インタビュー

イメージ

07家入レオさん陣中見舞いコメント(榮倉さん、家入さん)

10月下旬、主題歌「Silly」を歌う家入レオさんがスタジオに陣中見舞いに!
緊張気味にスタジオに入ってきた家入さんを、笑顔と大きな拍手で迎え入れる『Nのために』チーム!フレンドリーなチームの表情に、家入さんの緊張も少しほぐれた様子でした。「毎回ドキドキしながら拝見してます」という家入さんの言葉が、今後の撮影への活力になりました。

榮倉奈々さんと家入レオさんお2人のコメントをいただきましたのでご紹介いたします。

まず、「Nのために」ご覧になっていかがですか?

家入:純愛ミステリーということで普通のミステリーよりももっと色々なことを感じさせていただいてます。毎週楽しく拝見させていただいています。

榮倉さん、家入さんが歌う主題歌「Silly」の印象は?

榮倉:実はこのドラマは1〜3話まで(順番が)バラバラに撮っていたので、当初みんなのイメージがなかなかつかなくて、探り探りだったんですね。そんな中、「Silly」を聞かせてもらって、それで自分の中で一本ドラマのラインができた気がします。その後、1話ができて、「Silly」が入ったのを見て「なるほどこういうドラマだったのか」と、みんなのイメージがやっと一致したんです。それくらい音楽って大切なもので、『Nのために』の世界観を作るには、すごくぴったりでキレイな音楽を作ってもらえたなと思っています。

家入:ありがとうございます!

出演者の方も家入さんの曲を聞いてイメージされたりしてるんでしょうか?

榮倉:だと思います。みなさん、「Silly」を口ずさんでますよ。頭から離れないですね。

家入さんは原作を読まれたそうですが、実際にドラマを見て登場人物のイメージなどいかがでしたか。違いはありましたか。

家入:本当に原作を読んでの書き下ろしだったんですけど、どういう感じでドラマと合わさるのかなっていう思いがあってドキドキしていたんですが、それを遥かに超えるドラマで、「すごいな、曲ってタイミングやドラマの画で、毎回印象がガラッと変わるんだな」と感じまして、また新たな「Silly」の側面を見させてもらいました。

まだまだ撮影が続きますが、お互いエール交換をお願いします。

家入:榮倉さんは同じ事務所の大先輩で、頑張っていらっしゃるというお話はよくお聞きするんですけど、私ももっともっとストイックに頑張らないといけないなと力をもらっていますし、ドラマの現場にこうして足を運ばせていただいて、榮倉さんはムードメーカーで現場を引っ張っていらっしゃる方だと、こんな私でもすぐわかるくらいなので、見習って私も素敵な大人になれるよう頑張ります。

榮倉:ありがとうございます!
でも、私からしたら家入さんのほうがストイックで、私も家入さんの頑張っている姿を色んな方から聞いているんですよ。また同じ作品でお仕事ができたらいいですよね!私も頑張りたいと思います。

イメージ

PAGE TOP