2012年7月20日スタート金曜よる10時放送


あらすじ

第10話[最終回]「さよなら黒の女教師愚か者の謎が明らかに涙の別れ!」

(photo)

トシオ (松村北斗) は四年前に国文館高校の屋上から転落死した 葵 (上間美緒) の弟だった。トシオは葵の担任だった夕子たちに復讐するために転校してきたのだ。トシオは 夕子 (榮倉奈々) たちの課外授業を告発するレポートを 芹沢校長 (南果歩) に渡す。しかし芹沢校長は不祥事を公にしたくないと、夕子たちを懲戒免職にはせず長期研修などの名目で学校から排除する。

学校から追われた すみれ (市川実日子) はふとしたことから 瑞穂 (中西美帆) と葵の関係に疑問を持ち、彩 (小林聡美) と共に真相を探り始める。そして校長の言動に納得のいかない 遥 (木村文乃) も葵の死について独自に調べ始めることに。

3学期に入ったある日、トシオは瑞穂の家を訪れ罪を償えと言い放つ。その夜、瑞穂の母から彼女がいなくなったと夕子に連絡が入る。四年前の悲劇を思い出し学校の屋上に向かう夕子。するとそこにはトシオと瑞穂に加えて彩とすみれがいた。さらに校長の姿も…。
4年前の悲劇を知る者たちが導かれるように集まった。果たして悲劇の真相とは。そして夕子は…。


『黒の女教師』公式Twitter

@kuronoonna_tbs(Twittter社のサイトへ移動します。)

番組公式モバイルサイト