2018年7月スタート

金曜ドラマ『チア☆ダン』

番宣画像

公式SNS

※ 外部サイトへ移動します

追加情報②

チアダンス部レギュラーキャスト

▲チアダンス部レギュラーキャスト。
写真左から志田彩良、山本舞香、大友花恋、土屋太鳳、石井杏奈、朝比奈彩、佐久間由衣、箭内夢菜

主演・土屋太鳳を取り囲む
若手注目女優7人の
「チアダンス部」
レギュラーキャスト決定!
劇中制服ビジュアル解禁!

 TBSでは、7月期の金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時)で、昨年3月に公開し大ヒットした映画 「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」の数年後が舞台となる、映画とはまったく違うオリジナルストーリー『チア☆ダン』を放送する。土屋太鳳が主演を務めることが すでに発表されているが、今回土屋が演じる主人公・藤谷わかばと一緒に“できっこない夢”を目指すチアダンス部員の個性豊かなキャスト7人を発表。あわせて劇中に登場する制服姿も公開された。

 わかば(土屋太鳳)を強引にチアダンス部に誘い、「打倒JETS!全米制覇!」とありえない夢を豪語する猪突猛進の東京から来た転校生、桐生汐里(きりゅう・しおり)を演じるのは、石井杏奈に決定。石井は“E-girls”に所属しながら、女優としても活躍。2015年には映画「ガールズ・ステップ」、「ソロ モンの偽証」で第58回ブルーリボン賞新人賞を受賞。その後、映画「四月は君の嘘」(2016年)、 TBS日曜劇場『仰げば尊し』(2016年)、映画「心が叫びたがってるんだ。」(2017年)など数々の話題作に出演し注目されている。石井はE-girlsでは最年少で、自らグイグイと引っ張っていくタイプではないが、今回演じる汐里は、みんなをチアダンスへ引っ張っていくリーダー。今まで演じたことのないキャラクターに初挑戦する石井の姿を目の当たりにして欲しい。
 そして、わかばのクラスメートで学級委員長、真面目な優等生の桜沢麻子(さくらざわ・あさこ)役には佐久間由衣。ファッション雑誌「ViVi」の専属モデルを経て、映画「人狼ゲーム ビーストサイド」 (2014年)で女優デビューした佐久間はその後、ドラマ『トランジットガールズ』(2015年・ CX)で主演を務め、同性愛者という難しい役どころを見事に演じ話題となった。また、昨年放送のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』では、ヒロインの幼馴染役を好演、瞬く間にお茶の間の顔に。その後数々の ドラマに出演するとともに、広瀬すずや吉岡里帆などが務め、次世代女優の登竜門と言われている「ゼク シィ」10代目CMガールに抜擢。他にも多数のCMに出演し、来年には映画の公開も控える今年期待大の若手女優だ。
 中学の頃に起きたある出来事がきっかけで心を閉ざし、不登校気味になっている柴田茉希(しばた・ まき)には山本舞香。山本は昨年4月から『王様のブランチ』にレギュラー出演中。ドラマ『南くんの 恋人~my little lover』(2015年・CX)や映画「桜ノ雨」(2016年)で主演を務め、昨年公開された映画「ひるなかの流星」、「未成年だけどコドモじゃない」、「ブルーハーツが聴こえる」にも出演。 今年も「恋は雨上がりのように」、「SUNNY強い気持ち・強い愛」といった出演映画の公開が控えている注目の若手女優だ。
 陸上部に所属し、明るく元気な栗原渚(くりはら・なぎさ)役には朝比奈彩。2014年に三愛水着のイメージガールに選ばれ、ファッション雑誌「Ray」で専属モデルを務め、持ち前の明るいキャラクターでドラマやCMをはじめ、バラエティ番組のMCなど幅広く活躍している。また朝比奈演じる渚は、陸上部とチアダンス部を掛け持ちする体育会系な役どころ。朝比奈も小学校から高校まで陸上部に所属しており、まさにハマり役となりそうだ。
 そして、年下の兄弟たちのお守りをしながら実家の中華屋を手伝う苦労人の榎木妙子(えのき・たえこ)役には大友花恋。大友は2012年に女優デビュー後、『恋仲』(2015年・CX)、『こえ恋』 (2016年・TX)、『電影少女-VIDEO GIRL AI 2018-』(2018年・TX)など数々の話題作に出演。女優業の一方、「ミスセブンティーン2013」でクランプリを受賞し、ファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルも務めている。若手女優の登竜門と言われる「第95回全国高校サッカー選手権大会」 第12代目応援マネージャーに抜擢後、昨年は4作品のドラマに出演。映画「君の膵臓をたべたい」 (2017年)ではヒロインの親友を好演し、舞台「大きな虹のあとで~不動四兄弟~」ではヒロインを 演じるなど成長著しい若手女優だ。また大友も昨年4月から『王様のブランチ』にレギュラー出演している。
 さらに、受験を機にずっと続けてきたバレエの夢を諦めた現実主義者の橘穂香(たちばな・ほのか)を演じるのは箭内夢菜。箭内は「ミスセブンティーン2017」でクランプリを受賞。大友と同じく雑誌「Seventeen」で専属モデルとして活躍している。さらに、イミュdejavu 「塗るつけまつげ」をはじめ、 多数のCMに出演、CM業界も次世代のヒロイン候補として注目する期待の新星だ。そんな箭内は中学の頃、器械体操を経験しており、役柄とマッチした持ち前の柔軟性を披露してくれるだろう。
 また、日舞の家元の娘で感情を表に出すのが苦手な蓮実琴(はすみ・こと)を演じるのは志田彩良。 志田はファッション雑誌「ピチレモン」で専属モデルデビュー後、初のオーディションで初主演となった 映画「サルビア」(2014年)でスクリーンデビュー。その後、映画「わたしのまち」(2015年)でも主演を務め、映画「ひかりのたび」(2017年)では長編映画初主演、今年2月に公開された映画 「パンとバスと二度目のハツコイ」にも出演している。凛とした佇まいが印象的で、初の連ドラ出演で、 映画で磨かれた演技力が発揮されることが楽しみだ。

