ファンメッセージ

メッセージの受付は終了しました。たくさんのメッセージありがとうございました!

Page No.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 |*36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75

伊織&イルマ

9話での伊織とイルマの二人が同時に、被害者の振り降ろす1本のナイフを撃ち抜いたシーンは、痺れました。
二人の絡みをもっと観たかった!!

最終回、傷ついたイチゴと伊織の元に駆け付けたイルマの表情、イルマを見る伊織の目、心が震えるほどドキドキしました。

そして二人のラストシーン、射撃場での会話が可愛いかった!ヒマワリのようなイルマの笑顔に、伊織、ちょっとデレた?
微笑ましくて、でも、二人の間の空気が変わって何かが始まったようで、胸がキュンとなりました。

イチゴと伊織は最強のバディ。
そして、伊織とイルマは最高のパートナーになったらいいなぁ。イルマには伊織の笑顔を引き出す存在になってほしい。

映画で原作13巻の「同調」のエピソードが観られたら最高です!映画館に通い詰めます!!
期待して映画公開を楽しみに待っています。

綾野さん、結衣ちゃん、お疲れ様でした。

まひる@ガッキーに夢中/女性  2014.3.20 (Thu) 19:45

映画、楽しみです♪

ドラマ終わってしまいましたね…
とても楽しくみさせていただきました!
向井さんと綾野さんのコンビとても好きです。
キャストのみなさん、スタッフのみなさんお疲れ様でした。
映画も期待しています!

みずはに/女性  2014.3.20 (Thu) 19:10

刑事と警備

第1話で、刑事の人にNPSの梶尾さんとポインターと速田さんが刑事に威張られていたのを聞いて、警備それも特殊部隊なのに軽視されているんだな・・・と、ちょっと刑事にむかつきました。命はって人々の為に頑張ってるのは同じなのに!って。

特殊部隊頑張れ!/女性  2014.3.20 (Thu) 18:32

イルマと蘇我

ラスト近くのイルマちゃんと蘇我さんの射撃練習場のシーン、2人のやりとりが可愛くて、最終回の中でもかなり好きなシーンになりました!
「空飛ぶ広報室」ファンの私にとって、大好物といっても過言ではないシーンです!笑
原作は未読なのでどう描かれているのかわかりませんが、個人的にはイルマちゃんに蘇我さんの心を癒す存在になってほしいなって思っています。
2人の淡い恋模様とかも見てみたいかも。
映画ではガッキーと綾野剛くんの2人だけのシーンがたくさんあるといいな、期待してます♪

yui@ガッキー大好き/女性 (17)  2014.3.20 (Thu) 18:31

向井さんありがとう!

小森先生のブログで打ち上げでの向井さんとのエピソード拝見しました。

私は綾野さんのファンですが、読んでいるうちに胸が一杯になり、涙が出ました。
イチゴを演じる事でつらいこと大変なこと,
いろんな思いがあったのでしょうね。
それでもすべてを飲み込んで、イチゴとして立ち続けてくれた向井さん。
ありがとうございました。お疲れ様でした。

向井さんがいつも変わらずイチゴとしてまっすぐにそこにいてくれる。
それだけで綾野さんは安心して蘇我として生きる事が出来たのだと思います。
それは現場報告書での綾野さんの楽しそうな顔、充実した顔を見れば分かります。

今まで私の中の向井さんは『顔もスタイルも頭も良くて、いつでも何でも完璧で、崩れない人』というイメージでしたが、それは表面的なかっこ良さだけでなく、すごく誠実で努力を惜しまないという内面からくるものなのだと、この作品を通して知りました。
綾野さんはそんな信頼できる向井さんが大好きになったのだと思います。

これからも綾野さんをよろしくお願いします・・って私が言うのも変ですよね(笑)

norisan/女性  2014.3.20 (Thu) 17:39

映画の展開が気になります!

