banner_AD

〜10人の脚本家と10組の名優が贈る、10の物語〜

2014年7月13日スタート日曜よる9時

インタビュー

堀北真希さん&遠藤憲一さん(第五話「ドブコ」出演)

10組の脚本家が10組の親子を描くドラマをやると聞いてどう思われましたか?

堀北真希さん (以下、堀北) すごく珍しいことだと思いますし、私自身他の作品がすごく気になります。

遠藤憲一さん (以下、遠藤) 10組って多いようで少ないですよね。その中の一人に選んでもらえて光栄です。でも役柄を知って 「なるほど」 と思いましたけど (笑)

「ドブコ」 の魅力はどんなところだと思いますか?

堀北
基本的に仲がいい親子だと思うんですよね。揉めたり喧嘩したりもするんですが、基本的にはすごく仲が良くって、家族全員に愛情があってあったかい。だけどお父さんが斬られ役なので、「死ぬ」 とか 「殺される」 なんてセリフがボンボン出てきて、そのギャップが面白いですね。女の子なのに 「ドブコ」 というあだ名がついているのは本人にとっては厳しい設定だと思うんですけど、あったかさとスパイスが効いている、その落差が面白いなと思いました。
遠藤
俺はホームドラマが大好きなので、このお話を頂いたときすごく嬉しかったですね。木皿さんの本って “はい、ここが泣かしどころですよ” というのがあまりなくって、さらっと読めちゃう。だけど、演じてみて 「ここ泣けるところなのに笑える、ジーンとする」 なんて気づくことが何度もありました。それからジメジメしていないのが木皿さんの本のすごいところで、それも演じながら発見していった感じですね。
正は普通の人にとっては突飛な役柄かもしれないけど、自分にとっては身近な役柄。でも自分と違うのは天真爛漫な部分かな。斬られ役・悪役ばかりやっていることに卑屈なところはまるでない。俺自身はもう少し死なない役もやってみたいなと思っていた時期もあったから性格的にはすごくうらやましい。娘のことを常にまっすぐに愛しているお父さんなので、読むだけであったかい気持ちになりました。

「ドブコ」 というタイトル名について

堀北
まさか自分のあだ名にお父さんが関係しているとは思わなかった (笑)。でももし自分があんなあだ名つけられたら嫌ですね。
遠藤
読んでからその意味がわかりましたけど、いいタイトルだなと思いました。連続ドラマになってもいいくらい (笑)。広がるよね、お母さんをクローズアップしても面白いし、一話だけはもったいないなと思いますね。

お二人は再共演ですが、ご一緒してみていかがですか?

堀北
久しぶりに共演させていただきますが、今回もすごく楽しくやらせていただいています。どっしりと構えていてブレないので頼りにしています。
遠藤
真希ちゃんとは4〜5年ぶり?圧倒的にきれいになりましたね。年とともにどんどん綺麗になっています。でも基本どっしりとしているというかマイペースなところは全く変わってない。気を遣って対応してくれたり、そういうところは大人になっているんだけど、基本動揺しない部分は変わらないですね。無欲さ、こうなりたいという変な欲がないところは尊敬できるし素晴らしい。俺にないものをいっぱい持っている人ですね。

今回の役柄に共感できる部分、また難しかった部分は…?

堀北
親友の男の子がいる設定なんですけど、私はあまり男友達はいないので、男女の友情、その距離感の取り方が難しかったですね。
遠藤
「ビビリのくせに」 と娘から言われるんですね。俺も役柄的に銃を使う場面が多いんだけど、火薬も高いところが苦手で (笑)、なのに斬られ役や悪役をやっているところが似ているかな。今回も撃たれる場面があったんだけど、すごい火薬を気にしました (笑)

視聴者の皆様にメッセージをお願いいたします。

堀北
「ドブコ」 という話は笑えるところがたくさんある一方で、大事な家族の絆の部分も描かれていますので、みなさんに見ていただけたらきっと心が温かくなると思います。是非ご覧ください。
遠藤
以下同文です (笑)。二人の親子っぷりをぜひ楽しみにしていてください!

日曜劇場『おやじの背中』公式SNS

(外部のサイトへ移動します。)

公式Twitter


このページの一番上へ