 今回発表された個性豊かな若手注目女優の7人が主演の土屋太鳳と一緒に「打倒JETS!全米制覇!」という“できっこない”夢を追いかけ、成長する姿を描く! 今年の夏、彼女たちがすべての人たちを応援する『チア☆ダン』にご注目ください!

 また、TBS×SPORTSの新しいスタイルを提供する動画サイト“Yeahhh!(ヤァー!)”と『チア☆ダン』のコラボが決定! 「チア☆ダンDANCE PROJECT」が始動する!
「チア☆ダンDANCE PROJECT」の詳細は後日発表となるが、その前に、第1弾動画となる“DANCE PROJECT「踊りたくてたまらない」編”の先行動画を公開。チアダンスを踊りたくてたまらない感情を 主演の土屋太鳳が表現している。

<第1弾“DANCE PROJECT「踊りたくてたまらない」編”>

追加情報

“バブリーダンス”で話題の
登美丘高校ダンス部キャプテン

伊原六花りっか
卒業後の初ドラマは
『チア☆ダン』に決定!
ドラマでも踊ります!!

伊原六花

 TBSでは、7月期の金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時~10時54分)で、昨年3月に公開し大ヒットした奇跡のような実話を基にした映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」の数年後が舞台となる『チア☆ダン』を放送する。主演は女優としての顔だけではなく、1人の表現者としても高く評価されている土屋太鳳が務め、映画とはまったく違うオリジナルストーリーが展開される。 土屋演じる主人公が通う高校のチアリーダー部の後輩役として、昨年の日本高校ダンス部選手権大会(ダンススタジアム)で荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」に合わせて“バブリーダンス”を披露し準優勝した、大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテン・伊原六花の出演が決定した。昨年YouTubeに投稿されたバブリーダンスの動画が約500万回再生されるなど話題が話題を呼び、「ダンシング・ヒーロー」を歌う荻野目洋子と共に『輝く!日本レコード大賞』(TBS)に出演、大晦日には『NHK紅白歌合戦』にも出演し、一躍社会現象を巻き起こした大阪府立登美丘高校ダンス部。この3月に高校を卒業した伊原は、これが芸能活動開始後初のドラマ出演となる。
伊原が演じるのは、土屋演じる主人公・藤谷わかばが入るチアリーダー部の後輩・麻生芙美。芙美は、人見知りな性格だったが中学時代からの友人に強引にチアリーダー部に誘われ、みんなと応援するチアの楽しさにふれ明るくなった。わかばたちがチアリーダー部と別れてチアダンス部を作ると、チアダンスへの憧れから入りたい気持ちを持つが、反発するチアリーダー部の先輩たちとの間で板ばさみになり、決心する事が出来ない。だが、次第にひたむきに踊るわかばたちの姿に心を打たれ、チアダンス部結成後初の1年生メンバーとなる…という役どころだ。

