現場レポート:テッペン!水ドラ!!『コック警部の晩餐会』/毎週水曜 深夜0時10分〜0時40分 放送

現場レポート

【10】2016.11.2 Wed.
みなさんこんにちは!
本日、11月2日の午後3時過ぎ、気象衛星「ひまわり9号」を載せたH2Aロケットの打上げが成功したそうですね♪ 世界初のカラー画像を実現した静止気象衛星「ひまわり8号」と動揺の性能を持つ9号、そのお値段が約170億円とネットニュースで紹介されていましたが、そこでふと考えてしまうのが、東京オリンピックにまつわる“箱モノ”の巨額な建設費。連日の報道で300億だの400億だのと数字が聞こえてきますが、開催地である東京都民や参加選手の考えや気持ちなどどこ吹く風よろしく、うかがい知れないところで話しが2転3転しているのがどうにも腑に落ちないと感じている方は多いはず……。
兎にも角にも、そもそも「誰のために行うオリンピックなのか?」そして「誰のお金で行われるのか?」そこのところを外さず、誰もが笑顔になれるオリンピックを目指してほしいものであります!
(`◇´)ゞ

っと、そんな番組サイト担当nobu-cの想いはさておきまして、こちらのサイトをチェックされてらっしゃるということは、『コック警部の晩餐会』第3話もご覧いただけたかと思いますが、モノマネタレントのキンタロー。さんをメインゲストに迎えてお贈りした第3話、いかがでしたか?

伝説的な毒舌グルメブロガー・小田マリという役を演じたキンタロー。さん、TBSアナウンサーの宇垣美里さんと一緒に劇中でグルメレポートをしていましたが、このお二人のグルメレポートは、第1話の劇中に映し出されるテレビ番組でも出演されていましたよね。話数を跨いで登場するという演出を、おもしろく感じていただけたならば有り難き幸せ!
そして、第3話の舞台となったお好み焼き屋「伊豆川」の女主人を演じた柴本幸さん、レポート取材を受けるということで、お好み焼きを作るシーンにも挑戦されていました。

ちなみに、ロケでお邪魔したのは、京王線の八幡山駅から徒歩約3分、甲州街道沿いにある「伊豆川」というお店でした。気さくなご主人が大きな鉄板で腕を振るう、本格的な広島焼き鉄板焼き料理が味わえる人気店です。お好み焼き好きな方なら、ぜひ足を運んでみてくださいませませー。

そして、第3話のテーマはお好み焼きということで、

古久警部作のお好み焼きがこちら♪
白髪ネギと万能ネギ、そして赤い粒はピンクペッパーでしょうか。下町グルメのお好み焼きがメチャおしゃれなお料理に見えますよね。美味しそう!
そして、このおしゃれなお好み焼きを作っていた、番組の料理指導を担当する宮崎さん、


第3話の演出を務めた中前監督のリクエストにより、アクロバティックなヘラさばきを見せてくれています。
っと、劇中では古久警部がやっているという設定なので、カメラが狙っているのは手元だけですが…
そして、仕上げのソース&マヨネーズ!

撮影現場に美味しそうな香りが立ち込めます♪
そうそう、この仕上げの動きは柄本さんもやってましたが、両方の手にソースとマヨネーズを持っての“二刀流”の見事な腕さばきには、一条刑事部長を演じる藤真利子さんも感心しきりだったんですヨ♪

そんな柄本さん演じる古久警部、殺害に使われた凶器の謎解きに入ります。

そして、その検証をするシーンの撮影をしている一コマ。

小麦粉の入ったビニール袋でキャベツを割ってみせるという撮影でしたが、
「これで本当に割れるんですかね?」
と、不思議そうにしていた小島さんに、
「テスト映像を見せてもらったけど、キレイに割れていたよ」
と答える柄本さん、ビニール袋を振りかざす動きで周りの何かにぶつからないよう、周囲を確認しているところです。
諸々の確認が済みまして、まずはキャベツをセットしないで動きのテストを…

「ドンっ!」とビニール袋を振り下ろすと、周りの人たちが本当にビックリするくらい大きく鈍い音がします。腕の振りもバッチリな柄本さんに、
「おー、一発で成功しそうな感じですね! ありがとうございます、みんなのためにも頑張ってください♪」
と、変な応援を投げかける小島さんw
その言葉に、
「本番前からそんなことを言わないでヨ、オレ、めっちゃプレッシャーに弱いんだから!」
と答える柄本さん、周囲の期待を背負いまして、いざ本番っ!

っと、キャベツの芯を外してしまい痛恨のミス!
ほどなく、気を取り直してTake2!

っと、今度は見事に割れたキャベツですが、破片の飛び散り方がいま一つ…
ということで再度トライ。
それを受けまして、もう一度、自主練をする柄本さん!

フォームとイメージを確認したところで、美術チームの松田さんによりキャベツがセットされます。

そうそう、これは撮影裏話ですが、ビニール袋には小麦粉だけでなく石膏の塊も仕込まれ重さを増し、一方のキャベツには裏側の芯の部分に切れ込みをを入れることで、ヒットしたときに破片が飛び散りやすくしてあります。
して、諸々の準備が整いましてTake3!

「ドンっ!」
という音とともに見事にキャベツを粉砕!
古久警部の検証も無事に証明できまして御座候ぅ。
柄本さん、あらためましてお疲れさまでしたー!
(≧∇≦)b

- ARCHIVE -


- MENU -

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.