《出場チーム》

男子MAN

【ヨーロッパ大陸予選枠】ポーランド/POL

世界最終予選枠
[FIVB世界ランキング2位・ヨーロッパ大陸予選3位]

ポーランドのバレー熱は高く、その歴史も長い。1949年の第1回世界選手権に出場して4位と健闘したあと、1970年代に入ると黄金時代を築き、1974年の世界選手権、1976年のモントリオールオリンピックで金メダルを獲得。
トマシュ・ボイトビッチを擁し、バックアタックを世界に広めたと言われている。
2000年代以降は国内リーグの活性化にともなって、ナショナルチームも強化。
2006年の世界選手権で32年ぶりに表彰台に立つと、2009年にはヨーロッパ選手権を制覇。
元フランス代表のエースだったステファン・アンティガ監督を迎え挑んだ2014年の世界選手権ではカロル・クウォスやミハウ・クビアクを擁して40年ぶりの戴冠を果たした。
同大会MVPのマリウシュ・ヴラズウィは代表を引退したが、そのハードワークを惜しまないタフなバレースタイルは各国の驚異の的だ。

OP=オポジット、WS=ウィングスパイカー、MB=ミドルブロッカー、S=セッター、L=リベロ、U=ユニバーサル
No.
選手名
Pos.
誕生日
身長
体重
Spike
Block
1
ピヨトル・ノバコフスキ
MB
1987.12.18
205
90
355
340
3
ダビト・コナルスキ
OP
1989.8.31
198
93
353
320
4
ヤクブ・ヤロシュ
U
1987.2.10
195
84
353
328
5
ボイチェフ・ジャリンスキ
WS
1988.1.8
195
88
340
330
6
バルトシュ・クレク
OP
1988.8.29
205
87
352
326
7
カロル・クウォス
MB
1989.8.8
201
87
357
326
8
アンジェイ・ブロナ
1988.12.27
205
95
350
265
9
ルカシュ・ビスニエフスキ
MB
1989.2.3
198
96
345
323
11
ファビアン・ジズガ
S
1990.1.3
196
90
325
304
12
グジェゴシュ・ウォマチ
S
1987.10.1
187
80
335
315
C13
ミハウ・クビアク
WS
1988.2.23
191
80
328
312
15
ピヨトル・ガシェク
L
1978.9.16
185
78
325
305
17
パベウ・ザトルスキ
L
1990.6.21
184
73
328
304
18
マルチン・モジジョネック
MB
1985.2.9
211
93
358
338
20
マテウシュ・ミカ
WS
1991.1.21
206
86
352
320
21
ラファウ・ブシェク
WS
1987.4.28
194
81
345
327
22
バルトシュ・ベドノシュ
1994.7.25
201
84
350
315
23
マテウシュ・ビエニエク
MB
1994.4.5
210
98
351
326
24
パベウ・ボイツキ
S
1983.6.29
183
80
330
305
25
アルトゥル・シャルプク
WS
1995.3.20
201
93
350
335
Team manager
フベルト・トマシェフスキ
Head coach
ステファン・アンティガ
Assistant coach
フィリップ・ブラン
2nd Assistant coach
ボイチェフ・ヤナス
Doctor
ヤン・ソカル
Therapist/Trainer
パベウ・ブラント
TBSバレブー
公式SNS
※外部サイトへ移動します
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.