<伊原六花コメント>
Q.役者デビューの意気込みとドラマ出演決定について
初めてドラマに出させて頂くので、気合入っています! 物語が私のいたダンス部と似ているなと勝手に思っているところがあるので、自分が経験した事、ダンスで学んだ事をしっかり出せたらいいなと思っています。そして、大会の雰囲気が自分たちの経験と似ていると感じて何度も観て何度も大号泣した映画「チア☆ダン」。その作品に関われると聞いて大変うれしかったです。
いまはダンス練習漬けの毎日でお芝居の稽古はまだ始まっていませんが、土屋太鳳さんは練習でも一番前でいつも真剣に踊ってくださっていて、後姿を見ているだけですごいなって、すでに刺激をいただいています。ほとんどの出演者の方が先輩ですが、皆さんすごく優しくて、現場が本当に楽しいです。

Q.高校を卒業して、社会人デビューの感想
まだ本当にわからないことだらけなので、行く場所場所で聞いたりする事が全部新しく、私の中で今が一瞬で過ぎていっちゃうぐらい充実しています。すべてのことを1つ1つ謙虚な気持ちで、吸収して、今まで以上にもっともっと頑張りたいなと思っています。

ドラマ概要

幼い頃に強豪チアリーダー部「JETS」が初の全米優勝を果たした演技を見て憧れを持った主人公の藤谷わかば(土屋太鳳)が、将来は同部に入って全米優勝したいという夢を抱くが、JETSのある高校の受験に失敗。いつしかチアダンスさえ「自分には無理、できっこない」と考えるようになり、勉強も運動も中途ハンパな隣町の高校に入学し、弱小チアリーダー部で運動部を応援するだけの高校生活を過ごしていた。そんなある日、東京から来た強引な転校生・汐里(石井杏奈)に「私とチアダンスをやろう!」という思いがけない言葉をかけられる。その言葉がわかばのくすぶっていた思いに火を点け、かけがえのない仲間や教師と共に泣き笑い、成長し、「打倒JETS! 全米制覇!」というありえない夢を追いかけ全てをかけて挑戦する青春ストーリー!

みどころ

大ヒットした映画
『チア☆ダン』
の数年後…
”もう一つの奇跡の物語”が
7月期の金曜ドラマで描かれる!
主演GP帯ドラマ初主演となる
土屋太鳳に決定!!!

土屋太鳳

主演を務める土屋太鳳

 TBSでは、7月期の金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時~10時54分)で、広瀬すず主演で2017年3月に公開し大ヒット、顧客満足度96.9%(東宝調べ)を記録した映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』のドラマ化となる、『チア☆ダン』を放送することが決定した!
 映画は福井県立福井商業高校のチアリーダー部「JETS」が、2009年に全米チアダンス選手権大会で優勝した実話がもとになった作品で、チアリーダー部の女の子達と彼女たちを支えた顧問の絆と、全米大会制覇に向けて彼女たちが努力していく姿を描いた感動青春ストーリー。その後「JETS」は全米大会で通算7回の優勝を果たしている。
金曜ドラマ『チア☆ダン』の主演は、今年も数々の主演映画の公開が控えており、3歳から日本舞踊、クラシックバレエなどを習い、その類まれな運動神経で我々を度々驚かせている土屋太鳳に決定。
土屋はGP帯の連続ドラマ初主演となる。金曜ドラマ『チア☆ダン』は映画の世界観を引き継ぎ、そして「ありえない夢を追いかける」精神はそのままに、新たなオリジナルストーリーでお送りする。
 幼い頃に「JETS」の演技を見て憧れを持った主人公が、将来は同部に入りたいという夢を抱くが、いつしか「自分には無理、できっこない」と考えるようになり、隣町の勉強も運動も中途ハンパな高校のチアリーティング部に入部するところから物語が始まる。夢をあきらめて過ごす高校生活の中で、ある日、東京から来た強引な転校生に「私とチアダンスをやろう!」という思いがけない言葉をかけられる。その言葉が主人公のくすぶっていた思いに火を点け、かけがえのない仲間や教師と共に泣き笑い、成長し、『打倒JETS!全米制覇!』というありえない夢を追いかけ、全てをかけて挑戦する青春ストーリーだ。どこにでもいる平凡な少女らが、できっこない夢を追いかけ、それを支える教師の情熱によって共に成長していく姿は全ての人たちに熱い感動を与えてくれる。
今年の夏、夢に向かって頑張っている人、悩んでいる人、もがいている人、すべての人たちに本気のエールを送ります!

〝ありえない夢〟を追いかけ
つかもうとする少女たちの青春ストーリー!
今年の夏、すべての人たちを応援します!

