ファンメッセージ

メッセージの受付は終了しました。たくさんのメッセージありがとうございました!

Page No.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 |*26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75

有り難う☆ チーム『S』 皆さんを忘れない!

本当に 心から 有り難うございましたぁ!!
最後の 現場報告書 拝見させて頂きました。 涙が止まらない!
私は…向井理さんが大好きで…、8月からずっと 楽しみに待たせて頂き、大切な私達の憩いの場から
ぷっつりと 居なくなった向井さんは…
大切な場所へも、お好きな嗜好も断って 命懸けで ドラマに、神蔵一號さんに 向かわれました。

ゆづるさんが…絶対生きて帰って来て!! 一號が戻るこの場所で…ちゃんと待ってるから!!

と 告げられたように…、

私もずっと 向井さんとの大切な場所で…
必ずやりきって 帰って来て下さると信じて 命懸けで『S最後の警官』を
応援させて頂くと決め 見守り待ち続けました。

待望の1話を拝見☆
そこから先は 先週の最終回まで…
もちろん共に走り続けた☆

その都度 更新頂く 現場報告書に 涙しなかったことは一度もなく…!

ドラマでの
素晴らしい感動は…こうして 皆様の力と業と心と魂の結集で 届けられるのだと
知りました。

向井さんが…
『この作品に出会えて良かったです。とにかくいい出会い、感動ある出会いが多かったです。』
と 言われたと…
そのことが…どれほど、どれほど
応援させて頂く者のの幸せか…☆☆☆☆☆
そして、本当に
私こそ 素晴らしいドラマに 出会わせて頂き、応援させて頂けたこと…本当に 本当に 感謝いっぱいですぅ☆

『S』は…大切な 大切な 作品に なりました。

一號さんも そして『S』の皆様 全て
忘れられない 大好きな方々ですぅ☆

本当に素晴らしいドラマを、感動を、有り難うございました。
映画を楽しみに待たせて頂きます!!

丁寧な報告書を今日まで…有り難うございましたぁ!!

かずタン/女性 (??)  2014.3.24 (Mon) 00:02

あっぱれ!神御蔵一號&チーム『S』

この作品に出合えたこと、本当に感謝しています!たくさんの感動をありがとう!!

『S-最後の警官ーTHE MOVIE』での
再会を心待ちにしています!
大好きな向井理さん演じる一號に早く会いたいです!
その間私は向井理さんの魅力、求心力の探求に
とことんおつきあいさせて頂き、日々精進したいと思います!

☆理ちゃん 大好き☆

最後に『S』の公式サイトを運営して下さったスタッフの皆様にお礼をひとこと!
毎回きめ細やかな撮影裏話と秘蔵画像のUP、
こまめな情報発信をありがとうございました!
いつも楽しく拝見してましたよ〜
現場報告書からチーム『S』のチームワークの良さがガンガン伝わってきました!
感謝感激でございました☆拍手拍手!

映画版・・・きっとその前にSP版もありますよね!臨場感あふれる迫力ある画面での『S』!ワクワクしてきますね〜〜〜☆

☆『S』最高!!☆

AKEMI/女性  2014.3.23 (Sun) 23:36

Sの応援隊

最後の現場報告書を読みました。向井くん、素敵な笑顔でアップされていましたね。過酷な撮影を素晴らしいキャストとスタッフで乗り切り、第一部完走おめでとう〜!

そして、ここには沢山の応援隊の皆さんがいらして心強いですね。映画の成功だけでなく、シリーズ化!私も希望します。熱い男たちのストーリーでお願いしたいです。イルマちゃんは必要だけれど、ラブ要素は無しで…

勝手を言いましたが、スタッフの皆様楽しいドラマを有難うございました。まずは映画!期待して待っています。

由美/女性  2014.3.23 (Sun) 23:33

遅れてすみません

インフルエンザや仕事で余裕がなく、本日最終回観ました!ハラハラドキドキしましたが、殉職者が出なくて安心しました。しかも、映画化されるなんて嬉しいです!
空飛ぶ広報室つながりで、共演者が3人も居て面白かったです。ガッキーが出てきた時は、感動しました!
誰の仕業ですか?(笑) 同じ人なのに、違う役で非常に興味深かったです。ありがとうございました!
映画も頑張って下さいませ。必ず見に行きます!

