危険なビーナス

インタビュー 永峰 杏梨 役 福田 麻貴さん(3時のヒロイン) インタビュー 永峰 杏梨 役 福田 麻貴さん(3時のヒロイン)

——ドラマのオファーがあったときは、どう思われましたか?

ギリギリまでドッキリだと思っていました。台本をもらって初めて「これはガチかも」って(笑)。しかも初めてのレギュラードラマ出演が日曜劇場っていうのは、おかしいです。おかしい人生です(笑)。占いで3年ぐらい前に「3年後、神様からプレゼントがあります」って言われたことがあったんですが、このことでした(笑)。こんな幸運なこと、もうないと思います!

——3時のヒロインのメンバーは何かおっしゃっていましたか?

かなでちゃんはもともと演技の学校に行って女優志望から芸人になった子なんです。だから「めちゃめちゃ嫉妬してます!」とはっきり言われました(笑)。でも、かなでちゃんからはお芝居のアドバイスをもらったり、私が関西弁なので標準語を教わったりしています。ゆめっちは「えぇ〜、すご〜い!」っていう反応でした(笑)。

——そして演じるのが康治の専属看護師、永峰杏梨。どのような女性ですか?

杏梨さんは一見、普通の人なんですけど、哀愁があって、いろいろなものを背負っている女性です。看護師という役どころについては私、手先が不器用で。細かい仕事をする際、手がおぼつかなくて大変なときがあります(笑)。

——実際に撮影の始まる前と後では何か変わりましたか?

撮影が始まる前までは、不安が大きかったですね。ドラマの撮影現場は、殺伐したものだと思っていたので。でも妻夫木さんや吉高さん、戸田さんや田口さんが本当に優しくしてくださったんです。だから緊張もほぐれ芝居に集中することができました。

——監督やプロデューサーから何か指示はありましたか?

それが、ほとんど指示がないので怖いんです。最初の衣装合わせのとき「どんな役なんですか?」って聞いて話をしたのですが、それ以降、現場ではとくに指示はなくて。撮影が終わるたびに「大丈夫なのかな?」って不安に思っています。

写真

——ドラマの現場とバラエティーの現場は、やはり違いますか?

全然、違います。ドラマの現場のほうが緊迫感もありますし、収録もとても長くて。ひとつのシーンを撮るのに、コント番組の3倍ぐらい時間をかけて撮っているんじゃないかってぐらい。あとは稽古があると思っていたので、ないことにびっくりしました。セリフを覚えて、芝居もイメージしてから現場に入るんですけど、リハーサルをしてすぐに撮っていくドラマの撮影スタイルはとても新鮮です。

——妻夫木さんと共演されての感想を教えてください。

妻夫木さんは謙虚な姿勢の方だったので驚きました。なのに存在感がすごくて。すれ違うときにも絶対、にこって会釈してくださるんです。格好が良くて、顔も小さくて、すらっとしていて「ほれてまうやろ〜!」って感じですね(笑)

——吉高さんと共演されての感想も教えていただけますか?

最初に「はじめまして。吉高由里子です」って挨拶してくれたんです。でも実は、バラエティーでご一緒したことがあって。そのとき、私は大勢のひな壇の中の1人だったんです。それをぱっと思い出されて「はじめましてじゃないよ!一回会ってますよね」っておっしゃってくれたことが、とてもうれしくて。だって私がまだ何者でもないときにお会いして、覚えてくださっていたんですから。友だちに「吉高由里子さん、めっちゃいい人!」ってすぐにメールをしました(笑)。

——ドラマをご覧になる視聴者の方たちにメッセージをお願いします。

この作品はびっくりすることばかりだと思うので、その展開のひとつに私もなれるよう一生懸命頑張っています。物語の空気を壊すことなく、視聴者の方たちが感情移入できるような杏梨になれればと思いながら演じています。ぜひご覧になってください。

Back Number

  • 矢神 波恵 役 戸田 恵子さん
  • 手島 一清 役 R-指定さん(Creepy Nuts)
  • 矢神 佐代 役 麻生 祐未さん
  • 支倉 百合華 役 堀田 真由さん
  • 永峰 杏梨 役 福田 麻貴さん(3時のヒロイン)
  • 蔭山 元美 役 中村 アンさん
  • 矢神 明人 役 染谷 将太さん
  • 矢神 勇磨 役 ディーン・フジオカさん
  • 矢神 楓 役 吉高 由里子さん
  • 手島 伯朗 役 妻夫木 聡さん

このページをシェアする

Back to Top