あらすじ

第6話 2012.8.26 ONAIR

イメージ

沢口(松重豊)から「稜ヶ岳診療所を閉鎖するか、存続させるか」の決断を託された倉木(時任三郎)は、空いた時間を利用して山荘を目指す。

一方、勉強のため診療所に来ている医学生の木野(菅田将暉)が、1人で薬のチェックをしているところへ、膝を擦りむいた登山客がやってくる。木野は、治療するために速水(向井理)を呼びに行こうとするが、その登山客は急いでいて簡単な治療でいいからと頼み込み、木野が処置をすることに。そこへ、速水やあかり(小池栄子)、医学生の村田(小澤亮太)真子(能年玲奈)らがやってくる。無免許医が治療すると違法行為になるため注意する速水とあかりに対して、医学生らは簡単な処置だったら、自分もやってしまうかもしれないと言う。

イメージ

都会の病院の医師不足や看護師不足を解消し、ひとりでも多くの患者を診察しようと考える沢口と同じように、山の診療所に疑問を持ち始めていた木野は「速水先生や倉木先生は、都会の病院で多くの命を救ったほうがいい。自分も下山して父親の病院を手伝ったほうが勉強になる」と言い放って出て行こうとする。
山荘を出て行くことを決意した日の夜、遥(尾野真千子)から「山の景色を見て、もう一度考えてみて欲しい」と言われ、翌朝、木野は遥に勧められた山へ行こうとするが、小山(笹野高史)から風が強いからと止められる。だが、村田と真子を誘って山へと向かう。
小山の予測が外れたかと思った矢先、突風が吹いて真子の帽子が飛ばされる。帽子が崖から落ちる寸前で掴んだものの、再び吹いた突風でバランスを崩し、木野は崖下に落ちてしまう。真子から報告をうけた速水と倉木が現場へと向かう。
そして、そんな木野たちに、過去に稜ヶ岳で起こった事故について倉木が明かしたこととは…