あらすじ

第7話 2012.9.2 ONAIR

イメージ

速水(向井理)遥(尾野真千子)の前で、稜ヶ岳診療所を閉鎖することを決断した倉木(時任三郎)沢口(松重豊)にはメールで報告し、小山(笹野高史)にも話そうとするがなかなか言い出せない。

桃花(本田望結)の新学期のために、皆より一足先に下山するあかり(小池栄子)は、山を降りたら離婚することを決意する。しかしそんなところへ、あかりの夫・優太(長谷川朝晴)が、フラフラになりながら山荘にやってきた。父親に会いたかった桃花は喜ぶが、あかりは嫌そうな顔を隠さない。翌日、桃花と二人でピクニックに行くことにしていたあかりだったが、「パパも一緒じゃなきゃイヤだ」という桃花の訴えを聞き入れて、優太とガイド役の小山を加えた4人でピクニックへ行くことに。山中で、桃花を笑わせようと優太がおどけてスキップをすると、足が絡まりよろめいて…。

イメージ

東京の明慶大病院では、「稜ヶ岳診療所の閉鎖について」という会議のレジュメを見た高井(佐藤二朗)が唖然とし、沢口に抗議する。しかし倉木が決断したということを知って、高井は山荘に電話を掛けて井上(山崎樹範)に診療所閉鎖のことを伝える。倉木や小山が居ない中で、井上が山荘のメンバーに報告すると、皆は速水に意見を求める。