戦評:2016リオデジャネイロオリンピック バレーボール世界最終予選

《女子戦評》

女子WOMAN
【戦評】

5月17日(火):韓国戦

JPN
1 { 
26-28
17-25
25-17
19-25
 } 3
KOR
ペルー、カザフスタンに勝利し、迎えた第3戦の相手は韓国。
リオデジャネイロ五輪出場権獲得に向けて、絶対に落としたくないアジアのライバルだ。

エース、#10キム・ヨンギョンを中心にダイナミックなバレーを展開する韓国に対し、日本はいきなりその#10キムをブロックする幸先のよいスタート。
レシーブで粘りチャンスを見出し攻撃につなげ得点を重ねる。
古賀のスパイク、荒木のブロックで追加点を奪うと日本のリズムでバレーを展開。
しかし、韓国も#4キム・ヒジンのサービスエースなどで追い上げるが、すかさず木村が得点し8-5と3点リードでファーストテクニカルタイムアウトを迎える。
しかし、そこから韓国が追撃開始。#10キムの強烈なスパイクや#14ヤン・ヒョジンのブロックやクイックで加点、11-11と同点となり一進一退の攻防に。

#4キムが強烈なサーブで得点を奪うと、日本はレシーブで粘り木村が技ありのスパイクで得点、長岡もライン際に鋭く決まるスパイクや強烈なバックアタックをコートに突き刺し連続得点を奪う。
互いに譲らず、ジュースにもつれ込むと手に汗握る攻防が続き、
韓国は#10キムのスパイク、#11キム・スジのブロックで得点、1セット目は韓国が先取する。
1セット目は、韓国がサービスエース3本に対し、日本は0本。
サーブで攻めたほうが有利に試合を運ぶことができる——。

第2セットも持ち味の強烈なサーブで攻める韓国、#13パク・ジョンアのサーブで連続得点を奪うとリズムをつかむ。
なんとか流れをつかみたい日本は好調の長岡を軸に攻撃を組み立てる。
荒木も気迫のスパイクで得点するが、競り合う展開から、またしても韓国 #4キム・ヒジンの強烈なサーブが日本コートに突き刺さり、逆転を許す展開に。
そこで木村がブロックポイントで流れを手繰り寄せるが、痛いミスも出て韓国有利のまま試合が進み、セットポイントも韓国にサービスエースを奪われ、セットを落とす。
なんとか巻き返しを図りたい日本。サイド陣を入れ替え、スタメンに鍋谷、石井を起用。
リベロは2セット目後半から丸山に交代、ムードを一変させると、鍋谷のスパイク、石井のフェイントで得点し、サーブで攻め8-4とファーストテクニカルタイムアウトを日本リードで迎える。あとがなくなった日本は、石井が思い切りよく攻め得点を奪うと、島村も力強いスパイクで得点、鍋谷も韓国のブロックを利用した攻撃で加点、「絶対にこのセットを取る、自分が入ったら雰囲気を変えたいと思っていた」と強い気持でコートに立った途中出場の迫田のサーブで連続得点を奪うと、その流れのまま日本がリードを保ち、セットを奪い返す。

第4セットも同じ布陣で挑んだ日本。しかし韓国は#10キム・ヨンギョンのフェイントや?キム・スジのブロックポイントなどでリズムをつかみリードを奪う。あとがない日本も、長岡のスパイク、宮下のサービスエースで得点を奪うと、荒木、長岡のブロックでポイントを奪い競り合う展開となるが、またしても#4キムのサーブで苦しめられる展開に。
迫田がバックアタックで得点するなど追い上げるが、韓国の多彩な攻撃の前に流れを呼び戻すことができず初黒星を喫した。日本は明日、タイと対戦する。


眞鍋政義監督
「立ち上がり、韓国のサーブにやられ、サーブレシーブが崩されたのが一番の大きな敗因だと思います。
(韓国の4番のサーブに関して)今日は特に人と人の間に打ってきて、サーブレシーブが崩されたと思います。
逆に、日本のサーブ効果率が低かったのは、狙い過ぎだと思います。
この1、2戦サーブはよかったものですから、前半は強く打つようにと言っていたので、それがミスにつながったと思います」

迫田さおり選手
「悔しいです。途中からコートに入り、絶対にセットを取る気持でいきました。
途中から入って、コートの外から見ていても少し雰囲気が静かだったかなと感じたので、
自分が入ったら明るく元気に勢いよく行こう、雰囲気を変えようと思っていました。
今日は負けてしまいましたがまだまだ大会は続いていますし、明日は大事なタイ戦なので、
しっかり反省しつつ、明日に気持を切り換えて臨みたいと思います」

鍋谷友理枝選手
「今までピンチサーバーでしたが、初めて前衛で入って、緊張しましたが、チームのために思い切りやろうと思いました。
とにかく流れを変えたいと思って入って、流れをよくしたいと思いプレーしました。
リオの出場権がかかっているので、一つも落としたらいけないと思っていたので、悔しいです」
TBSバレブー
公式SNS
※外部サイトへ移動します
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.