《男子 バンキシャ日記》

男子バンキシャ担当・島崎圭二
6月5日(日)未来への一戦

リオオリンピックをかけた世界最終予選の戦いも、今日幕を閉じます。
会場は連日超満員、ニッポン男子バレーの盛り上がりを肌で感じることができました。
だからこそ…五輪を決めて欲しかった。
応援する全ての人たちと喜びを分かち合いたかった。
僕が感じる、その悔しさを選手たちは何百倍も感じています。

福澤選手
「この4年間本当にあがき続けながら何とかオリンピックに手が届くよう
それだけを見て頑張ってきた4年間だった。
でも、もっとやらないといけなかった。
それがオリンピックだなって感じたのも正直なところです。
その気持ちっていうのは一生忘れない、
その悔しさを背負ってまたやっていくんだろうなと思う」

この男子バレーの盛り上がりを停滞させないために何が出来るのか?
全日本の選手たちが、最終予選や五輪というプレッシャーのかかる舞台で
力を発揮するためには何が必要なのか?
この大会で味わった経験を、次につないでいくための礎にしないと
再び同じ喪失感を味わうことになります。

この14名の選手で戦うのは、おそらく今日が最後でしょう。
失意の中から立ち上がり、未来への一歩を記す戦いぶりを期待しています。

柳田選手
「先輩選手が教えてくれたメンタリティや、
支えてくれた気持ちの強さとかを僕らがしっかりと引き継ぎたい。
これから僕らなりに、コートで表現しないといけないと思います」

一つの時代の終わりは新しい時代の幕開け。
4年後には東京オリンピックが待っています。
男子バンキシャ担当・島崎圭二
TBSバレブー
公式SNS
※外部サイトへ移動します
Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.