ビックハート/女性  2014.3.23 (Sun) 23:32

最終回の

最終回の現場報告書、読ませて頂きました。
感激と、終わってしまう寂しさと(>_<)
ドラマと同じくらい、こちらも楽しみにしてました〜
本当に、ありがとうございました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

Lisa/女性  2014.3.23 (Sun) 23:28

愛と情熱の現場報告書

最終の現場報告書を読ませていただきました。

読みながら数々の場面が浮かんできて、放映が終わった寂しさと相まって、報告書の中の言葉がいつもにも増して胸にしみました。

HPを担当されたスタッフの皆さま、ほんとうにお疲れさまでした。
素晴らしいお仕事ぶりでした。

深く鋭い観察眼で現場の様子が生き生きと描かれ、毎回本当に楽しみに読ませていただきました。
皆さまの、作品への深い愛情を感じました。

最終報告書が向井さんのステキな笑顔とともに幕を下ろすことは、ドラマ終了の寂しさはありますが、その中に感じるファンにとっての大きな喜びです。

ありがとうございました。

ライオンちゃん/女性 (40)  2014.3.23 (Sun) 23:03

ずっと続いていて欲しい作品です

初回に拝見し、そのあとずっと、毎日曜日が待ち遠しかったです。

出張があって見られない時は録画で。長期出張になる時には主人に録画を頼みました(笑)。たった3カ月間の放映なのに、家庭的にこの騒動かと思うけれど、それくらい、ずっと役者さんたちを見続けていたい作品でした(幸)。良いドラマを観させて頂きました。ありがとうございます。

この作品に出ていらした役者さんたちそれぞれが、いつのまにか大好きになっていました。みなさんが、どんどんと変わられていく様を拝見しているのが、とても楽しみで、どうしてもそれを追いかけたくなりました。すてきな俳優さんたちですね。そして、作品も。

何も知らないで拝見していましたので、失礼な言い方であったらごめんなさい。

とても素敵な作品でした。来年には劇場版ということですので、主人も誘って観に伺おうと思っています。楽しみにしています。是非、是非、素敵な作品を創って下さい。心からお待ちしています。

R/女性 (50)  2014.3.23 (Sun) 22:54

最終回から一週間。

早くも最終回から一週間たったんですね。まさかの報告もこれで最終回。もう……悲しくて悲しくて……悲しくて……(泣)(泣)(泣)
先週と同じように定位置に座って、先週は……S見てたのに……と思い出して……。
早く映画が始まってほしい……(泣)そして、ここのサイトは閉じないでほしい(泣) 自分の願いです。
自分も最後のコメントにしようかな(笑)

カピバラさん/女性 (13)  2014.3.23 (Sun) 22:52

終わっちゃった

現場報告書も、
最終回なのですね
出来れば
現場報告書の本を
出して欲しいなと
思いながら
拝見させて頂きました
映画も必ず観に行きます

きぃひめ/女性 (42)  2014.3.23 (Sun) 22:11

優しさと強さと

大事件の起こらない平和時も万一に備えて訓練を怠らない、その姿さえカッコいい、という目で見てしまう一般人の私にとって「-S-」は娯楽作としても一級品。派手な銃撃戦やアクションに目を奪われる一方で、犯人の人間性や被害者の恐怖心、命に別状はなくとも心に受けた傷の大きさなどを正面から描いたドラマに毎回考えさせられてきた。例えばテーマが凝縮された第一話。人質から解放された子どもが叫んだ「何であんな奴ぶっ殺してくれなかったんだよ!」という言葉の真の意味を受け止めて「ごめんな」と抱きしめる神御蔵の優しさこそが、痛みを知る人間だけが持つ真の強さだと思う。あのように怒りをぶつけて号泣することが出来たからこそあの少年は立ち直っていける。もし目の前で犯人を射殺してしまったら、涙が凍りついて流れないままになってしまうから。だが蘇我の援護射撃の技術なくしては神御蔵の命は既にないのも事実。肩ではなく一発で犯人を仕留めていればあの手榴弾は投げられなかったというのは結果論だが、予想外に行動する人間の危うさが危機一髪のドラマを生む。現実世界で上官の命令に従い最後の砦となってくれるSATやSITの葛藤が生み出したとも言えるNPSの神御蔵とSATの蘇我はフィクションだからこそ成り立つ理想のバディである。
凶悪な犯罪者に理不尽に苦しめられる被害者が事件後も充分に守られていない現状に問題があり、目に見えない心の傷に寄り添う体制が整っていない現実がある以上、軽々しく意見することは出来ない。でもこれだけは言える。こんなに恐ろしい事件の被害者でさえ、「殺したいほど相手を憎むこと」と、「実際に相手の命を奪うこと」の間には天と地ほどの差があるはずなのに、ごく普通の日常生活をおくる人々の、私の、意識の中で、その垣根が低くなって来ているのではないかという警鐘を私は感じ取った。この特殊任務の物語が訴えるのは、不完全な人間達のシンプルな命の話であり、意見の違う人間同志が互いを理解し心を通わせ支え合う過程であり、多分犯罪被害に限った話ではない。そして「何であんな酷いこと出来るのかな…」と静かに考える棟方ゆづるや、現実的に確保の為の射撃技術を身につけた林イルマのように、まず自分を大事にすることを忘れず、自分を傷つけた相手の立場さえも思いやろうとする究極の優しさと強さを持てる成熟した大人でありたいと思う。

KKE/女性  2014.3.23 (Sun) 22:04

PAGE TOP