ファンメッセージ

メッセージの受付は終了しました。たくさんのメッセージありがとうございました!

Page No.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 |*32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75

シリーズ化希望!!

こういう種類のドラマはやっぱシリーズ化しないと意味ないでしょ!!他局のドラマの対抗馬として絶対するべきです。ドラマは常に進化しないと衰退します。是非ご検討をお願いします。

相棒だよ/男性 (38)  2014.3.22 (Sat) 13:12

DVDと原作の繰り返し

Sのドラマが終わってしまって、Sロスで、毎日、録画したDVDを見、原作マンガを見の交換する日々です。後半減ったNPSメンバーのワチャワチャもっと見たかったなぁ。ラストシーン、ゆづるとのハグじゃなく、NPSメンバーがドヤドヤ来るシーンで終わって欲しかったな。ラストカットは蘇我ちんが来て、それを見つけた一號が「蘇我ち〜ん♪」って抱き付こうとして逆手にされて「貴様、殺すぞ」って言われて、一號が「テヘッ」って笑うシーンで終わって欲しかった。その方がSらしかったな。意外と分かってないんだな制作サイドって。男のドラマ、男の映画を求めているんですSに関しては。
既成概念を取り払って、視聴者側になって映画は作って下さい。期待しています。

一番のSのファンになって作って下さい/男性 (25)  2014.3.22 (Sat) 12:39

「向井理の命懸け」

私も原作を読んで、一號の役は難しいと思った一人です。実力派俳優・綾野剛さんの、どう考えても視聴者受けしそうな蘇我役と比べ、向井理さん演じる一號は何て分が悪い。しかし5話終了時頃から、その役の難しさを理解・分析してくださる書き込みがあり、今、沢山の方が向井さんの演技を評価してくださっています。嬉しい事です。
ただ、原作とドラマで一號の設定が変わった事については、良いとも悪いとも言えません。この変更で、単純明快な一號のキャラに人間味が出ると思うし、ゆづるとの関係も単なる恋愛要素に終わらない。蘇我との理念の違いも、この立場の違いで却って納得しました。紙面と実写は違う。スカッとしたアメリカン・ヒーローの様な、女性ファンがまた増えてしまう向井理も観たいと言えば観たいけど、常に生々しさを追求する、あの「役者・向井理」が演るんです。それだけで終わらせたくない。
私も向井さんが叩かれるのが辛いと言った一人ですが、それは一ファンの気持ちであって、向井さん自身の気持ちは分かりません。ですが、撮影終了当日にアップされた本人のブログを読むと、葛藤して、追い詰められて、あがいた末にやり抜いた充実感が垣間見える。今の自分の全てを出し切って空になって、でも澄み渡るような満足感。

「S」情報解禁前の去年の8月。
「本物の闘いになる」「命懸けでやりますので見守ってやってください。」
そうブログに書き置いて、一號になった向井理。私も原作を読み、初回放映され、改めて知る高いハードルの数々。これは命懸けにならざるを得ない。その中でも一番高いハードルは、綾野さん演じる蘇我との対峙だと思いました。どっちがカッコいいなんて言ってる場合じゃない。そのバランスがきちんと保たれないと、ドラマのテーマ自体が根底から覆されてしまう。それを背負っての主役の重圧。よく「役者生命に関わる」と言いますが、まさにこのドラマに向井理は自分の命も役者生命も懸けたのだと思います。(あくまで素人の私的見解ですが…)
「確保か、制圧か」答えは出ませんが、向井理は、「確保して全ての命を守る一號」役としての答えは出してくれました。彼自身も、この作品で沢山の想いと財産を得た様です。そして、さらに走り続けようとしている。向井理を応援する者として、それこそ見守った甲斐があったというものです。

「S」大好きな由理/女性  2014.3.22 (Sat) 12:31

遅い感想

仕事の都合で、ライブでは観れなかったのですが、やっと全部観れました。正直面白かったです。
原作は全く知らなかったのですが、結構引き込まれて観てました。派手なシーンが多いと楽しめます。向井理の一號が男から見てもかっこよかったです。続編も期待したいです。

リョウ/男性 (23)  2014.3.22 (Sat) 09:35

映画楽しみ≧∀≦

毎回毎回、日曜劇場のドラマ見ているのですが、今回も最高でした!いつも日曜9時からはドラマを見ていたので、Sが終わってしまいさみしくて仕方ありません!!
何か情報ないかなぁ?っと、ついつい一日3回以上はSのHPをのぞいちゃいます♪
ステキな作品ありがとうございました!映画楽しみに待っています^0^」
そして、キャストの皆様、スタッフの皆様、本当に本当にお疲れ様でした☆

とまとLOVE/女性  2014.3.22 (Sat) 08:30

本当に大好き!

向井理と綾野剛はかっこよすぎ。
最高の組み合わせですね(*´∇`*)
映画が待ち遠しい!!
スペシャルとかもあれば嬉しい!
何回見ても飽きないから
本当にかっこいいいい!!!!

