1996年12月9日〜1997年10月27日(全43話

あらすじ:

第 12345678910111213141516171819202122
232425262728293031323334353637383940414243 話

第16話(1997年4月14日放送)

 黄門さま(佐野浅夫)一行は中津へ。この土地は傘作りが盛んで、黄門さまはそれを見学することを楽しみにしていた。
 黄門さまは廻船問屋大黒屋の娘お久美(もりめぐみ)と知り合った。大黒屋は一年前の不審な船火事で、死んでしまっていたが、お久美は火事で身寄りをなくした子供たちを引き取り、一緒に傘作りをして暮らしていた。黄門さまは、お久美の優しい人柄に感心する。
 ところで、次席家老の滝沢左門(小林勝彦)が廻船問屋今津屋(二瓶鮫一)、やくざの鱶蔵(ふかぞう・山本昌平)と手を結んで私腹を肥やそうと悪だくみを働かせていた。それには城代家老の五代恒雅(穂高稔)が邪魔になる。滝沢は五代を亡き者にし、一気に権力を握ろうとする。
 そんな折り、弥七(中谷一郎)が浜で、漂流者を助けた。その男こそ、お久美の許婚で火事で死んだと思われていた新助(池田成志)だった。新助の証言から火事が鱶蔵たちの仕業と分かり、悪者たちの企みがはっきりした。


第17話(1997年4月21日放送)

 黄門さま(佐野浅夫)一行は、藍染めで有名な久留米に着いた。黄門さまは名人の仕事場を見学したいと思うが、名人松吉は三年前に死んでしまったという。それならばと、松吉の後を守る、女房おたけ(斉藤とも子)を訪ねることに。
 その途中、一行は世にも珍しい青犬と、それを連れた少年梅次(市村貴俊)に出会った。梅次はおたけの息子。大切な藍の入ったカメに落ちて、青く染まった犬をおたけは捨ててこいと、厳しい。梅次は行く場もなく途方に暮れていたのだ。黄門さまが取りなすが、おたけは梅次を許そうとしない。
 一方、郡奉行の米川九太夫(宮路オサム)はまだ若いおたけを我がものにしようと、無理強いする。十手持ちの甚助(不破万作)を使い、しつこくおたけに言い寄る。
 米川は将軍さまの生類憐れみの令まで持ち出し、犬を染めたことが罪になると脅し、おたけを手中に収めようとするのだが…。


第18話(1997年4月28日放送)

 黄門さま(佐野浅夫)一行は、焼き物で有名な唐津に着いた。黄門さまはぜひ訪ねたい窯元があった。
 黄門さまが旅に出る前に、水戸の女中二人が将軍さまからもらった茶碗を割ってしまった。黄門さまはこっそり窯元を訪ね、同じ物を作ってもらいたかったのだ。窯元の左衛門(内藤武敏)は快く引き受けるが、左衛門には大変悩み事が有ることが分かった。
 左衛門の息子・左平(安藤一夫)が、焼き物の買い付けに来ていた、おまつ(藤田佳子)と駆け落ちしてしまったのだ。焼き物製法の秘密を守るため、焼き物師は、他国の女とは結婚できない掟があった。ましてや、駆け落ちなんて御法度中の御法度で、捕まれば命はない。
 好き合う若い二人に同情する黄門さまだが、為す術がない。その上、おまつが唐津焼の秘密を探るために、左平に接近した隠密だということが、飛猿(野村将希)の調べで分かった。
 しかし、黄門さまが問いただしたところ、もともとは下心のあったおまつだが、今は心から左平を愛していると打ち明ける。
 二人を結びつけてやりたい黄門さま。まずは、おまつの本心を確かめるのだったが…。


第19話(1997年5月5日放送)

 黄門さま(佐野浅夫)一行は山口に着いた。
 黄門さまは、今は廃れて作られなくなった、大内塗りを蘇らせようと研究を続ける漆器職人弥平(森次晃嗣)とお小夜(有沢妃呂子)の父娘と知り合った。
 黄門さまは、お小夜から、代官の宗方敬之進(南条弘二)が、町奉行の貝原主膳(原口剛)と手を組んで、自分の出世のために漆器の運上金を不当に上げさせようとしていることを聞いた。しかし、漆器問屋「萩の屋」の主人伝兵衛(小笠原良知)と弥平は、簡単には値上げを認めない。
 二人を疎ましく思った、貝原は渡世人たちを使い、弥平の命を狙う。お銀(由美かおる)、飛猿(野村将希)の活躍で弥平は命拾いをしたが、弥平を襲った浪人の一人、神崎平馬(若山騎一郎)が熱を出してその場に倒れてしまった。
 自分を殺そうとした平馬を、弥平は手厚く看病する。平馬は父親の仇を追って十年も旅をしていることが分かった。実は弥平が、平馬が探し求める仇だったのだ。
 さて、貝原は卑劣にも伝兵衛に罪を着せ、自分の望みを遂げようと、力づくで伝兵衛を捕らえた。恩の有る伝兵衛に報いようと、弥平は単身奉行所に乗り込んだ。
 黄門さまは弥平と伝兵衛を助け、悪代官たちを懲らしめる。そして、弥平は、自ら平馬に討たれようとするのだったが…。


第20話(1997年5月12日放送)

 黄門さま(佐野浅夫)一行は、山陰道を大田に向かった。街道で格さん(伊吹吾朗)は、おつね(杜けあき)という見知らぬ女に抱きつかれた。おつねの夫は何年も行方不明で、おつねは旅をしながら探し求めており、夫と格さんを見違えたという。
 黄門さまの計らいで、格さんと八兵衛(高橋元太郎)が夫探しを手伝う事になった。
 一方、お銀(由美かおる)と飛猿(野村将希)は、公儀隠密が刺客に追われ、仕留められるところに出くわした。隠密は石見銀山に絡む不正を探っていたらしい。銀山では代官の丹波甚蔵(中村竜三郎)と大江屋(穂積隆信)が、手を結んで私腹を肥やそうとしていた。
 実は、おつねも峯吉(伊吹剛)と共に、銀山の様子を探る隠密だった。格さんに近づいたのは、追手を欺くための芝居だ。
 峯吉が悪事の証拠をつかむが、殺されてしまう。おつねにも悪の追手が迫る…。



第 12345678910111213141516171819202122
232425262728293031323334353637383940414243 話


水戸黄門 第25部トップへ

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.