最終回最高でしたぁ!
このドラマで、綾野さん、向井さんが大好きになり、綾野さんや向井さんが出ているドラマ、今になって、もっと見ておけばよかったとチョー後悔しています≧0≦
それにしても、キャストの皆様カッコよくて、目の栄養もらっていましたが、終わってしまってさみしいです!
最終回の最後では、霧山があせっているのに対し、天城のほほ笑えんでいましたが、それが何を表わしているのか…。
気になって仕方ありません^0^;
「S-最後の警官‐」映画楽しみにまってまぁす^^」
キャストの皆様、スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした!そして、こんなにおもしろいいドラマをありがとうございました!!

うるる/女性  2014.3.20 (Thu) 16:14

哀しきヒーロー

良いドラマだった。
全てのキャストが役に嵌まっていて今季ドラマとして成功したと言えると思う。
神御蔵一號と蘇我伊織、香椎隊長と中丸隊長の組み合わせ、特に神御蔵一號と蘇我伊織のコンビは素晴らしかった。本物の絆、魂の絆を感じた。
しかし、しかしだ・・・主役であるはずの神御蔵一號の生い立ちを原作通りにせず、変えてしまった事で向井理演じる神御蔵一號は主役となるのに時間がかかった。原作通り、過去の両親殺害に負けず、命を大切にする悲劇のヒーローであったならば、初めから支持されていたはずだった。それが普通の惨劇の傍観者とされたことによって、筋肉バカ、イライラする、邪魔者と合同訓練位まで険しい道を強いられた。
それが、制作サイドの狙いなら、主役の俳優には随分と辛い試練を課したものだ。ただ、向井理はブレることなく微動だせず「きれいごと」である「誰も死なせねえ!」を毎回叫び続けた。何と言われようと、どう思われようと叫び続けた。ドラマの信念を貫いた。それによって段々NPSの理念と合致してきて主役として認められるようになった。正しく岩の上にも三年である。よく耐えたと思う。最初、何かの記事で、向井理が「デリケートな主人公の生い立ちを変えていいものなのか!?と疑問に思った」と言っていたのを読んだことがある。それでも、スタッフを信じ、キャストを信じ演じぬいた。蘇我伊織の方が人気があったとしても仕方のないストーリーだった。でも、主役は、ヒーローは神御蔵一號(向井理)だったと
私は思う。改めて、第一章お疲れ様、ありがとう神御蔵一號役向井理さん。
これからも神御蔵一號として頑張って下さい。君こそが神御蔵一號だ!

「S−最後の警官」原作ファン/男性 (31)  2014.3.20 (Thu) 15:57

重なる、重なる!

ドラマを見る前に10巻目までは、漫画を読んでました。その時は漫画の世界で見ていたのですが、ドラマが終わり、再度漫画をまた1巻から読み直している今日この頃。
漫画の中の人達が、ドラマの役者さんと重なる重なる!
目では絵なのに、頭の中では向井君、剛くん、南朋さん、高島さん・・みんなが登場しております。
やはり、それだけ皆さんハマり役だったのでしょうか?違和感ないです。

強いて言えば、ゆづると秋さんかな?
大変失礼ですが、ゆづるの年齢設定と、秋さんの胸だけは・・・ごめんなさい!

ヨッサン/女性 (47)  2014.3.20 (Thu) 14:45

最高!

向井理さんと綾野剛さんのコンビは
最高でした!!

日曜日は毎週わくわくして
待ってました☆

映画とーっても楽しみです*
絶対観に行きます!!

サリー/女性 (14)  2014.3.20 (Thu) 14:44

感じたこと

個人的には楽しめたドラマでした。ただテレビでは、やはり迫力に物足りなさがあるのでは?と、やはり映画向きだと感じました。内容的には、少しわかりにくいところもありましたが、おそらく映画につながるのでは?と思いました。演技に関して上手い下手というのを耳にします。
私が思うには、多くの役者の人達で一つの作品を作ってるわけで、もちろん役になりきることも必要ですが、相手との掛け合いも大切で相手の芝居に合わせていくことが大事だと思います。それが一つの作品としてまとまり成り立つのではないかと思います。自分の芝居に酔ってしまって、観てる側からすると、周りの人と温度差があって違和感を感じることがあります。結局作品でなくその役者の印象だけしか残らないことがあります。向井さんは、相手の芝居にきちんとあわせることが出来る役者だと思いました。

マダム/女性 (63)  2014.3.20 (Thu) 14:04

PAGE TOP