あらすじ

第28回

2011年5月12日放送

メイン写真

インターネットのCMで話題になったおやじバンドに、スポンサーの展示会場で晴れ舞台を踏む日がついにやってきた。仕事を休んで出かける勇(角野卓造)誠(村田雄浩)は、連休中で「幸楽」もお客が多いのにと愛(吉村涼)から嫌味を言われるが、五月(泉ピン子)は赤飯を炊いてバンドの出陣を祝った。CMやイベントで有名になったおやじバンドが「幸楽」の勇たちだとわかって、店は大賑わい。勇や誠目当ての女子高生たちもやって来て、サインだ写真だと、まるでアイドルタレントのよう。
その頃、弁護士を名乗る岩田(山崎銀之丞)という男が貴子(清水由紀)を訪ねて「おかくら」にやって来た。岩田は貴子の父・道隆(武岡淳一)が会社を経営しているころからの知人で、今回は道隆が病床で考案した技術開発のことで相談があるという。身体は不自由ながらも頭脳の明晰な道隆は、自ら考え出した技術を世話になった中国の企業に見せたところ、先方から採用の知らせが届き、その手続きを岩田に依頼してきたというのだ。貴子は突然の話に面食らうばかりで…。

演出:荒井光明

2017年3時間スペシャル

2016年2時間スペシャル

前編後編

2015年2時間スペシャル

前編後編

2013年2時間スペシャル

前編後編

2012年2週連続スペシャル

前編後編