インタビュー

イメージ

04小出恵介さん

湊かなえさんの原作について

『夜行観覧車』をはじめ、他の映画や原作も拝見していました。今回もサスペンスですし、それに加えて今回若者がメインに登場してきて、青春というか、人間ドラマ的要素も強いと感じたので、撮影が始まるのを非常に楽しみにしていました。

出演が決まったときの感想は?

ドラマが久しぶりだったので単純に嬉しかったですね。『夜行観覧車』も面白いと思っていたので、同じチームに今回自分が参加できることも楽しみでした。

台本を読んでどんな役作りを?

イメージ

「留年していて作家志望」と具体的に書かれているのでイメージしやすいし、台本をすでに何冊もいただいているのでやりやすいですね。台本では西崎の過去も描かれていますが、自分が不倫していく背景が書かれていて演じやすいと思いました。西崎は過去を含め色々と抱えている人物で、女性に対して屈折した部分もあると思うので、そんな部分を表現できればと思っております。

純愛ミステリーについて

『Nのために』というくらいですから、それぞれに大事な人がいてその人のために悪いことをするというのが出てくるんですね。でもミステリーの部分も多くて、読んでいて自分も知りたくなるし、わからなくなることも多い。そこらへんが面白いです。

共演者についてはいかがですか?

榮倉さん、賀来さん、窪田さんはじめ、今回初めて共演させていただく方が多いですが、とても楽しくやらせていただいてます。三浦さんとも初めてで、初日にヘビーなシーンを撮ったんですが、すごいオーラを感じて刺激を受けながら撮影しております。榮倉さんは本当明るいというか朗らかでイメージ通りの方。まだ撮影が始まって間もないですが、スムーズにいい雰囲気で進んでいると思います。

楽しみにしているシーンは?

イメージ

自分たちが下宿している“野バラ荘”での、杉下希美(榮倉さん)や安藤望(賀来くん)とする他愛のない会話シーンが10ページもあってかなり長いシーンになりそう。セリフも不安だし、長すぎてカットしてくれないかと思っています(笑)。「一連(長回し)でやります」と言われないようにむちゃくちゃな動きをしようかな(笑)。でも学生っぽいくだりは今後多く出てきそうなので楽しみですね。

小出さんは過去にそのような経験はありますか?

作品ですとか役に対して、自分というものを時におざなりにする瞬間はありますね。僕は学生時代バスケ部だったんですが、運動をやってるとチームのためにとか、「one for all, all for one」という言葉があるんですけど、自分を犠牲にしてチームのためにとかいう、そういうのはありますけどね。

このドラマの見どころをお願いします。

ご存知の通り『夜行観覧車』を継ぐようなテイストの中、新たに青春群像的な要素も加わり、非常に見応えがあるドラマだと思います。自分も不倫をやらせていただいたりとか殺人も絡んできたり、サスペンスの方にも入っていきます。不倫役は初めてなので思いっきり汚れてみたい。期待していてください。

イメージ

PAGE TOP