スタッフインタビュー

広告宣伝 磯谷昌宏さん

『家族狩り』のポスターデザインはどのように決定しましたか?

最初『家族狩り』というタイトルを聞いて物凄い衝撃を受けました。 ポスターを作るにあたってこの圧倒的すぎるタイトルと調和する絵柄をどうしようかということで、決しておどろおどろしくなく、荘厳だけど暗すぎず、美しいものにしたい。
まずこの普遍的な“家族”というキーワードから、包み込むもの、救いの象徴として翼をモチーフにしてみたらというアイデアがありました。ただ、古臭いイメージにはしたくないということで、羽根のひとつひとつをガラスのように表現することで、光と影、脆さといった負の要素も加えてみようと思いました。カラーは今年春夏の流行色のダズリングブルーにして、金色の家族狩りが映えるようにしました。若い人にもみてもらえるようにスタイリッシュに仕上がったと思います。

キャッチコピーに“問題作”と付けた理由をお聞かせください。

「問題作」ですが、もちろん視聴喚起の意味でポスターのなかで大きくデザインしているのですが、「衝撃作」では薄っぺらすぎる、「自信作」ではあるものの自分でいうのは美しくないということで、おそらく今まで何人もの人が挑戦しようとしてなされなかったこの作品を初めて映像化するというインパクト、これはTBSでしか成し得ない自信作である、家族の問題を描くといった意味合いを全部ひっくるめて、どうだという思いを「問題作」という文字に込めました。

スペシャルコンテンツ

グッズ発売中!

PAGE TOP