<土屋太鳳コメント>
この物語は、チアダンスみたいに“みんなで全力を出していく”ことで、たくさんの大切な何かが紡がれていくドラマだと思います。なので、まずは全力を出し切ることを大事に、ダンス練習とドラマ撮影を頑張っていきたいと思います。そして、たくさんの方に見て頂ける時間帯ですので、すごく緊張感はあるのですが、その中で楽しい時間を感じて頂きたいと思っています。一緒にドラマを作らせて頂くみんなとその思いを共有し、「JETS」のようなチームワークを生み出して行けたらと思いますので、是非楽しみにしてください!よろしくお願いします。

登場人物

藤谷わかば(ふじたに・わかば)…土屋太鳳つちやたお
福井県立西高校に通う2年生。幼い頃に見た福井中央高校チアダンス部「JETS」の演技に感動し、将来は同部に入りたいという夢を持つが、いつしか「自分には無理、できっこない」と思うようになり、受験にも失敗し隣町の勉強も部活も中途ハンパな西高校に入学。それでもチアダンスへの想いを完全に断ち切ることが出来ず、チアリーダー部で弱小運動部の応援をしている。ある日、東京から来た強引な転校生・汐里に「私とチアダンスをやろう!打倒JETS!全米制覇!」というありえない言葉をかけられ、胸の中にあった想いに再び火がつきチアダンス部設立に動く。勉強は苦手でダンス技術も三流だが、一流の笑顔と天性の チアスピリットを持つ彼女は、チアダンスを通じて人を応援する楽しさに気づき、「どうせ無理」という 口癖を封印し、「できっこないをやってみる!」という姿勢に変わっていく。

桐生汐里(きりゅう・しおり)…石井杏奈いしいあんな
東京から引っ越してきた美少女。高校1年生の時に東京代表としてチアダンス大会に出場するも、汐里の ミスでJETSに敗れたという因縁から「打倒JETS」に燃え、福井西高校に転校してきた。JETSに負けた 時に失った自信を取り戻すことに必死であるが、それを周囲には見せないようにしている。人の悪い面が 気になるとつい、口に出してしまうタイプ。悪気のない猪突猛進さで、やや協調性に欠けるがやりたいことにはまっすぐ。

桜沢麻子(さくらざわ・あさこ)…佐久間由衣さくまゆい
わかばのクラスの学級委員を務めており、生徒会役員でもある。成績優秀で、この学校から一流大学を狙える期待の星。チアダンス部発足問題で、クラスの和を乱すわかばたちに口うるさく注意する。父親である 教頭、そして周囲の期待に応えるため、プレッシャーを感じながらも学業に勤しむが、実は勉強以外に本当にやりたいことを抱えている。

柴田茉希(しばた・まき)…山本舞香やまもとまいか
中学の時にある事件を起こし、それがきっかけで全ての人と距離を置くようになる。高校も不登校気味で 孤独に路上で踊っているところをわかばたちにスカウトされる。最初は無視していたが、諦めずに誘いに くるわかばたちに少しずつ心が揺れていく。

栗原渚(くりはら・なぎさ)…朝比奈彩あさひなあや
陸上部に所属している体育会系女子。わかばの足の速さに目をつけ、陸上部に誘い続けていたが、逆に わかばにチアダンス部に誘われチアダンス部に入部する。友達も多く、わりとあっけらかんとしたタイプ。人にダメ出しばかりする汐里としょっちゅう喧嘩になる。

榎木妙子(えのき・たえこ)…大友花恋おおともかれん
家が中華料理店。年下の兄弟たちのお守りをしながら、両親を助けるために最近は店を手伝うように。 父の作るまかない料理をつい食べ過ぎて、ダイエットのためにチアダンス部に入部する。ダンスは下手で、自分が足を引っ張っているのが分かるので、つい気を遣いがち。とにかく場を和ませようと変なフォローをするが、逆に怒られるタイプ。

橘穂香(たちばな・ほのか)…箭内夢菜やないゆめな
バレエの経験者。福井でバレエを習ったくらいではプロになれないと諦めて受験の道を選ぶ。冷静沈着な 現実主義者で、わかばや汐里のポジティブな行動には呆れつつもうらやましいと思うことも。中学から一緒である茉希の過去を唯一知っており、苦手意識を持っている。

蓮実琴(はすみ・こと)…志田彩良しださら
日舞の家元の娘。声が小さく、感情を表に出さないというか出せない。お喋りが苦手で人見知り。だから 友達がなかなかできず、わかばにチアダンス部に誘って貰えた時は本当にうれしかったが、感情が上手く 表現できないため、あまりそれが伝わらないタイプ。

