僕らはみんな死んでいる♪

あらすじ

[ 第5話 ] 2014年7月29日放送

(写真)

男性メンバーは、神様の力で日本語を喋れるようになったアリエル・カーター(加賀美セイラ)に見とれていた。興味を持たれなくなったことを実感した城之内静江(月船さらら)は、何とか状況を打破すべく男湯へと忍び込み、そこで山郷賢一(甲本雅裕)の秘密を目撃してしまう。
賢一の秘密をみんなに暴露する静江だったが、逆に賢一から、静江と高橋大樹(KENCHI)が関係を持ったことをバラされてしまう。
そんな中、アリエルは賢一のセックス依存症を擁護する為に自分の過去を語り始める。そして、その勢いのまま、賢一に愛の告白をする。アリエルはオヤジ趣味だったのだ……。
一方大樹は、静江と再び一夜を共にしてしまっていた。自戒の念に囚われる大樹だったが、すっかりその気の静江は、アプローチをさらに強めていく。
そしてまた、アリエルも賢一に寄り添っていた。だが、賢一はアリエルとは付き合えないと宣言する。そして、そのアリエルに小野寺真(郭智博)が告白をするも、断られてしまう。
マネージャーに扮して現れた神様から、自分をさらけ出せと「カインとアベル」の台本を受け取った一ノ瀬ユアン(白濱亜嵐)だったが、その台本をビリビリに破り捨てる。すっかり酔っ払ってしまったユアンは、神様との関係を追及してきた暁凜(広瀬アリス)を黙らせるため、キスをしてしまい…。