撮影日記

vol.39

応援ありがとうございました!

2012.9.23

「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」最終回はいかがでしたでしょうか。
小山さんの手術も成功し、一度閉鎖されてしまった診療所も、速水先生の尽力で、もう一度開くことが出来ました!

イメージ
サプライズ成功!

驚きを隠せない倉木先生と遥さん。でも、再会は本当に嬉しいです!
診療所を閉めたあの日、二人笑顔で手を振って別れたのは、ついこの間のことのよう、次に会えるのはドイツ留学から帰ってくる3年はかかると思っていたのに…

イメージ
がんばってきてくださいね

この別れのシーンは、先日の日記でちょこっとご紹介しています、3,000m級の山で撮影しました。機材を運びつつ登った山、そこから更に稜線沿いに、出演者もスタッフも進んで行きます。このときはまだ8月の終わり頃で、たくさんの登山者がいらっしゃいました。すれ違うたびに挨拶をしますが「見てます」と言ってくださる方、また「このドラマを見て、山に登ってみようと思いました」とおっしゃってくださった方がいらっしゃって、本当に嬉しかったです!決して無理はしないで「山のしおり」も参考にしていただいて、登山を楽しんでいただければ本当に本当に嬉しいです!

イメージ
大行列でお邪魔しました!

お互いの未来を見据え、明るく手を振る遥さん…
尾野さん「ちょっと前に流行った、あのドラマの再現したい!」
ちょっと遊び心がうずいてしまった尾野さん、とてもかわいらしかったです!一体なんのドラマだったかと言うと…’91年に大ヒットしたドラマで、流行語にもなっていました。うーん、懐かしい☆

イメージ
何のドラマでしょう?

天空での別れ、でもそれは再会の約束でもあったんです。
それでは、時任三郎さん、尾野真千子さん、向井理さんのオールアップコメントです!


小山遥役 尾野真千子さん

イメージ

山に登ったり大変でしたが、ずっと笑っていられたのでとても幸せでした。たくさんご迷惑もおかけしてしまい、すみませんでした。でも、気持ちよく遥を演じさせていただきました。どうもありがとうございました!

倉木泰典役 時任三郎さん

イメージ

大変なときもありましたが、本当に楽しい現場でした。暑い夏に避暑に行くかのごとく、山に行かせていただき、仕事にも係わらず写真ばかり撮っていました(笑)。皆さんもケガもなくて良かったです。いい夏休みを過ごさせていただいたような感じです。ありがとうございました。

イメージ

丸3ヶ月間、山の撮影から始まりましたが、自然の中で演じることが出来て本当に良かったです。あっと言う間といえばあっと言う間でしたが、暑い夏に大きなケガもなく同じメンバーでやり遂げて、最終日を迎えられたのは本当に嬉しいです。雰囲気のいい現場を心がけていましたが、いい作品を作るために意見をぶつけあうことは当たり前のことですし、終わって最後に笑っていられる現場というのが、いい現場だと思っています。いい作品を作れるのはスタッフの頑張りです。最後、みんなが笑ってくれていたのが本当に嬉しいです。どうもありがとうございました。

通常オールアップのとき、スタッフが出演者の皆さんに花束や記念品を渡します。しかし向井さんはこのコメントのようにスタッフの頑張りに感謝してくださって、みんなにお花をプレゼントしてくださいました!本当にサプライズで、ここまで頑張ってきたスタッフ、努力が報われました。

それぞれが1年前とは違う道を歩いていますが、そこには同じ山があります。速水先生にとって医療の原点、そして前に進むための転換地ともなった稜ヶ岳。もう一度この地で開いた診療所、倉木先生が30年にわたり守ってきたように、次は速水先生が、そして仲間たちがこの先もずっとずっと守っていってくれることでしょう。
速水先生、遥さん、そして山の仲間たち、東京の先生たち、すべての人たちにたくさんのメッセージを送ってください。
「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」、ご覧いただきましてありがとうございました!

イメージ
ありがとうございました!