現場レポート:テッペン!水ドラ!!『コック警部の晩餐会』/毎週水曜 深夜0時10分〜0時40分 放送

現場レポート

【13】2016.11.9 Wed.
みなさんこんにちは!
さて、海の向こうでは世界的に影響を及ぼす大きなお祭りが行われていましたが、どの世界でも“腹が減っては戦が出来ぬ”よろしく、まずは“食”を満たすのが肝要かと思われますところ、その食欲に訴える『コック警部の晩餐会』、今宵はラーメンということもありまして、放送後の夜中にラーメンを食べたくなった方は多かったはず。ちなみに、番組サイト「今宵の晩餐会メモ」では、インスタントラーメンをさらに美味しく食べるためのあれこれを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいませませ♪
ということで、今回の現場レポ、

まずは、河相我聞さん演じる小山内と一緒に古久警部とあずみが、浜田学さん演じる遠藤のラーメン店へとやってきたシーンを撮影している現場の一コマから。
ほどなく、セリフと動きを確認するドライも終わりまして、

「○○の○○ラーメンは美味しいですヨ!」
などなど、ラーメン話で盛り上がるみなさんです。
さすが、国民食の一つといっても過言ではないラーメン、その話題はどこでも盛り上がりますよねー。
そんな中、撮影で使うラーメンを準備しているのは、番組の料理指導を担当する宮崎さん&スタッフさんです。

ちなみにコチラのラーメンは、このシーンの撮影でお邪魔した八王子のラーメン店「信玄亭」さんのものをベースに用意されたものです。あらためまして、ご協力ありがとうございました!

そして、撮影のリハーサルでは浜田さん演じる遠藤からラーメンが供され…

そのリハーサルも一段落したところ、役柄としては豚骨こってりラーメンを毛嫌いしていたあずみですが、小島さん個人としては、
「あっ、これ美味しい!」
と、ぱくついていたんですよ。
そして、せっかくならばとスタッフみんなでシェア♪




その間、「もっとこってり感のあるスープにしよう」と、第4話の演出を務めた吉田監督のリクエストもあり、AD森久さんがこってりスープを準備して、

吉田監督に確認しているところですね。そのやり取りの流れで、
「ラーメンのスープを仕込むときって、どんなものを入れますかね? とろみを付ける食材とかあります?」
などなど、河相さんにアドバイスをもらっている吉田監督です。

ん、なぜ河相さんにそんな話しを聞いているのか? と思われた方もいるかもしれませんが、河相さんは自らラーメン店を経営して厨房で腕を振るっていたこともある、いわゆるラーメンのプロでもあるんです。
そんな河相さん、
「これは、企業秘密で聞いた話ですが、○○○○のラーメンは××を入れてとろみをつけているみたいですよ」
と、ラオタでなくても「そうだったのかっ!」と思うような話が聞けてビックリ!
っと、ここでは詳しく紹介できませんので、あしからず……
そんなシークレットなお話しがありつつ、現場を移動しまして、

こちらは、河相さん演じる小山内が切り盛りしているラーメン店のシーンです。前回の現場レポでも紹介していますが、こちらは八王子の「黙古寿」という肥後ラーメンのお店で撮影が行われました。
「殺したのはお前だろ!」と小山内に詰め寄る猫田刑事ですが、
カメラが回っていないところでは、

河相さんの肩をもむなど、出演者に気を遣うキャラで売込み中w
その様子は番組サイトの小島さん動画コーナー「自撮りde撮影現場レポート」で確認できますので、未見の方はぜひご確認くださいませませ。
というか、えなりさん、いつもありがとうございますー♪
そして晩餐会のシーンはというと、八王子ラーメンの人気店「みんみんラーメン本店」での撮影です。

そこで供されたラーメンがこちら。

物語の設定上、植物性の素材のみで作られたラーメンということになっていますが、実は、スープは某有名店の市販豚骨スープをベースに作られたものでした。
が! トッピングのチャーシューは、一条刑事部長のセリフの通り大豆ミートで作られたものだったんです。

そのお味は、小島さんによりますと魚肉ソーセージに似ているそうですヨ。
この植物性の素材のみで作ったラーメン、実際に食べてみたいな…と思った方も多いかと思われますが、ネット検索してみると、同じようなラーメンって存在しているのですね、知らなかったなー。
と思いつつ、秋の夜が更けて参ります……。
m(_ _)m

- ARCHIVE -


- MENU -

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.