬くん。金属バットを使った格闘シーン、カッコよかったですね。
中川くんによると、監督から言われていたのが「男くさい殴り合いではなく、きれいでスマートな闘い方」。そこで、アクション指導の方と目指したのが“侍のような立ち回り”でした。刀に見立てたバットで相手に斬り付け、すかさずねじ伏せる。そのスキのない一連の動きは、まさに文武両道の天馬くんらしいスマートな闘い方だったのではないでしょうか。

写真

「天馬が体を張るシーンは数少ないので、ここは彼の見せ場にしたかった」と中川くんが気合十分で臨んだこのシーン。一連のアクションをテスト撮影で初めて目にした生徒役の皆さんからも「おぉぉ!」というどよめきが自然に沸き起こりました。

写真

本番撮影後、中川くんはモニターまでダッシュ。プレビューを食い入るように見つめていました。
アクション指導の方によると「バットを使った難しい動きですが、良かったですね。最初の練習から撮影までの間に一生懸命自主トレしてくれたんじゃないかな。それが本番で感じられました。素敵な俳優さんですね」と語っていました。

Twitter Instagram LINE
※外部サイトへ移動します

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

TOPへ