今宵の晩餐会メモ:テッペン!水ドラ!!『コック警部の晩餐会』/毎週水曜 深夜0時10分〜0時40分 放送


番組の料理指導を担当するイケメン料理人・宮崎よしふみさんが、各話に登場するお料理について、作り方やちょい足しレシピなどなど、おすすめのワンポイントアドバイスをしてくれます。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

#3. 11.2 深夜 0:10- on air


“お好み焼きを美味しく作るコツ!”


“お好み焼きを美味しく作るコツ!”
安土桃山時代に千利休が茶会に供するために作らせた「麩の焼き(ふのやき)」という和菓子が、時代を経て変化したといわれるお好み焼き。諸説ありますが、現在のようなお好み焼きとなったのは昭和の初期から戦後にかけてのようです。
家庭でも簡単に作れるお好み焼きですが、さらに美味しく作るコツを紹介しちゃいます。
コツその1「生地」
お好み焼きを美味しく作るために、まず重要なのは生地です。小麦粉を水に溶いて、粗い千切りにしたキャベツのほかお好みの具材を入れてかき混ぜるのが基本ですが、山芋や長芋を使うことでふんわりとした焼き上がりになります。また、生地をかき混ぜる際に、空気を絡ませるように混ぜるとベスト!
また、お好みで生地に白だしを加えるほか、切りイカや揚げ玉を加えて下味を付けるのもおすすめです。
コツその2「焼き方」
美味しいお好み焼きを作るコツその2は、焼き方です。まず、フライパンやホットプレートなどの調理具を、しっかり熱しておきましょう。そこにサラダ油を引いて生地を焼いていきますが、生地を広げすぎないよう盛るとふんわりとした焼き上がりになります。
生地を流し込んで表面に気泡が出てきたらヘラなどで焼き面を確認し、こんがりキツネ色に焼けていたらひっくり返します。このとき、ヘラで焼けた面をポンポンと叩く方がいますが、生地の中の空気を逃がしてしまうのでNG。「焼き面をカリッと、中をふんわりと」を目指して焼き上げましょう。

料理指導担当・宮崎よしふみ プロフィール
学生時代はアメリカンフットボール選手だったという異色のイケメン料理人。通販番組からドラマなどの映像世界まで、料理を必要とする様々なシチュエーションにおいて、現場が求める"料理のA to Z"を提供し活躍中!

- ARCHIVE -


- MENU -

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.