《男子 バンキシャ日記》

男子バンキシャ担当・島崎圭二
6月1日(水)アジア2連戦

昨日の世界王者ポーランド戦、結果だけ見ればストレート負けですが、
中国戦では見られなかった、攻める気持ちが感じられた試合でした。
特に両チーム通して最多の17得点を挙げた最年少のエース石川選手は、
コート内で仲間に声を掛け、鼓舞し続けました。
「攻め続ければチャンスは必ず自分たちのもとに来る。守りだけには入らないように、声をかけました」

今日からは本当に負けられないアジア2連戦。
14名の選手、下を向くメンバーは誰もいません!
攻めて攻めてイランを倒しにいきます。

柳田選手
「僕らには後がないので、そこで守っても何も生まれないと思いますし
逆に攻めて可能性を見出すしかないと思います。
もう1回攻めの気持ちを持って戦いたいと思います」

石川選手
「自分はやってやる気満々なので、後はイラン戦が来るのを待つだけです」
男子バンキシャ担当・島崎圭二
TBSバレブー
公式SNS
※外部サイトへ移動します
Copyright© 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.