ファンメッセージ

メッセージの受付は終了しました。たくさんのメッセージありがとうございました!

Page No.
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 |*19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75

よく

思えばよくこんなに重いテーマで時に考えさせられる内容なのにギャグをすこし放り込めるなとドラマをリピートしていたら関心しました。(笑)だからドラマって凄いんでしょうね
それともう1つ
38歳女性の「naonaomia」さん警察官をやってる人からすれば一番考えさせられるドラマだと思います
そして目を背けたくなるような内容やテーマなのに見られたのが凄いと思います
なんでもない日常は「naonaomia」さんような警察官がいてこそあると思うので恩返しをしたりする事はできませんが一般市民としてこれからも警察官頑張ってください

S、大森さんファンです/男性 (16)  2014.3.27 (Thu) 22:58

白煙の中のふたり。

現場報告書61で向井さんや綾野さんが花束を持ったフォトより、気に入ってしまったのが白煙の中のふたりのフォト。
スタッフさんや向井さん、綾野さんが一生懸命造り出した、まさに絶妙な白煙の中、壁に手を当てる一號君と向き合う蘇我さん。
ホント、絵になりますよね。皆さんが仰るとおり、この現場報告書。文章はもちろんのこと、ピックアップされるフォトも逸品ばかりです。DVDの特典等、なんらかの形で書籍化されるとうれしいのですが・・・。

ハル/女性 (45)  2014.3.27 (Thu) 20:42

お疲れ様でした&ありがとうございました!

S完走を、見届けることができ、ほっとし、また、感激でした。
HPスタッフさま、こちらの充実ぶりにも日々感動していました。
本当にありがとうございました。
まだ劇場版もありますので、少ししたらまた、こちらでお会いしたいです(*^_^*)

ではまた、宜しくお願い致します!

ママくらげ/女性 (44)  2014.3.27 (Thu) 20:12

最高。

綾野剛さん、向井理さんCOOLでした。


お疲れ様でした。

MEI/女性 (13)  2014.3.27 (Thu) 19:45

映画化

映画化を楽しみにしていますが 
映画という二時間枠で
一虎の拳にたいするこだわりをあまり出してほしくないと思います
今の時代に拳で制圧なんて全く無理
拳での戦いを強調すればするほど嘘くさいしらけたドラマになってしまう
映画では
今迄の 素晴らしいキャスト陣と
映画で加わるキャストで 
新たな 解釈のSを期待しています

あい/女性 (35)  2014.3.27 (Thu) 16:04

蘇我さん最高

最終回、一號と、いいコンビでした。
映画絶対に、見に行きます。一號&伊織最高

モカ/女性 (11)  2014.3.27 (Thu) 14:20

ありがとうございました!

S毎週楽しく拝見していました!
キャストの皆様は、全員カッコイイし、イルマちゃんは可愛くてきれいだし、ポインター君は見ていると癒されるし、もぅ最高でした!
ドラマもドキドキハラハラで、日曜日の夜がとても幸せでした≧0≦
本当にありがとうございました!そして、キャストの皆様、スタッフの皆様、お疲れ様でした^ω^

うるる/女性 (12)  2014.3.27 (Thu) 09:21

この作品の問題点と魅力について

今までにないリスキーな特攻スタイルを、猪突猛進で熱血漢の主役と相反する冷静沈着で被害者家族という影を持ったライバルにスポットライトを当てたドラマとして楽しめば良いが、現実的に、主役の周囲の人々を巻き込み兼ねない非現実的に見られがちなアクション に関して4話以降の視聴率から分かるように賛否が分かれるのは仕方ないと思った。
国家の治安と人々の命を守る最後の砦の特殊部隊を題材にしている以上、一定のリアリティを保たなくては、多くの視聴者から共感を得るのは難しいだろう。
一般的に考えて、真実味のある重厚さを期待してしまうが、このドラマは、一號と蘇我の魂の絆ともいうべき連携とライバルとしての微妙な関係が魅力で魅せるバディ系ポリスアクションという印象が強くエンターテインメントを特徴とした作品として作られている。
リアリティの面で視聴者離れしそうだが、それさえ工夫すれば、登場する主役と周囲のキャラクタ−の強い絆やワチャワチャした面白いやり取り、その他、色々な多くの魅力に光が当たると思う。
信念を激突させる一號と蘇我のライバルでありバディであり友情を感じさせる関係は見応えがある。
また、NPS vs SATの両極にある理念が、やがて一点に向かうようになれば、更に面白みとリアリティが出て来て説得力が増し視聴者を引き付けられる可能性も出てくると思う。とにかく、賛否両論あったが、結果、終わってみれば、高視聴率とは言えないが、まぁまぁの数字で今季1位のドラマとなったわけだから、リアリティと売りの一號と蘇我の微妙なライバルと友情のデリケートな関係とNPSとSATの理念の歩み寄りによる新しい部隊の形を作り事件解決が出来れば映画も成功を収められるかもしれない。

Sの今後の発展を願う者より/男性  2014.3.27 (Thu) 04:44

自分の生き方について

私は警察官です。
拝命して10年以上経ち、日々の業務に追われ、拝命時に思っていた「自分が守る」という気持ちが年々薄れていました。
今回「S 最後の警官」を観て、感動と衝撃を受けました。
「このままではいけない、なぜ警察官になったのか、何をしなければいけないか、何が出来るか」と考えるようになりました。
いちご君や蘇我さんのような超カッコイイ同僚はいませんが(笑)、警察官として改めて頑張って仕事しよう、生きていこうと思います。
終わってしまったのは、本当にさびしいです。
映画まで待てないので、ぜひシリーズ化してください。
警察官の夫と共に、熱望します。
最後に、Sの公式サイトを書籍化してほしいです。特に「現場報告書」は手元に置いて、すぐに見られるようにしたいです。
「S 最後の警官」完全版として、フォトギャラリーの写真と一緒に書籍化していただけたら最高です(笑)
是非よろしくお願いします。

naonaomia/女性 (38)  2014.3.27 (Thu) 03:25

ありがとう(^-^)/

みなさんのオールアップ時の写真ステキですね☆
花束もそれぞれ違っていてキレイ☆
池内さんのとこの写真見て、その下のコメント読むとなんか笑えますよね ゴメンナサイm(__)m
いつもビシッとキマッてたので、モサり具合が丁度いいかんじです(笑)m(__)m
ポインターくんと高橋さんもいいかんじでしたね
やっぱりポインターくんはかわいい(^-^)
高橋さんが言っていたように、Sが今後、長く続いていくような作品になればいいなぁと私も思います!
出演者みなさんの今後の意気込みから、映画はスゴイものができる気がしてなりません!
今から楽しみにしてます!!!
そして現場報告書の更新、毎回すごく面白くて楽しませていただきました!
細かいとこにもこだわっていたり…楽しかった!
ほんとにありがとうございました!!!
私も世の中が平和であることを願っています☆

U/女性  2014.3.27 (Thu) 01:31

PAGE TOP