危険なビーナス

はじめに INTRO

東野圭吾の傑作ミステリーで妻夫木聡が16年ぶりに日曜劇場主演!吉高由里子演じる“謎の美女”と30億円の遺産をめぐる壮大な謎解きに挑む!初共演の2人が繰り広げる“危険”なラブサスペンス!

写真

TBSでは、2020年10月スタートの日曜劇場枠で、妻夫木聡主演の『危険なビーナス』を放送する。
原作は多くのベストセラー作品を生み出している東野圭吾の同名小説。ある失踪事件をきっかけに、主人公が謎の美女と共に遺産をめぐる名家の争いに巻き込まれていく壮大なスケールのミステリー。東野の小説が日曜劇場でドラマ化されるのは、『新参者』(2010年)以来10年ぶり。東野ミステリーといえば「引き込まれる世界観」「緻密なトリック」、そして「魅力的な登場人物たち」で多くの読者を魅了している。だが本作はそれだけではない。誰もが驚く「ラストの大逆転」もみどころのひとつ。そんな東野ワールドの脚本を担当するのは『グランメゾン東京』、映画『キングダム』などの話題作を多数手がける?岩勉。東野作品の個性的なキャラクターを連続ドラマならではのスリリングな手法とタッチで描いていく。

主人公の手島伯朗(てしま・はくろう)を演じるのは、妻夫木聡。数々のドラマや映画に出演し、名実ともに日本を代表する俳優の妻夫木だが、TBSの連続ドラマで主演を務めるのは2004年4月期の日曜劇場『オレンジデイズ』以来。正義感が強く、ウソのつけない独身獣医師だが、困っている女性にめっぽう弱いという一面も併せ持つ。

そして、伯朗の前に突然現れる“謎の美女”=矢神楓(やがみ・かえで)役は、吉高由里子。TBSの連続ドラマは2019年4月期の『わたし、定時で帰ります。』以来で、妻夫木とは今回が初共演。ドラマだけでなく映画、CM、舞台と多ジャンルで活躍する吉高が、本作では明るく聡明な女性ながら、どこかミステリアスな影を持った女性を演じる。

妻夫木聡と吉高由里子、初共演の2人が東野ミステリーで魅せる絶妙なコンビネーションに、ぜひご注目いただきたい。

伯朗は、楓の“危険な”魅⼒に翻弄されていく

物語の発端になるのは、伯朗の弟・明人の失踪。伯朗にとって明人は異父弟。母が名家「矢神家」の御曹司と再婚してから生まれた弟だ。母の死後、矢神一族とは疎遠になっていた伯朗だが、突然現れた「弟の妻」を名乗る楓から失踪した明人を一緒に捜して欲しいと頼まれる。矢神家直属の血を引く明人は、総額30億とも言われる遺産の相続権を持つ。現当主が危篤状態に陥ったことで、遺産を狙う親族の誰かがさらったのではと楓は疑っているのだ。
美人に弱い伯朗は楓を放っておくこともできず、共に明人の行方を追うことになる。それが巨額の遺産が絡んだ矢神家の争いに巻き込まれていくとも知らずに。そんな中、伯朗は「弟の妻」である楓の魅力に次第に惹かれていき…。

弟の失踪は、「矢神家」の
誰かの仕業なのか?
そして、謎の美女は本当に
「弟の妻」なのか…!?
壮大な謎と人間の欲望が絡み合う
“危険な”ラブサスペンス!!

このページをシェアする

Back to Top