現場レポート

★ 2018.9.14

クランクアップレポート【前編】

「チア☆ダン」最終回、本日よる10時からです。
放送まであと6時間!
ここでは先日のクランクアップ時のキャストのみなさんのコメントをいち早くお届けします!
まずはROCKETS立ち上げメンバーから♪

蓮実琴役・志田彩良さん

写真

<志田さんコメント>
みなさん、本当にありがとうございました。「チア☆ダン」のオーディションを受けると決まったときから絶対にやりたいと思って、その日からストレッチを始めました。でも実際に練習に行ってきたらみんなすごくダンスが上手だし、キラキラしていて私なんかがここにいていいのかなって思うこともあったんですけど、みんなが居場所をつくってくれて、現場に行くのも練習に行くのも毎回すごく楽しくて、本当にたくさんのことを学ばせてもらって人としてもすごく強くなれた気がします。これからお仕事をしていく上でいろんなことがあると思うんですけど、このメンバーがいると思うと心強いし、きっと支えてくれるんだろうなって思えるような素敵なみなさんに出会えて本当に幸せです。ありがとうございました。


橘穂香役・箭内夢菜さん

写真

<箭内さんコメント>
今まで本当にありがとうございました。ドラマは初めてだったので、緊張して話しかけられなかったですし、年上の先輩ばかりでずっとガチガチだったんですけど、みなさん話しかけてやさしくしてくださって、だんだん絆が深まっていったというか、本当の学校に通っているような感覚でとっても楽しかったです。「チア☆ダン」という作品にかかわってくださったスタッフのみなさん、先生、ROCKETSのみんなのことが心の底から大好きです。今まで本当にありがとうございました。


榎木妙子役・大友花恋さん

写真

<大友さんコメント>
できっこないと思う瞬間もたくさんありました。でも私たちのことを見守ってくださる方がいて、困ったときには100%自分の味方をしてくれるROCKETSのみんながいる環境の中で、できっこないものたちがだんだんやりたいことに変わっていきました。最初みんなが花恋ちゃんと呼んでいたのがだんだん妙子ちゃん、妙子、妙ちゃんになっていって、役としてこの場所にいられることがどんどん増えていくのが本当に幸せでした。私の人生の中で一番青春な時間でした。ありがとうございました。


栗原渚役・朝比奈彩さん

写真

<朝比奈さんコメント>
本当にありがとうございました。ROCKETSのメンバーがこの20人でよかったと心の底から思ってます。まだ正直クランクアップしたって実感がなくて、「また明日朝9時からダンスの練習ね」とか麻子と「この後練習しよっか」って言ってるような気がします。運動神経はいい方なので、ダンスをやると決まったときも実際もう少しできるんじゃないかなと思ってたんですけど、いざ始まったときに本当にできなくて。もともと「できっこないをやらなくちゃ」という歌がすごく好きだったのですが、(ダンスが思うように)できなくて、こんなにこの歌を聴きたくないと思ったのは人生初めてでした(笑)。最年長ということで一番最初はもっとしっかりしなきゃいけないなとか少しでもみんなにイジられるキャラになればいいなと思ってたんですけど、想像以上にイジられて(笑)、みんなと仲良くなれてよかったと思います。ありがとうございました。


柴田茉希役・山本舞香さん

写真

<山本さんコメント>
スタッフのみなさん、お疲れさまでした。キャストのみなさんもお疲れさまでした。初対面のときに(私のことを)みんな性格悪そうとか態度が大きいと思ったと思いますし(笑)、キレるシーンでは「本当にキレてたでしょ」って親に言われるくらいでしたけど(笑)、それくらい役に入れたキャラクターだったかなと思います。長くしゃべるのは得意ではないので…お疲れさまでした!


桜沢麻子役・佐久間由衣さん

写真

<佐久間さんコメント>
本当にお疲れさまでした。3月に(福地)桃ちゃんと(堀田)真由ちゃんと別の作品を撮っていて、その合間も一緒に3人で練習していました。それくらいダンスに苦手意識や危機感がありました。みんながどんどんうまくなっていくことに焦りもありましたし、刺激にもなりました。すごく充実したダンス練習だったと思います。私も終わった実感が全然なくて、また明日会うんだろうなという感覚です。(この現場は)お芝居している、仕事をしている感じがいいのか悪いのかあまりなくて、みんなに会いに行ってそのとき感じたことを表現しようと思ってやりました。体力的にも精神的にきついこともある中でみんなで支え合っているのをすごく感じていたので、自分も本当に頑張れました。わかばがミーティングを開いてくれて、みんなが話す環境をすごく作ってくれて、ひっぱってもらえたなと思いますし、しーしー(汐里)はふざけるときはふざけてやるときはしっかりやる、そのメリハリがすごいなと思ったり。渚とは一緒に何十時間も練習したし、どれも一つ一つが大切な思い出です。ROCKETSに加われて本当によかった。ありがとうございました。


桐生汐里役・石井杏奈さん

写真

<石井さんコメント>
みなさん本当に長い間お疲れさまでした。ROCKETSのみんなもたくさんの笑顔とパワーをありがとうございました。私は中学校も高校も部活の経験がなくて、E-girlsが部活のようになってたんですけど、わかばや芙美がいっぱい引っ張ってくれて、普段他のお仕事をしているときでもROCKETSのことを考えることが多くなって「あ、これが部活なのかな」ってすごく感じる瞬間がありました。今まで経験した現場では自分自身と戦ってたけど、この現場はみんなで戦って、みんなで前を向いて進んでるなと途中からハッと気づかされました。それが自分の中で初めての経験だったので、本当に素敵な現場にいさせていただいているなと思いました。そう思えたのは何よりもわかばのおかげだと思うし、ROCKETSはこうやってまとまれたんだなと思っています。自分の人生の中で大切なものを教わったというか、絶対忘れちゃいけない絆の大切さや人の温かさを感じることができた現場でした、ありがとうございました。


藤谷わかば役・土屋太鳳さん 

写真

ROCKETSのみんなからの寄せ書きのサプライズに涙が止まらない土屋さん。

写真

<土屋さんコメント>
本当にみなさん、お疲れさまでした。ROCKETSのみんなに出会えてなんて幸せなんだろうと感じています。みんなのことが大好きです。それぞれ大切な卒業した学校だったり、部活だったりがあると思うんですけど、「チア☆ダン」という作品とROCKETSというチームがみんなにとって母校のようになってくれたらいいなと思ってます。1年に1回は同窓会をしたいです。スタッフのみなさん、先生方や家族、ROCKETSのみんなをはじめキャストのみなさん、本当にわかばとして生きることができて幸せでした。しっかりこのご恩はお返しできるように頑張りたいと思います。本当に本当にお疲れさまでした!


とにかく大人数のキャストの方々にご出演いただいた「チア☆ダン」
クランクアップレポートはまだまだ続きますが、前半はここまで。
後半は今夜の放送後にアップ予定ですので、お楽しみに^^

Twitter Instagram LINE
※外部サイトへ移動します

Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

TOPへ