コメント

<藤谷わかば役・土屋太鳳>
今年からダンス練習が始まっているのですが、初めて会う時はやっとみんなに会える! という気持ちでした。メンバーは船で例えたらクルーみたいに1人1人が大切な存在ですので、みんなと一緒に過ごす時間を大切にして、全力を出して良い作品を踏ん張って作って行けたらいいなと思っています。今まで一緒に共演させて頂いた出演者の方もいらっしゃるのですが、練習の時からどんな方達なんだろうと思っていて、まるで入学式前の学校説明会にいるような気持ちでした。みんなと一緒にたくさん踊りたいと思っています。

<桐生汐里役・石井杏奈>
今回演じさせて頂く汐里という役は、自分のチアダンスへの思いにみんなついてきて! とグイグイみんなを引っ張って行くリーダーです。なので、撮影までに役をきちんと作って挑みたいと思います! このドラマのみんなで同じ目標に向かって進んでいく姿は、きっと一生懸命に頑張っている人や、学生のみなさんの心に響く素敵な作品になると思うので、凄くワクワクしています!

<桜沢麻子役・佐久間由衣>
チアダンの出演が決まった時は、とても身に余る思いでした。チアダンスというのは、そもそも誰かを応援する、という素敵な競技で、チームの一員として参加できることも有難いです。ダンス自体に苦手 意識が強かったので、不安やドキドキもありますが、この作品を通して役を通して、誰かの為に踊るということをみんなと共に楽しんでいきたいと思います。足を引っ張らないよう精一杯頑張ります。

<柴田茉希役・山本舞香>
映画のチアダンを見させて頂いていたので、出演が決まった時はすごくうれしかったのですが、あんなに本格的なダンスが私にもできるかな、という不安がありました。でも、今みなさんと一緒にダンス練習をしていて、辛いことも一緒に乗り越えて仲良く作品に向かって行きたいと思っています。

<栗原渚役・朝比奈彩>
制服を着るのが凄く久しぶりだったので緊張しながらも、もうすぐ撮影が始まるんだなという実感が湧きました。チアダンの出演が決まった時は、率直にうれしかったです! ずっと学園ドラマをやりたいという気持ちがあったので、もうできないかもと思っていた時にオーディションの存在を知り、役を頂けたので凄く気合が入っています!

<榎木妙子役・大友花恋>
映画のチアダンが大好きで、とても感動した作品なので、チアダンのドラマがあるという事がまずうれしかったですし、その作品に自分も参加させて頂けると知った時はうれしくて驚きました! 夏に笑って泣ける、最高のお話を皆さんにお届け出来るように頑張ります!

<橘穂香役・箭内夢菜>
自分がチアダンという素晴らしい作品に出演させて頂けると知ってすごくうれしかったです。
私が演じる穂香はバレエが凄く好きな役で、私は器械体操をやっていて柔軟は得意なので、役に生かせるように全力を出して頑張りたいと思います。

<蓮実琴役・志田彩良>
出演が決まったと聞いた時はうれしすぎて、全く実感が湧かなかったのですが、今年に入りダンスの練習が始まり、他の出演者のみなさんと一緒にダンスを踊ることが楽しくて凄く実感が湧いて来ています。みなさんと一緒に作品を盛り上げて行きたいと思います!

<プロデューサー・韓哲>
昨年オーディションを行い、チアダンメンバー20人を選びました。すでに発表している主演の土屋太鳳さんに、今回発表した7人はドラマの核となるメンバーです。演技力はもちろん、ダンス経験、キャラクターとの親和性、厳しい練習に耐えられるかなどを総合的に判断して選んだこの世代の将来を担うだろう逸材ばかりです。昨年のチアダンス選手権全国大会を観戦し、これから演じ躍らなければいけない高みを体感し、今年に入ってからは週3回のダンスレッスンに励んでいます。 土屋太鳳さん、石井杏奈さんはダンスもお芝居も経験豊かで役柄同様すでにメンバーを引っ張ってくれる頼もしい存在です。佐久間由衣さん、山本舞香さんは成長著しい若手女優のホープですが、今回は難しい役所を演じてもらいますので更なる飛躍が楽しみです。朝比奈彩さん、大友花恋さん、箭内夢菜さん、志田彩良さんは、映画、モデル、バラエティとそれぞれ多方面で活躍していて、チアダンという連続ドラマの舞台でその才能がさらに開花することを期待しています。

ページトップへ