今宵の晩餐会メモ:テッペン!水ドラ!!『コック警部の晩餐会』/毎週水曜 深夜0時10分〜0時40分 放送


番組の料理指導を担当するイケメン料理人・宮崎よしふみさんが、各話に登場するお料理について、作り方やちょい足しレシピなどなど、おすすめのワンポイントアドバイスをしてくれます。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

#6. 11.23 深夜 0:10- on air


“オムライスを美味しく作るコツ!”


“オムライスを美味しく作るコツ!”
子供はもちろん、大人にもファンの多い、洋食の定番メニューがオムライス。洋風卵焼きの「オムレット(オムレツ)と「ライス」が合わさった和製英語が、その名前の由来です。ケチャップで味付けしたチキンライスを卵焼きで包んだ、日本発祥の洋食で、1900年ごろ、東京銀座の老舗洋食店「煉瓦亭」などで考案されたそうです。
映画ファンなら、故伊丹十三監督の1985年作品「たんぽぽ」に登場する、チキンライスの上に載せた半熟プレーンオムレツにナイフで切れ目を入れ、トロトロの卵でライスを覆って仕上げるというオムライスを思い出すはず♪ これは伊丹監督が考案したものを日本橋の老舗洋食店「たいめいけん」が形にしたものだとか。
コツその1「チキンライス」
具材となる玉ねぎ、鶏肉(そのほかピーマンなどお好みで)をサラダ油(バターを加えるのもおすすめ)で炒めて、ケチャップで味付けをします。この具材を炒める段階で味付けして、味を調えたら温かいご飯を加えるのがポイント! ケチャップの余計な水分を飛ばし、ベタ付かないチキンライスに仕上がります。
味付けの際、白ワインを加えると風味がプラスされます。また、ご飯を炒めるときには、ヘラなどで切るようにして混ぜ、時おりフライパンの底に押し付けるように炒めると、ベタ付がなく香ばしく仕上がります。
コツその2「卵の焼き方」
卵は黄身と白身の境がなくなるようしっかり混ぜておくと、綺麗な焼き上がりになります。また、生クリームや牛乳を少量加えると、ふっくらした仕上がりになるのでおすすめです。
あとは、薄焼き卵にしてご飯を包むのか、半熟オムレツにしてご飯に載せるのかはお好みで♪
コツその3「デミグラスソース」
オムライスをちょっとおしゃれにグレードアップしたいなら、デミグラスソースを添えましょう。市販のデミグラスソースに一手間加えて美味しさをアップするコツは、赤ワインとバターを加えるのが定番レシピです。赤ワインを加えたら熱してアルコールを飛ばし、仕上げにバターを加えますが、市販のデミグラスソースには十分塩気が利いているので、無塩バターを使いましょう。また、チキンライスの味付けは控えめにすると、ソースとのバランスが取れますよ。

料理指導担当・宮崎よしふみ プロフィール
学生時代はアメリカンフットボール選手だったという異色のイケメン料理人。通販番組からドラマなどの映像世界まで、料理を必要とする様々なシチュエーションにおいて、現場が求める"料理のA to Z"を提供し活躍中!

- ARCHIVE -


- MENU -

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.