火曜ドラマ『ホテルコンシェルジュ』

あらすじ

イメージ

vol9:9月15日放送

イメージ

フォルモントは創立30周年を迎える大手エステ企業とタッグを組んだ総合ビューティープログラムを提供することになった。その内容は宿泊プランから食事・スパ・客室イメージなど多岐にわたり、ホテルにとっても失敗は許されない一大プロジェクトだ。その記者会見が行われる当日、総支配人の鷲尾(高橋克典)だけでなく社長の成沢(伊武雅刀)もエステ会社の椿映里子(泉ピン子)社長をロビーでお出迎えする。その一方でGMの美穂子(若村麻由美)塔子(西内まりや)に思いつきでの行動を自制するよう指示する。今回ばかりは塔子の暴走が取り返しのつかない事態を招きかねないのだ。

イメージ

会見は映里子の娘で広報担当の美麗(内山理名)の司会で進行していく。そして会見の目玉企画、キャンペーンガール候補の発表だ。モデルのメグ(大野いと)や一般公募から選ばれた川島さゆり(西川カナコ)など6名の候補者はフォルモントで様々な合宿プログラムをこなし、5日後のイベントでミスが選出されるという。さらに映里子はそのイベント時にある重大発表をすると宣言。しかしその中身は美麗も知らされておらず…。 翌日、映里子のもとに本城(三浦翔平)が呼ばれた。映里子は手書きのメモを渡しPCで清書してくれと頼む。内容を見た本城は絶句、映里子から他言無用を厳命され…。

  • お客様ご予約リスト
  • 予告動画

PAGE TOP