火曜ドラマ『ホテルコンシェルジュ』

あらすじ

イメージ

vol5:8月4日放送

イメージ

ある日、塔子(西内まりや)はフォルモントのシェフの制服を着た、見知らぬ男と施設係の西崎(浅利陽介)が一緒にいるところに遭遇する。西崎によればこの男・古市(徳重聡)は定食屋を営むという西崎のおじだという。古市は、離婚した妻に引き取られた幼い娘・菜月(遠藤璃菜)に、フォルモントのシェフだと嘘をついてしまったため、その証拠写真を撮っていたのだ。しかし、そこに別れた妻から菜月が1人でフォルモントに向かったという連絡が!西崎の頼みもあり、塔子は古市のウソがばれないよう協力する羽目になってしまう。

イメージ

一方、本城(三浦翔平)珠久里(尾美としのり)は別の難問に直面していた。本日10時から結婚式をとり行う新婦・宮間栞(黒川智花)が行方不明になったというのだ。新郎の朝比奈公彦(松下洸平)は老舗和菓子メーカーの御曹司で、来賓もそうそうたる人物が顔を揃えるためフォルモントとしても粗相があってはいけない。スタッフ総出で栞を探すと、彼女は控え室に引き籠もりホテルスタッフの呼びかけにも耳を貸さない。しかし駆けつけた公彦の呼びかけに対し、栞は「ブーケがイメージと違う」とドア越しに告げる。程なくしてフローリストの丹後(武田航平)が作り直したブーケが控え室に届くが、栞は返事をしない。そこに新郎の母・律子(鷲尾真知子)がやってきた。律子は式と披露宴のキャンセルを宣言。珠久里は次善の策として、挙式は後日にして披露宴だけでも行うことを提案するが…。

  • お客様ご予約リスト
  • 予告動画

PAGE TOP