あらすじ

第5話 2012.8.19 ONAIR

イメージ

速水(向井理)の婚約者・光香(市川由衣)が高山病のため山道で倒れ、診療所に運び込まれた。光香は、速水が以前、沢口(松重豊)から打診されたものの、山の診療所のために断っていたドイツ留学の資料を渡すために山へ来たと明かす。それを聞いた速水は、診療所が閉まった秋から前向きに考えると返答し、明日には下山するようにと光香を優しく諭す。
恋人の野村(戸次重幸)から山荘に何度も電話がきた遥(尾野真千子)が光香の下山に付き添うことになった。そして遥は、病院の経営をしている野村と再会する。

イメージ

看護師のあかり(小池栄子)と共に、山荘にいる娘の桃花(本田望結)は、父親の誕生日に、父親が探している「星の石」を渡したいと1人で山へ行ってしまう。桃花がいなくなったことで、慌てた山荘のメンバーたちは山へ。岩陰で号泣する桃花を木野(菅田将暉)が見つけると、桃花の手が…。
一方、倉木(時任三郎)は、都会の病院の医師不足や看護師不足を解消し、一人でも多くの患者を診察するため大病院に人材を集中させようと考える沢口から、山荘の診療所を閉鎖するか存続させるかを決断するよう託される。