きなこモナカ/女性 (15)  2014.3.22 (Sat) 03:57

プロジェクトの一員になった気分で

力を入れて観たドラマは後にも先にもこのドラマしかありません。この時間帯、最近特に厳しくなった規制の中で家族全員が楽しめるドラマ作りは大変だったろうと容易に想像できます。
日頃日本のドラマはめったに観ませんが、向井くんが主演でハゲタカで好きになった大森さんも出演されるということで楽しみにしていました。1話は完全に映画品質で圧倒されました。またプログレッシブカメラで撮影された映像も音楽にマッチしていて素晴らしかったです。ちなみにサウンドトラックは購入済みです。
ストーリーは各回テーマがあり、それを軸に展開していきましたが、視聴者の感想は各回によって異なりばらつきがあったように思います。やっぱりアクションが多い回は視聴率が良かったように感じます。
ストーリー全体を通して一琥の成長を感じさせることは成功したように思います。最後はNPSが掲げる信念を代表するたくましい男に見えました。その信念を撮影期間ぶれないでズット貫き通した向井くんは素晴らしいと思います。もう一琥は向井くんそのものでした!
これまでは作り手側の労力を考えずに簡単に観ていましたが、このドラマではそこまで考えてしまって、ちょっと批判的な記事が出ると怒りが込み上げてきたりしてちょっと疲れました。
映画の撮影は秋ごろからということですので、それまでエネルギーをためて応援し続けます。がんばってください!!

プロジェクトサブ/女性 (35)  2014.3.22 (Sat) 01:56

「帰る場所」

「ゆづる、ただいま」「一號、おかえり」

ハードで感動的な闘いを終えて、ラストはこのシーンか…やっぱり「S」は人間ドラマだから?ゆづるとのハグ、要る?ハードな展開の続きは映画で、って事?
1話のオープニング、カッコいい一號だったから、最後もそれで決めて欲しかったな。NPS、SAT勢揃いでさ……と、ここで気が付いた。

ファーストシーンは一號の拳から始まった!
何と言われてもその拳でずーっと闘ってきて、大事な家族を「M」に狙われて、それでも拳だけで最後まで闘って……そして守ったんだ。大切な人たちを。守って、生きて、帰って来たんだ、大切な場所へ。だからラストシーンは「まんぷく食堂」だったのか。(←と勝手に納得。今頃?)

過酷な職務に就いていても、一號は幸せな人。大切な家族や友人が待つ「帰る場所」がある。

自殺サイトに居場所を見出していた由真ちゃん、家族の元に戻れて良かった。板橋さんも死と向き合った時、ネットの世界じゃなく優しい老いたご両親の所に帰っていたら……
史郎くんは新しい家族ができるけど、本当のパパの所にも帰れるはず。秋人くん、君だって本当はお父さんの所に帰れるんだよ。

速田さんには優子さんという場所ができた。
NPSメンバーは速田さん以外、みんな独身。ちょっと淋しい時もあるかもしれないけど、本部に帰れば支え合う仲間がいる。ポインターくんも。

そして、孤独な蘇我さんには、今は「SAT」が「帰る場所」。今は……それでいい。

嬉しかった時、頑張った時、疲れてしまった時、帰る場所が欲しい。
そして、自分も誰かの帰る場所になれたらいいな…そう思いながら最終話をリピートしました。
映画までの間、このHPが「S」に会いたい時に「帰る場所」になってくれたら嬉しいのですが…


HPスタッフ様。
放映が終わっても、アップ情報で楽しませて頂きありがとうございます。
向井さんのアップの後、「あれ、オダギリさんと上野さんは?」と心配したんですが、さすが現場さん!
ファンの方たちは嬉しかったでしょうね。

向井さんは「自分は作り手の側」と言われます。今回、このHPのお陰で、それがよく分かりました。
特に感じたのが、No.36の報告。降りしきる雨。車中で蘇我の告白を聞く一號。
息も出来ない程の緊迫と哀しみのシーンは、キャスト、スタッフが共に創り上げた、いつまでも心に残る珠玉のワンシーンでした。

「S」大好きな由理/女性  2014.3.22 (Sat) 00:27

人を守る上で

刑事や警官、警備員など人を守る上で一番大切な事
それは人を死なせないことだと思います
そしてそれを一番理解し優先して動いたのがいちごだと思います
そりゃ誰だって殺されそうになったらを殺したくなるのは当然身内だったらなおさら
でもそれもすべていちごは理解した上でずっと確保を信条に掲げてきたと思います
そう思うといちごはある意味視野が広いと思います
だって人を裁きたくなったら裁判所があるんだもの
裁判所で殺してきそうになった悪人を裁けばいいのだから、つまり、早いか遅いかの違いだと思います
そんな重苦しくて見る人の心を掴むのが難しいテーマでこれだけの人を魅了したのです。
今でもこのSには拍手したいです

S、大森さんファンです/男性 (16)  2014.3.21 (Fri) 23:54

お疲れ様でした!

蘇我とイルマの恋愛?!はいらないです。

映画ではもちろん一號とイルマとNPS, 蘇我のSAT,ふたつの部隊の連係した活躍が見たいです。

Sのドラマと原作ファン/女性  2014.3.21 (Fri) 23:33

PAGE TOP