2012年7月20日スタート金曜よる10時放送


あらすじ

第5話「花火の恋!盗撮犯に愚か者!!教師の過去」

(photo)

国文館高校3年D組の 立花 (上遠野太洸) は、ある日繁華街でガールズバーの客引き女子高生の中に 栞 (土屋太鳳) を目撃する。しかも運悪くそこに すみれ (市川実日子) がやってきた!
しかしすみれの目的は栞ではなく、傍らにいた経営者の 河合 (加藤虎ノ介) だった。河合はすみれの高校時代の彼氏で、2人の間にはなにやら因縁がありそうだ。
すみれの目的が栞ではないことに安堵した立花は、危険なアルバイトを辞めるよう栞に忠告するが、逆に10万円貸して欲しいと持ちかけられる。栞は母子家庭であることを隠し、金持ちキャラを無理して演じ続けていたのだ。

数日後、栞がバイトを辞めていないことを知った立花は約束が違うと彼女を責めるが、栞は彼氏のようなことを言うなと逆ギレ。そこに 夕子 (榮倉奈々) が現れ、足元を掬われないようにと意味深なセリフを吐く。

栞はバイトで給料の前借りをし、立花から借りた10万円を返すことに。約束が違うともめる2人の前に、立花の中学時代の同級生が現れ、絡まれてしまう。今は、クラスの中心的グループにいるが、立花は裕福な家庭ゆえに中学時代はパシリとして使われていたのだ。お互いに、昔と違う自分を必至で作ろうとしていることを知る…。

そんな折、ガールズバーで働く栞を 遥 (木村文乃) が発見してしまう!河合は学校にバレた以上雇うわけにはいかないと栞を突き放し、よりいかがわしい仕事をするよう脅迫するが…。


『黒の女教師』公式Twitter

@kuronoonna_tbs(Twittter社のサイトへ移動します。)

番組公式モバイルサイト